PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

Twitterは、パソコンやスマートフォン、タブレットがあればどこからでもアクセスできるソーシャルネットワーキングサービス(SNS)です。また、Twitterを利用して他のウェブサイトにログインすることもできます。Twitterはかなり広く普及しているため、目的によってログインの方法も様々です。どこからでもTwitterにログインする方法については、下記のステップ1を参考にしてください。

方法 1 の 3:
ウェブブラウザ版のTwitterを利用する

  1. 1
    ログイン情報を入力しましょう。Twitterのウェブサイトにアクセスすると、画面の右側にユーザー名またはメールアドレスとパスワードを入力する欄が出てきます。Twitterのユーザー名またはアカウント作成時に使用したメールアドレスと、アカウントのパスワードを入力しましょう。
    • パスワードを忘れた場合は、「パスワードをお忘れですか?」と表示されたリンクをクリックしましょう。パスワードのリセット手続きを進めるには、メールアドレス、Twitterのユーザー名、電話番号のどれかを入力する必要があります。
    • Twitterのアカウントを持っていない場合は、リンク先の別の記事を参考にしてアカウントを作成しましょう。
    • パソコンでTwitterへのログイン状態を維持したい場合は、「保存する」にチェックを入れましょう。こうすれば、次回Twitterを利用する際にはログインする必要がありません。ただし、共用パソコンではこのチェックを入れないようにしましょう。
  2. 2
    「ログイン」ボタンをクリックしましょう。情報を入力したら、「ログイン」ボタンをクリックします。ログイン情報を正しく入力していれば、Twitterのホーム画面に移動し、フォローしているユーザーの最新のツイートが表示されます。
    広告

方法 2 の 3:
モバイルアプリ版のTwitterを利用する

  1. 1
    Twitterアプリをダウンロードしましょう。Twitterアプリはほとんどすべてのスマートフォンで利用でき、アプリストアから無料でダウンロードできます。中にはTwitterアプリが最初からインストールされている端末もあります。
  2. 2
    アプリを開きましょう。初めてTwitterを開く際には、新しいアカウントを作成するか既存のアカウントにログインするかを選びます。Googleの機器を使用している場合は、Gmailアドレスを利用して新しいアカウントを作成するかどうかを確認するメッセージが表示されます。
    • 電話番号で登録したTwitterアカウントを持っている場合は、iPhoneではショートメールを通じてログインすることができます。電話番号を入力するとアプリにログインすることのできる認証コードが記載されたメッセージが届きます。
  3. 3
    「ログイン」をタップしましょう。このボタンはログイン画面の右下に表示されます。次の画面でTwitterのユーザー名もしくはメールアドレスとパスワードを入力し、再度「ログイン」をタップしましょう。
    • Twitterでは、スマートフォン上の連絡先をアップロードして知り合いのアカウントを探すことができます。この機能は基本設定で有効になっています。
  4. 4
    フォローしたい知り合いのアカウントを選びましょう。ログイン後、連絡先情報のアップロード機能を有効にしなかったとしても、知っている可能性のあるユーザーが表示されます。この一覧を確認してフォローしたくないユーザーのチェックを外すか、画面を一番下までスクロールして「スキップ」ボタンをタップしましょう。
  5. 5
    フォローしたいTwitterおすすめアカウントを選びましょう。知り合いのアカウントを追加したら、次はTwitterのおすすめアカウントをフォローする画面が表示されます。フォローしたいユーザー名の隣に表示される「+」をクリックし、選択し終わったら「次へ」をクリックしましょう。
  6. 6
    プロフィールを編集しましょう。フォローするユーザーを選び終わったら、プロフィールを編集する画面に移動することができます。これは、モバイルアプリに初回ログインする時のみ表示されます。作成した自分のプロフィールを見直して、スマートフォンやタブレットで正しく表示されるか確認しましょう。完了したら、「保存」ボタンをタップします。
    • 長々とした自己紹介をスマートフォンやタブレットで読むのは面倒なので、文章が長くなる場合には削るようにしましょう。
    • プロフィール画像を機器に保存してある他の写真に変更したり、機器のカメラを使用して新しく写真を撮影したりできます。
  7. 7
    Twitterに自分の位置情報へのアクセスを許可するかどうか決めましょう。プロフィールを完成させたら、Twitter上で現在地を共有するかどうか尋ねるメッセージが表示されます。この機能を有効にすると、自分がいる地域のツイートを表示させることができます。個人の好みに合わせて有効もしくは無効にしましょう。
    広告

方法 3 の 3:
他のウェブサイトにログインする

  1. 1
    Twitterを利用してログインできるウェブサイトにアクセスしましょう。記事やその他の交流サイトなど、コメントを残すことができるウェブサイトの多くでは、Twitterアカウントを利用してログインすることができます。Twitterアカウントを利用してログインすると時間の節約になり、またオンライン上のアカウントの数を最小限に抑えることができます。
    • ログインしようとしているウェブサイトが信頼できるものであることを確認しましょう。Twitterアカウントと連携することで、個人情報や人間関係についての情報が漏れてしまう可能性があります。
  2. 2
    「Twitterでログイン」ボタンをクリックしましょう。操作はウェブサイトによって異なりますが、一般的にはTwitterのロゴマークが入ったボタンが表示されており、それをクリックするとTwitterアカウントでログインすることができます。
    • これは、一部のウェブサイトでのみ利用できます。Twitterと連携できるウェブサイトもたくさんありますが、独自のアカウントを作成しなければならないウェブサイトもかなりあります。
  3. 3
    別ウインドウでログイン情報を入力しましょう。Twitterでログインを選択したら、別ウインドウが開きます。このウインドウはTwitterから開かれるもので、そのウェブサイトがTwitterアカウントから取得できる情報について示されています。ログイン情報を入力する前に、必ず目を通しておきましょう。
  4. 4
    ウェブサイトを利用しましょう。Twitterアカウントでウェブサイトにログインしたらコメントなどを投稿したり他のユーザーと交流したりすることができます。通常、ウェブサイトでのユーザー名はTwitterのユーザー名と同じものになりますが、後から変更できるウェブサイトもあります。
    広告

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む13人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。
カテゴリ: Twitter
このページは 433 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告