PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

Twitterの公開画面ではツイートの内容が表示されますが、ダイレクトメッセージ(DM)を使えば他のユーザーと非公開のやり取りをすることができます。初期状態では既読通知機能(相手がメッセージを見たかどうかがわかる機能)はオンになっていますが、必要に応じてオフにすることも可能です。Twitterで自分が送ったメッセージを相手が開いたかどうか確認する方法と、既読通知の設定方法を覚えましょう。

方法 1 の 2:
モバイルアプリの場合

  1. 1
    スマホやタブレットでTwitterを開く ホーム画面やアプリ画面にある青い鳥のアイコンをタップします。
  2. 2
    封筒のアイコンをタップする Twitterのタイムライン画面の右下にあるアイコンです。タップするとダイレクトメッセージの受信トレイが開きます。
  3. 3
    やり取りを選んでタップする メッセージを送った相手の名前をタップすると、やり取り全体が確認できる画面が開くはずです。最新のメッセージは一番下に表示されています。
  4. 4
    ふきだしを1回タップする タップして、チェックマークの左に「既読」の表示が現れれば相手はメッセージを見たということです。「既読」と表示されない場合、相手はメッセージをまだ開いていないか、既読通知の表示をオフにしています。
  5. 5
    (必要に応じて)既読通知の設定を変更する 初期状態では既読通知機能(相手が自分のメッセージを見たかどうかがわかる機能)はオンになっており、設定で通知機能をオフにすることができます。手順は以下の通りです。
    • 左上の三本線のマークをタップしてメニュー画面を開き、左上に表示されるプロフィール画像をタップします。
    • 「設定とプライバシー」をタップしましょう。
    • 「プライバシーとセキュリティ」をタップします。
    • ダイレクトメッセージの既読通知をオフにしたい場合は、「ダイレクトメッセージ」をタップし、「既読通知の表示」のスイッチをスライドさせてオフ(灰色)にしましょう。変更はすぐに適用されます。
    • 既読通知の表示をオンにする場合は、スイッチをスライドさせてオン(緑または青)に戻しましょう。
    広告

方法 2 の 2:
パソコンの場合

  1. 1
    ウェブブラウザで https://www.twitter.com にアクセスする すでにログインしている場合は、タイムラインが表示されます。ログインしていない場合は、画面の指示に従ってログインしましょう。
  2. 2
    メッセージをクリックする ページ左側のメニューの中央付近にあります。クリックすると、ダイレクトメッセージの受信トレイが表示されます。
  3. 3
    やり取りを選んでクリックする メッセージを送った相手の名前をクリックすると、やり取りしたすべてのメッセージが表示されるはずです。最新のメッセージは一番下に表示されています。
  4. 4
    送信したメッセージの下のチェックマーク(✓)をクリックする メッセージのすぐ下、送信した時間の右側に表示されています。クリックした後、チェックマークの下に「既読」という表示が現れれば、相手はメッセージを見たということです。「既読」と表示されない場合、相手はメッセージをまだ開いていないか、既読通知の表示をオフにしています。
  5. 5
    (必要に応じて)既読通知の設定を変更する 初期状態では既読通知機能(相手が自分のメッセージを見たかどうかがわかる機能)はオンになっており、設定で通知機能をオフにすることができます。手順は以下の通りです。
    • 画面左側のメニュー内にある「もっと見る」をクリックします。
    • 「設定とプライバシー」をクリックしましょう。
    • 中央の列にある「プライバシーとセキュリティ」をクリックします。
    • 既読通知をオフにしたい場合は、「ダイレクトメッセージ」をクリックし、「既読通知を表示」ボックスのチェックマークを外しましょう。変更はすぐに適用されます。
    • 既読通知をオンにする際は、ボックスをクリックしてチェックマークを入れましょう。
    広告

このwikiHow記事について

この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

wikiHowのコンテンツ管理チームは、編集チームが編集した記事を細心の注意を払って精査し、すべての記事がwikiHowの高品質基準を満たしているかどうかを確認しています。
カテゴリ: Twitter
このページは 435 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告