PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

少しの間Twitterから離れてみようと考えているならば、アカウントの削除手続きをすることで、削除されるまでの30日間アカウントを休止状態にできます。この方法の優れている点は、Twitterにばかり気を取られるのを防げるだけでなく、再び必要になったときのためにアカウントを保持しておけるという点です。早速この方法を確認してみましょう。

ステップ

  1. 1
    パソコンからTwitterアカウントにログインする アカウントの休止(削除手続き)ができるのは、デスクトップ版からのみです。パソコンのブラウザからTwitterのサイトに行くか、モバイル端末でデスクトップ版のサイトを開きましょう。アカウントの休止をするには、ログインしなければなりません。
  2. 2
    設定メニューを開く Twitterのホームページの右上隅にあるギアのアイコンをクリックします。表示されるメニューの中から「設定」を選択します。
  3. 3
    「アカウントを削除」をクリックする このボタンは設定画面の一番下にあるため、下にスクロールする必要があるかもしれません。
  4. 4
    休止するにあたっての注意事項を確認する アカウントは、休止をしてから30日間はTwitterのサーバー上で保持されます。それ以降は、アカウントとそれに付随するデータは全て削除されます。
    • この30日間のうちにTwitterのホームページからアカウントにログインすれば、再びアカウントを有効にすることができます。
    • Twitterアカウントのユーザー名またはURLを変更したい場合は、設定メニューから変更できるため、アカウントの削除手続きをする必要はありません。
  5. 5
    アカウントを休止する 「@アカウント名を削除」をクリックして、アカウントを休止します。休止を確定するには、パスワードを入力しなければなりません。
    • Twitterのサーバ経由でアカウントの休止処理が完了するまでは、数日間程度アカウントを閲覧できるかもしれません。
    • 30日間の期限前に、ユーザー名やメールアドレスを新しいアカウントの作成に利用できるようにしたい場合は、アカウントの休止前に設定メニューでそれらを変更しておきましょう。
    • 休止手続き時にパスワードが認証されなかった場合は、まずはそれをリセットする必要があるかもしれません。[1]
    広告

関連記事

インスタグラムに問い合わせるインスタグラムに問い合わせる
インスタグラムで写真に音楽を付けるインスタグラムで写真に音楽を付ける
Facebookライブ動画配信を見るFacebookライブ動画配信を見る
Pinterestに写真をアップロードするPinterestに写真をアップロードする
Facebook Messengerで誰かが自分をブロックしていないか確認するFacebook Messengerで誰かが自分をブロックしていないか確認する
フェイスブックにリンクを投稿するフェイスブックにリンクを投稿する
Twitterでフォロワーを削除するTwitterでフォロワーを削除する
Facebookメッセンジャーでアーカイブしたメッセージを見るFacebookメッセンジャーでアーカイブしたメッセージを見る
Facebookで友達にブロックされているか、または友達がアカウントを停止しているかを知るFacebookで友達にブロックされているか、または友達がアカウントを停止しているかを知る
Facebookで制限リストに入れられているかどうかを知るFacebookで制限リストに入れられているかどうかを知る
Snapchatで友達がオンラインかどうかを知るSnapchatで友達がオンラインかどうかを知る
Tinderアカウントの削除Tinderアカウントの削除
Android版WhatsAppで動画を保存するAndroid版WhatsAppで動画を保存する
Facebookで複数の友達を一度に削除するFacebookで複数の友達を一度に削除する
広告

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む10人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。 この記事は6,560回アクセスされました。
このページは 6,560 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告