PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

UGGのスリッポンはとても柔らかく履き心地も快適です。足を暖かく保ち、外部の刺激から守ることができる非常に優れた商品といえます。ただ、高価なものなので、正しくお手入れをしたいですよね。UGGスリッポンのお手入れは少し時間がかかりますが、その分長持ちさせることができます。スエード素材を湿らせた布で拭く、保護スプレーをかける、チョークやその他の特別な掃除道具で汚れを落とすなど様々な方法があります。

方法 1 の 3:
定期的なお手入れをする

  1. 1
    マイクロファイバーの布で表面を拭く 定期的なUGGスリッポンのお手入れでは、マイクロファイバーの布が活躍します。強くこするとスエードやシープスキンの素材が擦れてしまうので、表面を優しくマイクロファイバーの布で拭きましょう。[1]
    • スリッポンを履く頻度によりますが、2週間に1回程度は行いましょう。
  2. 2
    ブラッシングする 週に1回程度、スエード用のブラシで優しくブラッシングしましょう。定期的にスリッポンをブラッシングすることで、今付いているほこりや汚れを落とすことができるだけではなく、今後汚れがひどくなることを防ぐことができます。[2]
    • スリッポン全体にわたって、なでるように優しくスエードをブラッシングします。繊維がまだらにならないように、ブラシを同じ向きに動かしましょう。
  3. 3
    お手入れ用のスプレーを使う スポンジにお手入れ用の洗剤を少量吹きかけます。UGGで「UGG CLEANER & CONDITIONER(クリーナー&コンディショナー)」を購入することもできますし、スエードやシープスキン素材に使える他の製品を使っても構いません。スポンジでスリッポンの表面を優しくたたくように拭き、土やその他の汚れを取り除きましょう。[3]
    • お手入れの後は、完全に乾かしてから履きましょう。直射日光があたらない涼しい場所で、少なくとも24時間は乾かす必要があります。
    広告

方法 2 の 3:
染みを取り除く

  1. 1
    消しゴムを使う UGGスリッポンの外表面に染みが付いている場合は、大きな消しゴムを使ってお手入れをしましょう。染みの輪郭に沿って消しゴムを使います。その後、染み自体を優しくこすりましょう。[4]
    • 強くこすり過ぎないように気を付けましょう。シープスキン素材を傷つける可能性があります。
  2. 2
    ホワイトビネガーを使ってお手入れする ぬるま湯1/2カップとホワイトビネガー1/2カップを小さなボウルの中で混ぜます。その混合液にタオルをつけます。タオルは液が滴るほど濡らすのではなく、軽く湿らせる程度にします。染みを軽く叩くようにタオルを当て、優しくこすり落としましょう。[5]
    • 水分を付け過ぎるとシープスキンが傷むため、タオルは濡らしすぎないようにしましょう。
  3. 3
    油脂汚れをチョークで落とす UGGスリッポンに油脂の染みが付いてしまったら、チョークを使って汚れを落としましょう。染みにチョークの粉をふりかけて一晩置きます。油脂がチョークに吸収され、UGGスリッポンを新品同様の状態に戻すことができます。
    • 翌朝にブラシでチョークを落とせば汚れも一緒に落ちるはずです。
    • チョークの代わりにコーンスターチやベビーパウダーを使うこともできます。
    専門家情報
    Marc Sigal

    Marc Sigal

    靴手入れ専門家
    マーク・シガルはカリフォルニア州ロサンゼルスにてドライクリーニングと靴の手入れのサービスを提供している会社「ButlerBox」の設立者です。カリフォルニア大学サンタバーバラ校にて国際学の学士号を取得。ButlerBoxでは顧客が24時間年中無休で衣類を預け、受け取ることができるよう、高級マンションや一流のオフィスビル、またショッピングセンターや利便性の良い場所にカスタムメイドのシワ防止ロッカーを設置しています。
    Marc Sigal
    Marc Sigal
    靴手入れ専門家

    専門家も同意:チョークやベビーパウダーをふりかけるお手入れ方法は、油脂汚れや擦り傷のお手入れにうってつけです。粉をふりかけたら一晩置いておきましょう。朝になったら毛先の柔らかいブラシでブラッシングをします。かけた粉が染みを吸い取ってくれます。

  4. 4
    裏地のフリースの汚れを落とす スリッポンの底にたまった毛や細かいゴミを取り除きます。湿らせたタオルに中性洗剤を数滴落とし、スリッポンの中をこすって汚れを落としましょう。[6]
    • 中性洗剤を使い過ぎると、靴の中がせっけんでベタついて洗い落せなくなるので気を付けましょう。
    • タオルは湿らせる程度にし、水が滴るほど濡らさないようにしましょう。スリッポンの中には水分を含ませすぎないことが大切です。
    広告

方法 3 の 3:
汚れから守る

  1. 1
    保護スプレーをかける UGGスリッポンのスエードは繊細な素材なので、汚れから守る必要があります。UGGでスプレーを購入することもできますし、スエードやシープスキン素材に使える他の保護スプレーを使っても構いません。スリッポンに保護スプレーをかけたら完全に乾かしましょう。通常は丸1日乾燥させれば、また履くことができます。[7]
    • スプレーを使用する際は、屋外の風通しのいいところで行いましょう。
  2. 2
    清潔で乾燥した場所に保管する UGGのスリッポンのお手入れは少々手がかかるからこそ、履いていない時でも大切に扱う必要があります。クローゼットや引出しの中など、ほこりや土汚れのない清潔な場所に保管しましょう。
    • スエードは湿気に弱く、繊維をダメになってしまうので、湿気の多い所には保管しないようにしましょう。風呂場や車庫など湿気が入りこみそうな場所を避け、乾燥した空間で保管します。
  3. 3
    汚れそうな場所へは履いていかない UGGスリッポンは主に室内で履くように作られています。靴底がしっかりしているからといって、屋外で(汚れそうな場所へは特に)履かないようにしましょう。[8]
    • 泥道や悪天候でスリッポンを履くと、靴を傷めるだけではなく、永遠に落とせない染みをつけてしまう可能性があります。
    広告

関連記事

靴の音鳴りを止める靴の音鳴りを止める
スニーカーのサイズを広げるスニーカーのサイズを広げる
VANSスニーカーをきれいにする
ドクターマーチンを履き慣らすドクターマーチンを履き慣らす
靴を滑りにくくする
靴ひもを隠す靴ひもを隠す
靴に塗料を塗る靴に塗料を塗る
NIKEのニセモノを見抜くNIKEのニセモノを見抜く
コンバースの偽物を見分けるコンバースの偽物を見分ける
偽物のVANSのスニーカーを見極める偽物のVANSのスニーカーを見極める
革靴を柔らかくする
ナイキ(Nike)のスニーカーの型番を確認するナイキ(Nike)のスニーカーの型番を確認する
ティンバーランドブーツを手入れするティンバーランドブーツを手入れする
靴の穴を補修する靴の穴を補修する
広告

このwikiHow記事について

Marc Sigal
共著者 ::
靴手入れ専門家
この記事の共著者 : Marc Sigal. マーク・シガルはカリフォルニア州ロサンゼルスにてドライクリーニングと靴の手入れのサービスを提供している会社「ButlerBox」の設立者です。カリフォルニア大学サンタバーバラ校にて国際学の学士号を取得。ButlerBoxでは顧客が24時間年中無休で衣類を預け、受け取ることができるよう、高級マンションや一流のオフィスビル、またショッピングセンターや利便性の良い場所にカスタムメイドのシワ防止ロッカーを設置しています。
カテゴリ:
このページは 524 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告