UNO(ウノ)で遊ぶ方法

友達と楽しく遊べるカードゲームを探しているのであればウノを試してみましょう。それぞれのプレーヤーが7枚のカードを手札として持ち、場のカードと一致させて遊びます。一番早く手札を捨てられた人が勝ちです。ゲーム終了後には、すべてのプレーヤーが自分の点数を計算して記録します。誰かのスコアが500点に達するまでゲームを続けましょう。ウノの遊び方に慣れたら、アレンジした遊び方でも楽しみましょう。

方法 1 の 2:
ウノで遊ぶ

  1. 1
    カードを切って各プレーヤーに7枚ずつ配ります。パッケージからウノのカードを取り出し、108枚すべてのカードを切ります。各プレーヤーに7枚ずつカードを配りましょう。配られたカードを裏返しておくようにみんなに指示します。[1]
    • ウノは2~10人で遊ぶことができます。対象年齢は7歳以上です。
  2. 2
    残ったカードをテーブルの中央に置きます。カードを裏向きにして積みます。プレーヤーはこの山からカードを引いてゲームを進めていきます。[2]
  3. 3
    山の一番上のカードを開いてゲームを始めましょう。山の一番上のカードを引き、山の隣に表向きに置きます。このカードでゲームを始め、この上にカードを捨てていきます。[3]
  4. 4
    カードの色、数、記号を合わせます。親の左隣のプレーヤーは、テーブル上に開かれたカードと色、数、単語、記号のいずれかが同じカードを手札として持っていたら、そのカードを捨てることができます。捨て札の山の上に捨てるカードを重ねるように指示しましょう。次のプレーヤーは自分の手札を確認し、捨て札の山の一番上のカードに合わせられるカードを探します。[4]
    • たとえば、捨てたカードの一番上が赤の8なら、自分が持っている赤いカード(数字は関係なく)か数字の8が書いてあるカード(色は関係なく)を捨てることができます。
    • 通常、親から時計回りに順番を進めていきます。

    ポイント:プレーヤーがワイルドカードを持っている場合は、いつでもそれを使うことができます。

  5. 5
    捨てられるカードを持っていない場合は、山からカードを1枚引きましょう。順番が回ってきて、一番上のカードと色、数字、記号のいずれかが合うカードを持っていない場合は、山からカードを1枚引いて手札に加えます。引いたばかりのカードが場のカードに合う場合は、その場で捨てることができます。[5]
    • 引いたカードを捨てられない場合は、隣のプレーヤーに順番が移ります。
  6. 6
    アクションカードとワイルドカードに注意しましょう。基本のウノカードのほかに、3種類のアクションカードが存在します。ワイルドカードを出すと色を指定できます。ドロー2カードが出されたら、次のプレーヤーは山からカードを2枚引くことになり、順番が抜かされます。リバースカードを使うと、順番が逆回りになります。つまり、自分の前にプレーした人に次の順番が移ります。[6]
    • リバースカードには反対方向を指す2つの矢印が描かれています。
    • 円に斜めの線が描かれているスキップカードを使うと、次のプレーヤーは1回休みになります。

    ご存じですか?ワイルドドロー4カードは普通のワイルドカードに似ていますが、次のプレーヤーは4枚のカードを引くことになり、順番が抜かされます。

  7. 7
    手札が残り1枚になったら「ウノ」と宣言しましょう。誰かの手札が残り1枚になるまで順番にプレーしていきます。手札が残り1枚になったら、そのプレーヤーは「ウノ」と言わなくてはなりません。もし言うのを忘れてほかのプレーヤーに指摘された場合は、罰が課せられます。[7]
    • 「ウノ」と言うのを忘れた場合は、罰としてカードを2枚引くことになります。ただし、ウノと言わなかったことに誰も気付かなければ罰はありません。
  8. 8
    手札の最後の1枚のカードを捨てたらあがりです。手札が残り1枚になって「ウノ」と言った後、順番が1周して自分に戻ってくるのを待ちましょう。誰よりも先に手札を捨てることができたらあなたの勝ちです。
    • 最後のカードを捨てられない場合は、山から1枚引いて続けます。誰かの手札がなくなるまで続けましょう。
    • ワイルドカードを持っている場合は、最後のカードとして取っておきましょう。こうすると、最後に必ず捨てることができるので勝てます。
  9. 9
    1人があがったら、各プレーヤーの残り手札の点数を計算します。各プレーヤーの残り手札の合計が勝ったプレーヤーに得点として与えられます。毎回の得点を記録しておき、誰かの得点が500点に達するまでゲームを続けましょう。最初に500点に達した人が勝者になります。
    • 残った手札の点数は次の通りです。この点数を合計した得点が勝者に与えられます。[8]
      • ドロー2カード、リバースカード、スキップカードはそれぞれ20点です。
      • ワイルドカード、ワイルドドロー4カードはそれぞれ50点です。
      • 数字のカードはその数字が点数になります。(8のカードの点数は8です)
    • 正式なルールではありませんが、ゲームが終了するたびに残りの手札を計算し、最初に100点に達した人が勝者としても良いでしょう。
    広告

方法 2 の 2:
簡単にアレンジした遊び方

  1. 1
    オンラインゲームやテレビゲームでウノを楽しみましょう。一緒にウノを遊ぶ仲間がそばにいなくても心配は無用です! インターネットで検索し、ウノをオンラインで楽しみましょう。もしくは、PS4やXboxなどのテレビゲームソフトやPCソフトを購入して遊ぶことも可能です。[9]
    • 自己流のルールを作って個性的なウノを楽しむこともできます。
  2. 2
    1回のゲームを早く終わらせるために、カードを2枚同時に捨てましょう。素早く決着がつくウノとして、合うカードがあれば1枚ではなく2枚捨てられるというルールに変更します。こうすると、手札が早くなくなります。
    • たとえば、テーブルの上に黄色の3のカードがある場合は、黄色の7と赤の3のカードを同時に捨てることができます。
    • 早くゲームを終わらせたくなければ、捨てられるカードがないときに引くカードの枚数を1枚ではなく2枚にしましょう。

    ポイント:ゲームが早く進行するので、勝者の得点を500点ではなく最低でも1000点に引き上げることを検討しましょう。

  3. 3
    ワイルドカードにルールを書き込みましょう。ウノには自分でルールを書き込めるワイルドカードが3枚含まれています。この空白のワイルドカードを使ってプレーするには、みんなが同意する独特のルールを書き込みましょう。このカードを、ほかのワイルドカードと同じように扱います。書き込むルールの例は次の通りです。[10]
    • すべてのプレーヤーがカードを2枚引く。
    • 次のプレーヤーが歌を歌う、もしくはカードを引く。
    • 隣のプレーヤーとカードを1枚交換する。
  4. 4
    スワップハンドカードを使ったら、ほかのプレーヤーと手札を交換します。このカードはウノに新しく加わったカードです。ワイルドスワップハンドカードはワイルドカードと同じように扱われますが、カードを交換する相手を決めることができます。[11]
    • たとえば、このカードを持っていたらゲーム終了間際まで取っておき、残りのカードが一番少ない人と交換しましょう。
    広告

ウィキハウ動画: UNO(ウノ)で遊ぶ方法

動画を見る

ポイント

  • 山のカードがなくなったら捨て札の山のカードを切り、表を下に向けて重ねましょう。これを山として使います。

広告

必要なもの

  • ウノ
  • 紙と鉛筆
  • 電卓(任意)

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む70人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。
カテゴリ: ボードゲーム
記事のサマリーX

UNOで遊ぶには、最低2人のプレーヤーが必要ですが、人数は多い方が楽しいでしょう。まず、カードを各プレーヤーに7枚ずつ配り、残りのカードを裏向きにして机の中央に置きます。これが、「カードの山」になります。そこから最初のカードを表向きで引き、別の山として置きますが、これをカードを捨てる「場」と呼びます。まず、最初のプレーヤーが、「場」の上のカードと、数字、色、種類のどれかが合うカードを捨てます。もしプレーヤーが、何らかの理由で色を変えたい場合は、ワイルドカードを出すと新しい色を選ぶことができます。プレーヤーが手持ちの札からカードを出せなくなったら、「カードの山」からカードを引きます。そのカードの色、数字、種類のいずれかが、「場」の上のカードと合えば、捨てることができます。捨てられるカードがなければ、次のプレーヤーの番になります。カードが残り1枚になったプレーヤーは、他のプレーヤーに気づかれないうちに、「UNO」と大きな声で言います。他の誰かに先に「UNO」と言われた場合、そのプレーヤーは「カードの山」からカードを2枚引かなければなりません。全てのカードを一番先に出し終えたプレーヤーの勝ちです!UNOには他にもいろいろな種類のカードがあります。次のプレーヤーを飛ばすスキップカード、カードを捨てる順番が逆まわりになるリバースカード、次のプレーヤーが2枚カードを引いて一回休むドローツーカード、ワイルドカードとドローカードを組み合わせたワイルドドローフォーカードがあり、ゲームをさらに盛り上げます!

他言語版
このページは 4,941 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告