URLをリダイレクトする方法

この記事には:.htaccessの301リダイレクトをコーディングするリダイレクトサービスを使用するメタコードを使うその他のプログラミング言語を使う

URLをリダイレクトする理由はさまざまで、リダイレクトを実現する基本的な方法はいくつかあります。すでに多くのトラフィックがあり、検索エンジンで上位に表示されるけれども、ドメインの変更が必要なウェブサイトの場合、リダイレクトは移行期間に適しています。トラフィックは旧ドメインに向かうものの、新しいサイトへ自動的にリダイレクトされます。そのうち、検索エンジンがデータベースを更新し、新しいドメインが検索結果に取り込まれます。また、リダイレクトにより、複数の異なるURLを1つのウェブサイトにまとめたり、複雑なURLを短縮したりすることもできます。URLをリダイレクトする方法は、ウェブサイトで使用されているコードや、コードの編集に対してどの程度自信や経験があるかによって変わります。

1
.htaccessの301リダイレクトをコーディングする

  1. 1
    ウェブサイトがApache(アパッチ)サーバ上で実行されているかどうか調べる .htaccessによる方法を行うためには、ウェブサイトがApacheサーバ上で実行されている必要があります。不明な場合は、ホスティングサービスで確認しましょう。
  2. 2
    .htaccessファイルの場所を確認してダウンロードする .htaccessファイルは、ウェブサーバがエラーやセキュリティ、サイトのリダイレクトリクエストの処理方法に関する情報を確認するファイルです。ルートディレクトリ(ウェブサイトのファイルが保存されている場所)を確認し、ファイルを編集するためにダウンロードしましょう。
  3. 3
    .htaccessファイルを作成する ルートディレクトリに.htaccessファイルが無ければ、メモ帳(または類似のプレーンテキストアプリケーション)などのアプリケーションを使ってファイルを作成しましょう。ファイルに入力するコードは、次の手順で解説します。
    • .htaccessファイルを保存するときは、ファイル名が「.」で始まっていることを確認しましょう。
    • このファイルには拡張子(「.com」や「.txt」)が付いていないことに注意しましょう。
  4. 4
    コードを入力する 次のコード .redirect 301 /old/oldURL.com http://www.newURL.com を.htaccessファイルに貼り付けましょう。
    • コード中で「oldURL.com」は、訪問者をリダイレクトする必要があるランディングページのアドレスを表し、「http://www.newURL.com」は、リダレクト先のアドレスを表します。
    • 「oldURL.com」と「http://」の間には、スペースが1つだけ入らなくてはなりません。
    • コード中の最初のURL(古いURL)には、「http://www」を付けてはいけません![1]
    • 「301」というコードは、リダレクトされるサイトに最も一般的に使用されるコードで、「恒久的な転送」を意味します。300番台のほかのコードを調べて、それぞれの機能を見てみましょう。
  5. 5
    新しいURLを設定する 「http://www.newURL.com」をリダイレクト先のドメインのアドレスに変更しましょう。
  6. 6
    新しい.htaccessファイルを保存する 「ファイルの種類」ドロップダウンリストを「すべてのファイル」に変更し、ファイルを拡張子無しで「.htaccess」として保存しましょう。
  7. 7
    バックアップを作成する 既存の.htaccessファイル、または同じ名前のhtmlファイルの名前を変更して、バックアップコピーを保存します。以前のコードに復元する必要がある場合などに備えて、簡単にファイルを見つけられるよう、「.htaccessbackup」という名前にしましょう。
  8. 8
    変更したファイルを古いドメインのルートディレクトリにアップロードする コードを変更したので、古いURLがファイルを読み込み、計画通りリダイレクトするようファイルを元に戻す必要があります。
  9. 9
    リダイレクトをテストする 新しいプライベートブラウズ(シークレット モード)ウィンドウを開き、ブラウザに古いドメイン名を入力しましょう。正しい設定が行われていれば、新しいサイトにリダイレクトされます。[2]
    • プライベートブラウズウィンドウを使用すると、ブラウザがキャッシュされたデータ(よく訪問するページを速く読み込めるように保存されたデータ)に頼らずに、確実に新しいリダイレクト先にアクセスするようにできます。
    • プライベートブラウズウィンドウを使用せずに、ブラウザの設定メニューからキャッシュをクリアすることも可能です。キャッシュをクリアする方法に関する詳細な情報は、ブラウザのキャッシュをクリアするを確認しましょう。

2
リダイレクトサービスを使用する

  1. 1
    ホスティングサービスを確認する 自分でどの程度コードを扱えるかわからない場合や単純にコードを触らずにリダイレクトしたい場合は、利用可能なさまざまなリダイレクトサービスがあります。現在利用しているホスティングサービスもその1つかもしれません。人気のある多くのホスティングサービスは、リダイレクトサービスとそれに伴うサポートを提供しており、リダイレクトの実装を手助けしてくれます。利用しているホスティングサービスやプランが提供している機能を確認するか、どのようなオプションがあるかホスティングサービスに直接問い合わせてみましょう。
  2. 2
    サードパーティのサービスを選ぶ 利用しているホスティングサービスがリダイレクトを提供していなければ、その他のオプションがあります。必要なリダイレクトの種類によっては、無料でサービスを利用できるかもしれません。[3]
    • 多くのサービスでは、リダイレクトの種類(恒久的か一時的か)やクエリパラメータを引き継ぐかどうか、などのオプションを設定ができます。
    • HTTPS(保護された)リンクの転送ができるのは、ごく一部のリダイレクトサービスのみです。
  3. 3
    リダイレクトサービスの指示に従う 一般的に、リダイレクトサービスは、非常にユーザービリティに優れており、各ステップで正しい情報を入力するよう促されるので、順を追って処理を進めることができます。
    • 注意:リダイレクトしたいドメイン名のDNS(ドメインネームサーバー)のレコードの編集が必要な場合があります。DNSの情報には、利用しているホスティングサービスからアクセスできます。
  4. 4
    DNSレコードを更新する サードパーティのリダイレクトサービスで、DNSレコードの更新が必要かどうか表示されます。必要な場合は、ホスティングサービスのアカウントからDNSレコードにアクセスし、レコードを編集しましょう。
    • このステップでDNSレコードを編集する手順は、利用するサービスによって異なりますが、一般的には、リダイレクトサービスとホステイングサービスどちらにも、わかりやすい作業手順が用意されているでしょう。

3
メタコードを使う

  1. 1
    リダイレクトしたいページのコードにアクセスする この方法は、ウェブページのコードを直接変更する必要がある方法なので、最初に、リダイレクトしたいURLに関連付いたファイルをダウンロードする必要があります。
    • ほとんどの場合、メタコードの使用は、リダイレクトに適していないということに注意しましょう。メタコードによるリダイレクトは広く知られているスパム技術であるため、これを含むウェブページは、検索エンジンで頻繁にフィルタリングされます。
  2. 2
    コードを開いて編集する 「メモ帳」や類似のテキストエディタを使って、ウェブページのソースファイルを開きます。コードの編集を始める前に、安全対策としてバックアップファイルまたはファイルのコピーを保存しましょう。
  3. 3
    コードを修正する メタコードは、ページのコードの「head」タグ(<head>)の後に入ります。
    .<META http-equiv="refresh" content="0;URL=http://www.newsite.com/newurl.html"> と入力しましょう。
    • 「refresh」と「content」の間にはスペースが1つ入ります。
    • 「0」はリダイレクトが発生するまでの秒数を示します。
    • 「www.newsite.com/newurl.html」は、リダイレクト先のページの特定のURLです。
    • 独自のエラーメッセージや、サイト移動の通知を作成することも可能ですが、ユーザーが予期しないページ遷移が発生するため、スパムと判断される可能性もあります![4]
  4. 4
    ファイルを保存して、古いドメインに再アップロードする 古いURLからトラフィックをリダイレクトする場合、ウェブページのコードに、メタコード以外の変更(サイトコンテンツの削除など)が加えられている可能性もあります。アップロードするウェブページのコードが変更されていても、メタリダイレクトコードが含まれていれば問題ありません。
  5. 5
    リダイレクトをテストする ブラウザに直接URLを入力するか、検索エンジンを使ってウェブサイトを検索しましょう。該当のページにアクセスすると、メッセージが表示されたり、読み込みされたりすることなく、コードで指定した新しいURLへ即座にリダイレクトされるはずです。

4
その他のプログラミング言語を使う

  1. 1
    ウェブサイトで使用されているコードを調べる プログラミング言語によって、適切なリダイレクトのコードは若干異なる可能性があります。使用されている言語がわからない場合は、詳細な情報についてホスティングサービスに問い合わせましょう。
  2. 2
    その他のリダイレクトのコードを調査する 言語ごとに異なるコマンドがあり、同じ言語でも調べると複数のオプションがあります。簡単なインターネット検索で、自分のサイトに適したコードを見つけられるでしょう。
    • 例えば、PHPやASP、ColdFusion、JavaScriptでリダイレクトするコードは、オンラインで簡単に調べられます。
  3. 3
    リダレクトをテストする サイト向けに適切なコードが見つけたら、上記で説明した他のコーディング方法とほぼ同じ方法で実装できます。実装したら、必ず、古いURLにアクセスしてテストを行い、意図した通り動作しているか確認するようにしましょう。

ポイント

  • FrontPage(かつて人気のあったウェブサイト管理ツール)のユーザーは、.htaccessファイルを「_vti_bin」、「_vti_bin」のサブフォルダ、「_vti_adm」、そして「_vti_aut」.で編集する必要があります。
  • ウェブサイトの中には、クリック可能なリダイレクトリンクが記載された、URL変更を説明したエラーページを使用しているサイトがあります。この方法は、自動リダイレクトよりも効率が悪く、新しいサイトの訪問者に大きな負担をかける可能性があります。

記事の情報

カテゴリ: パソコン・電子機器

他言語版:

English: Redirect a URL, Español: redireccionar un URL, Português: Redirecionar um URL, Italiano: Reindirizzare un URL, Русский: перенаправить URL, Deutsch: Eine URL umleiten, Français: faire une redirection d'URL, Bahasa Indonesia: Mengarahkan URL, ไทย: Redirect URL, Tiếng Việt: Chuyển tiếp URL, Nederlands: Een URL omleiden, العربية: إعادة توجيه رابط ويب

このページは 630 回アクセスされました。
この記事は役に立ちましたか?