この記事では、USBフラッシュドライブの使い方を紹介します。USBフラッシュドライブとは持ち運びができる記憶装置で、コンピューター上で使うことができます。以下の手順でUSBフラッシュドライブを使いこなしましょう。

方法 1
方法 1 の 2:
Macコンピューター

  1. 1
    USBフラッシュドライブをUSBポートに差し込む コンピューターがUSBフラッシュドライブを認識するまで少し待ちます。
    • NTFSというファイルシステムでフォーマットされたフラッシュドライブの場合、Mac OSでは使えません。FAT32というファイルシステムが使われていれば問題ありません。
  2. 2
    USBフラッシュドライブが表示されるまで待つ USBフラッシュドライブが認識されると、デスクトップ画面に表示されます。ダブルクリックして、コンピューター上でフォルダを確認するように、USBフラッシュドライブでファイルを閲覧します。
  3. 3
    ファイルやフォルダをコピー&貼り付けやクリック&ドラッグでUSBフラッシュドライブに保存する ファイルやフォルダの転送が完了したら、コンピューターからUSBフラッシュドライブを取り外します。
    広告

方法 2
方法 2 の 2:
Windowsコンピューター

  1. 1
    USBポートを探す ノートパソコンの場合、通常側面かパネル背面にあります。デスクトップコンピューターの場合、前面と背面にUSBポートがあります。前面のポートはカバーで隠れているかもしれません。
  2. 2
    USBポートにUSBフラッシュドライブを差し込む 頻繁に使う予定なら、前面のポートに差し込みましょう。正しいポートを使うように注意しましょう。コンピューターによっては、転送速度に差があるUSB2.0やUSB3.0など、異なる種類のポートがついていることがあります。自分のUSBフラッシュドライブに合ったポートを使いましょう。ぴったりと差し込むことができます。ただし、無理やり押し込まないようにしましょう。上下の向きが決まっているので、うまく差し込めない場合はひっくり返して差し込みます。USBフラッシュドライブを差し込むと、Windowsが自動的にドライバーをインストールします。デスクトップの右下に通知が表示されます。注意:WindowsがUSBフラッシュドライブを認識しない、またはドライバーが自動的にインストールされない場合、USBフラッシュドライブのメーカーのウェブサイトでドライバーを入手します。通常、ウェブサイトのサポートページやダウンロードページにあります。もしくは、 対応機器とそのウェブサイトへのリンク一覧を確認できるWindows互換性センターにアクセスします。
    • 無効設定にしていない限り、USBフラッシュドライブを差し込むと自動再生画面が開きます。USBフラッシュドライブに保存されたファイルの種類に従って、選択肢が表示されます。最も一般的なのは「フォルダーを開いてファイルを表示」です。
    • 自動再生画面が表示されない場合、スタートメニューからコンピューターかマイコンピューター、PCを開きます。コンピューターに接続されている機器が表示されます。USBフラッシュドライブもここに表示されます。USBフラッシュドライブのメーカー名が表示名として使われます。ダブルクリックしてUSBフラッシュドライブを開きましょう。
  3. 3
    コピーしたいファイルを表示する USBフラッシュドライブにコピーしたいファイルがあるフォルダを表示します。USBフラッシュドライブにコピー&貼り付けするか、クリック&ドラッグしてコピーします。
  4. 4
    転送が完了するまで待つ コピーするファイルによっては、数分かかることもあります。転送が完了したら、USBフラッシュドライブを取り外します。USBフラッシュドライブを安全に取り外すには、まず画面右下のタスクバーにあるタスクトレイから「ハードウェアを安全に取り外してメディアを取り出す」アイコンを探します。見つけたらアイコンを右クリックし、機器一覧からUSBフラッシュドライブを選択します。間違って違う機器を取り外さないように気をつけましょう。通常、メーカー名かWindowsで使われる総称が表示されます。USBフラッシュドライブをクリックした後、USBポートから安全に取り外す準備ができるとWindowsの通知が表示されます。その他の方法としては、スタートメニューからコンピューターまたはマイコンピューター、PCを開きます。USBフラッシュドライブを右クリックし、メニューから「取り外し」をクリックします。
    広告

注意事項

  • ファイル転送中にUSBフラッシュドライブを取り外してはいけません。
  • ノートパソコンの電池残量が少ない時は、USBフラッシュドライブを使わないようにしましょう。
広告

関連記事

USBメモリーに音楽を入れるUSBメモリーに音楽を入れる
Nintendo SwitchをDiscordに配信するNintendo SwitchをDiscordに配信する
HPでスクリーンショットを撮るHPでスクリーンショットを撮る
Windows PCでコマンドプロンプトからexeを実行するWindows PCでコマンドプロンプトからexeを実行する
2台のパソコンを接続する2台のパソコンを接続する
マウスの代わりにキーボードでクリックするマウスの代わりにキーボードでクリックする
ノートパソコンのカメラで写真を撮るノートパソコンのカメラで写真を撮る
AdBlockを無効にするAdBlockを無効にする
2台のモニターを設定する2台のモニターを設定する
LANケーブルで2台のパソコンを接続するLANケーブルで2台のパソコンを接続する
ゼロになったノートパソコンのバッテリーを復活させるゼロになったノートパソコンのバッテリーを復活させる
パソコンにヘッドセットを接続するパソコンにヘッドセットを接続する
特定のウェブサイトにアクセスできない問題を解決する特定のウェブサイトにアクセスできない問題を解決する
ワイヤレスキーボードをパソコンに接続するワイヤレスキーボードをパソコンに接続する
広告

このwikiHow記事について

Chiara Corsaro
共著者 ::
スマートフォン・パソコン修理技術者
この記事の共著者 : Chiara Corsaro. Apple 認定Mac・iOS技術者のキアラ・コルサーロは、1990年にサンフランシスコ・ベイエリアにて設立されたApple正規サービスプロバイダ「macVolks, Inc.」の総支配人を務めています。同社はアップルコンサルタントネットワーク(ACN)のメンバーであり、アメリカ・カナダの商事改善協会よりAプラス評価を与えられています。
カテゴリ: コンピューター
このページは 532 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告