USBメモリを使ってWindows7をインストールする方法

3 パート:ISOファイルを入手するインストールUSBメモリを作成するWindows7をインストールする

Windowsは習慣的に、インストールCD、またはDVDを使用してインストールされますが、光学ドライブが付いていない新しいパソコンでは、CDやDVDによるインストールができません。幸いなことに、4GB以上の容量があるUSBメモリを使えば、インストールUSBメモリを作成できます。インストールUSBメモリの作成にWindowsインストールディスクは必要ありません。インストールUSBメモリを作ってしまえば、作成したメモリを使用してどのパソコンにでもWindows7をインストールすることができます。

パート 1
ISOファイルを入手する

  1. 1
    インストールディスクからISOファイルを作成します(インストールディスクをお持ちの場合)。インストールUSBメモリを作成する最も簡単な方法は、Windows7インストールディスクのISOファイル、またはディスクイメージを使用することです。ディスクをお持ちであれば、ほんの数分でISOファイルを作成できます。Windows7インストールディスクをお持ちでない場合は、次の手順へ進みましょう。
    • DVDドライブにWindows7インストールディスクを挿入します。
    • ImgBurnをダウンロード、そしてインストールします。ImgBurnは、imgburn.com から無料でダウンロードできます。セットアップ中、「カスタムインストール」を選択して、追加でインストールされるソフトウェアのチェックボックスからすべてチェックを外しましょう。この処理は2回行う必要があります。
    • ImgBurnを起動して、「ディスクからイメージファイルを作成」を選択します。
    • DVDドライブを選択して、フォルダーボタンをクリックします。ファイル名を指定して、場所を選びましょう。ISOファイルのサイズは、数GBになります。「Windows7Install」といった、わかりやすい名前を付けましょう。
    • 大きな「読み込み」ボタンをクリックして、ファイルの作成を開始します。ファイルの作成は、数分で完了します。先ほど選んだ場所に、新しいISOファイルが出来ているはずです。
  2. 2
    インストールディスクをお持ちでない場合は、MicrosoftからISOファイルをダウンロードしましょう。Windows7インストールディスクをお持ちでない場合、またはImgBurnをインストールしたくない場合は、MicrosoftからWindows7のISOファイルを直接ダウンロードできます。ダウンロードリンクを入手するためには、Windows7のプロダクトキーが必要になります。プロダクトキーは、お使いのパソコンか、パソコンのドキュメント、またはWindows7購入確認のメール本文に記載されています。
    • NirSoftが提供している無料のProduKeyを使って、自分のプロダクトキーを見つけることもできます。ProduKeyは、nirsoft.net/utils/product_cd_key_viewer.html から入手可能です。この小さなプログラムを実行すると、お使いのWindow7のプロダクトキーが表示されます。
    • プロダクトキーを手に入れたら、microsoft.com/en-us/software-download/windows7 を開きましょう。プロダクトキーを入力して、ISOファイルをパソコンにダウンロードしましょう。お使いのインターネット回線速度によっては、ダウンロードに時間がかかる可能性があります。

パート 2
インストールUSBメモリを作成する

  1. 1
    4GB以上のUSBメモリをパソコンに差し込みます。ISOファイルを追加すると、USBメモリ上のすべてのデータが削除されてしまうため、重要なファイルは、必ずバックアップを取っておくようにしましょう。
  2. 2
    USBドライブをNTFSでフォーマットします。必須ではないかもしれませんが、特定の処理において、NTFSのフォーマットがエラーの対処に役立ったという報告があります。
    • 「コンピューター/このPC」ウィンドウを開きます。このウィンドウは、スタートメニューの中から、または Win+E を押して開くことができます。
    • USBドライブを右クリックして、「フォーマット」を選択します。
    • 「ファイルシステム」メニューから「NTFS」を選択して、ドライブをフォーマットします。
  3. 3
    Windows USB/DVD Download Tool(WUDT)をダウンロード、そしてインストールしましょう。このユーティリティプログラムを使用すると、USBドライブをISOファイルを使ったWindowsインストールドライブへと簡単に変えることができます。WUDTは、wudt.codeplex.com からダウンロード可能です。WUDTをインストールしてから、使用する必要があります。
  4. 4
    WUDTを起動して、使用するISOファイルを選択します。WUDTの最初の画面で、ISOファイルの選択を要求されます。作成したISOファイル、またはMicrosoftからダウンロードしたISOファイルを探しましょう。
  5. 5
    メディアの種類として、「USBデバイス」を選択します。このツールを使用して、ブート可能なDVDディスクを作成することもできますが、本ガイドはUSBメモリ向けのものです。
  6. 6
    利用可能なドライブのリストから、USBメモリを選択しましょう。2つ以上のUSBメモリがパソコンに差し込まれている場合、すべてのUSBメモリがリストに表示されているはずです。使用するUSBメモリに4GB以上の空き容量があることを確認しましょう。
  7. 7
    コピー処理を開始します。USBメモリへのISOファイルのコピーには数分かかります。処理が完了するまでUSBメモリを抜かないようにしましょう。

パート 3
Windows7をインストールする

  1. 1
    Windows7をインストールしたいパソコンに、USBメモリを挿入します。作成したUSBメモリを使ってどのパソコンにでもWindows7をインストールできますが、インストールの度に、それぞれ独自のプロダクトキーが必要です。また、インストールできるバージョンは、ISOファイルを作成したバージョンと同じもの(Home、Professional、Ultimate)のみです。
  2. 2
    パソコンを再起動して、SETUP、BIOS、またはBOOTキーを押します。このキーは、パソコンがハードディスクから起動する前に押す必要があり、押すキーは製造元によって異なります。キーを押すと、ハードディスクの代わりに、USBメモリからパソコンをブートするように端末の起動デバイスを変更することができます。適切なキーは、パソコンに電源を入れた後、製造元のロゴが表示される画面と同じ画面に表示されます。メニューが開くまで、キーを繰り返し押しましょう。
    • 一般的なキーには、F2F10F11または Del などがあります。
  3. 3
    BOOTメニューを開きます。BOOTメニューへと直接入った場合は、次の手順へ進みます。そうでない場合は、BIOSメニューで矢印キーを使って、BOOTセクションを開きましょう。
  4. 4
    USBメモリを一番最初に起動されるデバイスとして設定します。USBメモリが一番上になるように起動順位を変更しましょう。ほかのデバイスが起動される前にUSBメモリが最初に起動されるようにしましょう。これにより、お使いのパソコンは、ほかのデバイスが起動される前にUSBメモリから起動するようになります。
  5. 5
    変更を保存して、パソコンを再起動しましょう。Windowsのセットアップを開始するキーを押す画面が表示されます。
  6. 6
    Windowsのセットアップを始めましょう。言語と地域オプションの選択を要求されます。言語と地域オプションを選択したら、「今すぐインストール」をクリックして、インストールを開始しましょう。
  7. 7
    選択画面が表示されたら、「新規インストール(カスタム)」を選択します。「新規インストール(カスタム)」を選択すると、ドライブをフォーマットし、Windows7を新しくインストールできます。これにより、Windowsをインストールするパーティション上の全てのデータが削除されます。
  8. 8
    Windowsをインストールしたいパーティションを選択します。選択したパーティション上の全てのデータはインストール中に削除されます。「ドライブオプション」リンクをクリックすると、使わなくなった余分なパーティションを削除し、空き容量をまとめることができます。削除して、未割り当てスペースに変えたいパーティションを選択しましょう。
  9. 9
    Windowsのイントールを待ちます。インストールは20、30分程度かかり、終了するまでは何も操作を求められません。
  10. 10
    アカウントを作成しましょう。アカウントを作成し、パソコンに名前を付けるように要求されます。ユーザーアカウントを作成して、先に進みましょう。
    • パソコンを他の人のためにセットアップしている場合や、売るための準備をしている場合は、この画面で、^ Ctrl+ Shift+F3 を押しましょう。^ Ctrl+ Shift+F3 を押すと、Windowsが監査モードになり、アカウントを作成せずに必要なドライバーのインストールやシステム準備ツールを実行できます。終了するには、「システムのOOBE(Out-of-Box Experience)に入る」を選択し、「OK」をクリックします。こうすると、次にこのパソコンを起動した人がユーザーを作成するように促されます。[1]
  11. 11
    プロダクトキーを入力しましょう。Windowsのライセンス認証を行うためにプロダクトキーを入力する画面が表示されます。ライセンス認証を行うまで30日の猶予が与えられますが、ここでプロダクトキーを入力しておくことをお勧めします。
  12. 12
    Windows Updateで「推奨設定を使用します」を選択しましょう。こうすると、利用可能な最新のアップデートを常に入手できるようになります。
  13. 13
    日付と時刻を設定しましょう。現在の日時を設定する画面が表示されます。BIOSのおかげで、多くのパソコンでは日時が自動的に修正されます。
  14. 14
    ネットワークの種類を選びましょう。この設定は、パソコンがどのようにネットワーク上に表示されるか、他のデバイスからアクセスできる内容などに影響します。自宅や勤務先以外で使用しており、パソコンを保護したい場合は、「パブリックネットワーク」を選択するようにしましょう。
  15. 15
    セットアップが完了するのを待ちましょう。Windowsがデスクトップの準備を開始します。準備には数分かかります。セットアップが完了したら、Windows7を使用できるようになります。[2]

記事の情報

カテゴリ: パソコン・電子機器

他言語版:

English: Install Windows 7 Using Pen Drive, Español: instalar Windows 7 usando una memoria USB, Italiano: Installare Windows 7 Utilizzando una Chiavetta USB, Português: Instalar o Windows 7 Usando Pen Drive, Русский: установить Windows 7 c флэшки, Deutsch: Windows 7 von einem USB Stick installieren, Français: installer Windows 7 en utilisant une clé USB, Bahasa Indonesia: Menginstal Windows 7 dengan Menggunakan Flash Drive, ไทย: ติดตั้ง Windows 7 ด้วย USB, Nederlands: Windows 7 installeren vanaf een USB stick, العربية: تثبيت ويندوز 7 باستخدام ذاكرة محمولة, Tiếng Việt: Cài đặt Windows 7 bằng USB

このページは 585 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?