VANSは、白い靴底が特徴的な様々なモデルのスニーカーを製造しています。デザインの特性上、清潔で汚れのない状態が最も格好よく見えます。VANSスニーカーを新品のような見た目にしたい時、手早く実践することができるいくつかの方法があります。汚れを落とし、靴底の白をよみがえらせ、必要に応じてさらに徹底的に洗浄しましょう。ここで紹介する方法はVANS以外のキャンバス生地のスニーカーに対しても有効です。

方法 1 の 3:
白い靴底を漂泊する

  1. 1
    洗浄剤を選ぶ VANSの白いゴム製の靴底は新品のようなきれいな状態で維持したいものです。そこで少し手間をかけて、履き古したVANSを箱から出したばかりのような状態によみがえらせましょう。これは、TomsやKedsといったVANS以外のキャンバス生地のデッキシューズスタイルの製品でも用いることのできる方法です。[1]下記のような家庭用品を活用することができます。
    • 漂白剤
    • マニキュア用除光液(アセトン)
    • 消毒用アルコール
    • 窓用洗剤
    • メラミンスポンジ
    • 過酸化水素
    • 重曹と水
    • レモン果汁
  2. 2
    表面を覆った作業台に靴を置く 靴と洗浄剤を清潔なタオルの上に並べ、古くなった歯ブラシあるいは靴用のブラシも用意しておきましょう。ブラシは洗浄剤をつけて使います。屋内で漂泊剤を使用する場合、あるいは染みになる恐れのある洗浄剤を使う場合は、周囲をしっかりと覆っておきましょう。
    • アセトンと漂白剤は屋外あるいは換気の良い場所で使いましょう。
  3. 3
    キャンバス部分が色地の場合は養生する 上記の洗浄剤に含まれる成分は強力なので、VANSのキャンバス生地に触れてしまうと染みになります。そこで、マスキングテープなどを使って少なくとも靴底との境界部分だけでも覆いましょう。
    • 漂泊染や色落ちが逆にお洒落だと感じる人もいます。個人の好み次第でどうするか決めましょう。
  4. 4
    洗浄液の中にブラシを浸す 靴用のブラシあるいは古くなった歯ブラシに少量の洗浄液をつけ、左右それぞれの靴底を強く磨きましょう。円を描くように作業をすすめ、必要に応じてブラシに再度洗浄液をつけましょう。靴底の側面や、お好みで底の部分も汚れを落としましょう。
  5. 5
    水で拭き取る 左右両方の靴底の汚れが落ちたようであれば、水で軽く湿らせたペーパータオルやキッチンタオルで洗浄液を拭き取りましょう。ゴムのソール部分がピカピカになっているはずです。
    広告

方法 2 の 3:
汚れているVANSを手早くきれいにする

  1. 1
    こびりついた汚れは外で落とす かなり汚くなっていて、まず汚れを何とかしたいという場合は靴を外に持ち出しましょう。汚れを払い落としても大丈夫な場所に立ち靴を手に持ちます。
    • 泥がついている場合は払い落す前にまず乾かします。作業が簡単になるでしょう。
    • 柔らかめの靴用ブラシまたは歯ブラシでこびりついた汚れを払い落しましょう。靴底の部分もあわせて掃除し、チリやほこりといった小さな粒子も取り除いてしまいましょう。
  2. 2
    食器用洗剤とぬるま湯を用意する バケツを半分の高さまでぬるま湯で満たし、弱い食器用洗剤を15~30ミリリットル程加えます。泡立つまでかき混ぜましょう。[2]
  3. 3
    中くらいから大き目の柔らかいブラシを洗剤水の中に浸す 片手で靴を持ち、もう片方の手に持ったブラシで靴の表面をこすります。
    • かなり汚れている場合、靴の表面そのものを軽く洗剤水に浸し、靴底を強くブラシでこすりましょう。
  4. 4
    清潔なぬるま湯で洗い流す 靴全体のこすり洗いが完了したら、シンクで、あるいは別に用意しておいたバケツの清潔なぬるま湯でさっと洗い流しましょう。
  5. 5
    靴をよく乾かす 濡れた状態の靴の片方を清潔な白いタオルでくるみます。キャンバスに残っていた水分をタオルに吸収させます。もう片方の靴も同じ作業を繰り返しましょう。
    • 靴を外で自然乾燥させましょう。靴が白地の場合、直射日光にあてて少し色褪せさせましょう。[3]
    • 靴の中にタオルや白い紙を詰めて水分を吸い取らせましょう。こうすることで縮みや、歩いている時に目につく折ジワを防ぎます。[4]
    広告

方法 3 の 3:
本格的にきれいにする

  1. 1
    この方法はキャンバス生地あるいは合成繊維のVANSにのみ用いる VANSは様々な素材を用いて靴を生産しています。その中には、濡れてしまうと素材が損なわれるレザーも含まれます。製品のタグを読み、キャンバス生地かその他の合成繊維の生地であるということを確認しましょう。[5]
    • レザーやスエードのVANSを持っている人は、その他の一般的な革製品と同じ方法で汚れを落としましょう。水に浸したり洗濯用洗剤を使うことはできません。
  2. 2
    染みがある場合は前処理を行う ぬかるみの中に足を入れてしまったり、オイルや油脂がついてしまった場合は酵素配合の染み抜き剤、あるいはその他の市販製品を使い、洗濯する前に染み抜きを行いましょう。染みができてしまった箇所に染み抜きを浸透させ、そのまましばらく放置し、その間に洗濯機の準備をしましょう。
  3. 3
    冷水のデリケート洗いに設定する 靴と洗濯機の両方を破損から守るために、最も低温の水で、最も優しい洗いのサイクルに設定しましょう。洗濯機の中で靴が回転しているのは好ましい状況ではありませんが、正しく行えば問題は生じないでしょう。[6]
  4. 4
    VANSを枕カバーの中に入れる 洗濯機で洗ってしまうと、のりや縫い目が弱くなってしまうのではないかと心配する人は少なくありません。そこで、VANSを枕カバーのなかに入れて、バスタオルや小さいラグといった頑丈な布製品と一緒に洗いましょう。洗濯槽の中がある程度詰まるので、あまり激しく弾みません。靴も無事でしょう。
    • 靴を洗濯機で洗うのは半年に1回までとしましょう。それ以上の頻度で洗うと靴が破損するかもしれません。
    • インソールあるいは中敷きの破損が心配であれば、事前に取り外しておき洗濯が終わった時に戻すか、新しいものと取り替えるようにしましょう。
  5. 5
    通常の洗濯の半分の量の洗剤を使う 洗濯機洗い、あるいは手洗いの時も優しい洗剤を使い、洗濯機洗いの時は枕カバーに靴をしまいましょう。
    • 縦型の洗濯機を使用する場合、靴が水に浸っている時間を短縮するために、容量が半分になるまで待ってから靴を投入しましょう。半分でも充分に洗え、あまり長時間水に浸った状態で放置せずに済みます。
  6. 6
    自然乾燥させる 洗濯した後の靴は乾燥機にいれることはできません。キャンバス生地だけでなく靴底まで乾燥してしまい縫い目に沿って亀裂が入る恐れがあります。また、乾燥機そのものが破損してしまうかもしれません。[7]
    • 亀裂が入ろうが、できる限り早く乾かしたいという場合は、数枚のタオルと一緒に乾燥機に入れて衝撃を和らげましょう。
    広告

必要なもの

  • 歯ブラシ又は靴用のブラシ
  • 染み抜き剤
  • 日光
  • バケツ
  • 漂白剤
  • タオル
  • 中くらいから大きめの柔らかいブラシ

関連記事

How to

靴の音鳴りを止める

How to

スニーカーのサイズを広げる

How to

ドクターマーチンを履き慣らす

How to

NIKEのニセモノを見抜く

How to

靴を滑りにくくする

How to

靴に塗料を塗る

How to

ビルケンシュトックの靴をお手入れする

How to

靴ひもを隠す

How to

偽物のVANSのスニーカーを見極める

How to

コンバースの偽物を見分ける

How to

ナイキ(Nike)のスニーカーの型番を確認する

How to

靴紐の汚れを落とす

How to

靴底に付いたガムを取る

How to

ティンバーランドブーツを手入れする
広告

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む18人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。 この記事は17,238回アクセスされました。
カテゴリ:
このページは 17,238 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告