WhatsAppのオートコレクト機能を無効にする方法

共同執筆者 wikiHow編集チーム

この記事では、「WhatsApp」で誤入力が自動的に修正されないようにする方法を解説します。「WhatsApp」にはオートコレクト機能(自動修正機能)を有効または無効にするオプションがありません。しかし、パソコンやスマートフォンのオートコレクト機能を無効にすれば、「WhatsApp」で誤入力が自動的に修正されなくなります。

方法 1 の 5:
iPhoneの場合

  1. 1
    「設定」を開く まずは「設定」アプリをタップしましょう。このアプリとは、灰色の背景に歯車のようなアイコンが付いているアプリのことです。
  2. 2
    画面を下にスクロールして、「一般」をタップする 「設定」ページの上部付近にあるオプションのことで、画面を少し下にスクロールすればすぐに見つかります。
  3. 3
    画面を下にスクロールして、キーボードをタップする 「一般」ページの下半分辺りにあるオプションのことです。
  4. 4
    「自動修正」の右側にある緑色のスイッチをタップする スイッチが白色になります。これで、「WhatsApp」などのメッセージングアプリや文字入れアプリで誤入力をしたときに、自動的に修正されなくなります。
    • また、「自動大文字入力」という緑色のスイッチをタップすると、自動で大文字が入力されなくなります。
    広告

方法 2 の 5:
Androidの場合

  1. 1
    「設定」を開く 画面を上から下にスワイプして、通知パネルをプルダウンし、メニューの右上にある設定アイコンをタップします。
    • Androidによっては、2本の指で下にスワイプしないと通知パネルが表示されない場合があります。
  2. 2
    画面を下にスクロールして、システムをタップする ページの一番下にあるオプションのことです。
    • 「設定」ページに言語と入力または言語とキーボードというオプションが表示されている場合は、そのオプションをタップして、次の手順をスキップしましょう。
  3. 3
    言語と入力をタップする 「システム」メニューの上部付近にあります。
  4. 4
    仮想キーボードをタップする ページの上部付近にあるオプションのことです。このオプションをタップすると、インストールされているキーボードの一覧が表示されます。
  5. 5
    キーボードを選択する デフォルトに設定されているキーボード(Google日本語入力など)をタップします。
  6. 6
    テキストの修正をタップする キーボードメニューの上部付近にあります。[1]
  7. 7
    「自動修正」の右側にある緑色のスイッチをタップする スイッチが灰色になります。これで、「WhatsApp」などのメッセージングアプリや文字入れアプリで誤入力をしたときに、自動的に修正されなくなります。
    • 上記のページから「自動大文字変換」機能を無効にすることもできます。
    • Androidの画面サイズによっては、ページを下にスクロールしないと「自動修正」のスイッチが見つからない場合があります。
    広告

方法 3 の 5:
Samsung Galaxyの場合

  1. 1
  2. 2
    画面を下にスクロールして、一般管理をタップする 「設定」メニューの下部付近にあります。
  3. 3
    言語とキーボードをタップする 「一般管理」ページの一番上にあるオプションのことです。
  4. 4
    オンスクリーンキーボードをタップする 「キーボード」という項目にあります。
  5. 5
    キーボードを選択する 現在設定されているキーボード(Galaxyキーボードなど)をタップします。
  6. 6
    「予測テキスト」の右側にある青色のスイッチをタップする 画面の上部付近にある「予測テキスト」という見出しの右側にあります。このスイッチをタップすると、スイッチが白色になり、「WhatsApp」などのメッセージングアプリや文字入れアプリで誤入力をしたときに、自動的に修正されなくなります。
    広告

方法 4 の 5:
Windowsの場合

  1. 1
  2. 2
    自動修正と入力する オートコレクト機能に関する設定メニューの検索が行われます。
  3. 3
    スペルミスの語句を自動修正するをクリックする 「スタート」メニューの一番上に表示されます。
  4. 4
    「スペルミスの語句を自動修正する」の下にあるスイッチを「オン」にスライドする 「スペルミスの語句を自動修正する」という見出しの下にあります。このスイッチを「オン」にスライドすると、「WhatsApp」などのプログラムにおけるオートコレクト機能が無効になります。
    広告

方法 5 の 5:
Macの場合

  1. 1
  2. 2
    システム環境設定...をクリックする ドロップダウンメニューの上部付近にあるオプションのことです。
  3. 3
    キーボードをクリックする 「システム環境設定」ウィンドウに配置されています。このオプションをクリックすると、新しいウィンドウが表示されます。
  4. 4
    ユーザ辞書をクリックする 「キーボード」ウィンドウの上部にあるタブのことです。
  5. 5
    「英字入力中にスペルを自動変換」のチェックボックスからチェックを外す 「キーボード」ウィンドウの上部にあります。このチェックボックスからチェックを外すと、「WhatsApp」などのプログラムで誤入力が自動的に修正されなくなります。
    広告

ポイント

  • Androidを使っている場合は、キーボードオプションに付いているラベルが上記のものと少し違うかもしれません。例えば、言語と入力というオプションではなく言語とキーボードというオプションの場合があります。

広告

注意事項

  • 「WhatsApp」には、そのアプリ内のオートコレクト機能を無効にするオプションがありません。つまり、「WhatsApp」のオートコレクト機能を無効にするということは、他のメッセージングアプリや文字入れアプリのオートコレクト機能も無効にするということになります。
広告

この記事は役に立ちましたか?

広告