PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

この記事では、Windowsのコマンドラインからバッチファイル(.BAT)を実行する方法を紹介します。バッチファイルを実行するには、「ファイル名を指定して実行」ダイアログから行うか、ターミナル画面にコマンドを入力します。

方法 1
方法 1 の 2:
「ファイル名を指定して実行」ダイアログを利用する

  1. 1
    Win+Rを押す 「ファイル名を指定して実行」ダイアログが開きます。
    • 管理者としてバッチファイルを実行する必要がある場合は、代わりにこちらの方法を参照しましょう。
  2. 2
    参照…をクリックする
  3. 3
    バッチファイルのあるフォルダに行く
  4. 4
    バッチファイルを1回クリックして選択する ファイルがハイライト表示されます。
  5. 5
    開くをクリックする 選択したバッチファイルへのフルパスが「ファイル名を指定して実行」ダイアログに貼り付けられます。
  6. 6
    OKをクリックする バッチファイルがターミナル画面で開いて実行されます。実行が終了すると、画面一番下に「続行するには何かキーを押してください...」と表示されます。
  7. 7
    任意のキーを押す コマンド実行後にターミナル画面が閉じます。
    広告

方法 2
方法 2 の 2:
ターミナル画面を利用する

  1. 1
  2. 2
    検索バーにcmdと入力する 検索内容に一致する結果が一覧表示されます。
  3. 3
    コマンドプロンプトを右クリックする メニューが表示されます。
  4. 4
    管理者として実行をクリックする 確認メッセージが表示されます。
  5. 5
    はいをクリックする コマンドラインが上級レベル(管理者レベル)で開きます。
  6. 6
    cdに続けてバッチファイルのあるフォルダへのフルパスを入力する 例えば次のように入力します。
    • バッチファイルがデスクトップにある場合は、cd \Users\[自分のログイン名]\Desktopと入力します。
    • バッチファイルがダウンロードフォルダにある場合は、cd \Users\[自分のログイン名]\Downloadsと入力します。
    • 自分のログイン名が分からない場合は、cd \Usersと入力して Enterを押し、ユーザーフォルダに行きます。それから、dirと入力して Enterを押し、ログイン名一覧を表示して確認しましょう。
  7. 7
    Enterを押す [Enter]を押すことで、バッチファイルがあるディレクトリ(フォルダ)に移動します。
  8. 8
    バッチファイル名を入力する 例えば、バッチファイルの名前が「program.bat」ならば、program.batと入力します。
    • ファイル名が分からない場合は、dirと入力して Enterを押し、フォルダ内のファイルを表示しましょう。そうすれば、バッチファイルの名前が分かります。
  9. 9
    Enterを押す バッチファイルが実行されます。
    広告

関連記事

BIOSを初期化するBIOSを初期化する
ファンクションキーを解除するファンクションキーを解除する
DLLファイルを開くDLLファイルを開く
Windows10でCDトレイを開くWindows10でCDトレイを開く
Windowsで画面を拡大する
Windows10で管理者(Administrator)としてログインするWindows10で管理者(Administrator)としてログインする
Windows 8のプロダクトキーを確認するWindows 8のプロダクトキーを確認する
Word文書をJPEGに変換するWord文書をJPEGに変換する
EXEファイルを開くEXEファイルを開く
コマンドプロンプトで前のディレクトリに戻るコマンドプロンプトで前のディレクトリに戻る
リカバリーディスクを使わずにWindows 7を再インストールするリカバリーディスクを使わずにWindows 7を再インストールする
Windowsのライセンス認証の通知を停止するWindowsのライセンス認証の通知を停止する
macOSをWindowsパソコンにインストールするmacOSをWindowsパソコンにインストールする
コマンドプロンプトでプログラムを実行するコマンドプロンプトでプログラムを実行する
広告

このwikiHow記事について

Nicole Levine, MFA
共著者 ::
IT専門家
この記事の共著者 : Nicole Levine, MFA. ニコール・レヴィンはwikiHowに勤務するテクノロジーライター兼編集者です。技術文章の作成に関し20年以上の経験があり、現在まで大手のウェブホスティング会社やソフトウェア開発会社のチームリーダーを務めてきました。ポートランド州立大学にてクリエイティブライティングの修士号を取得し、様々な教育施設にて作文、小説創作、Zine(個人制作の冊子)の作り方について講義を行っています。 この記事は4,660回アクセスされました。
カテゴリ: PC/Windowsシステム
このページは 4,660 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告