PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

このwikiHowでは、デスクトップパソコンを利用して、Microsoft Outlookの利用可能な最新版のソフトウェア更新プログラムをダウンロードおよびインストールする方法を紹介します。

方法 1
方法 1 の 3:
WindowsでOutlook 2013または2016を使用している場合

  1. 1
    パソコンでMicrosoft Outlookを開く Outlookは、封筒に「O」が覆いかぶさっているアイコンのアプリです。通常「スタート」メニューの中にあります。
  2. 2
    ファイルタブをクリックする Outlookアプリのウィンドウの左上角にあるボタンです。クリックすると、新しいメニューが開き、ファイルオプションが表示されます。
  3. 3
    「ファイル」メニューにあるアカウントをクリックする 新しいページが開き、自分のアカウントおよびソフトウェアの情報が表示されます。
    • いくつかのバージョンでは、このオプションはOfficeアカウントと表記されている場合があります。
  4. 4
    製品情報の下にある更新オプションボタンをクリックする 製品情報のセクションには、ソフトウェアの詳細が記載されています。このボタンをクリックすると、更新ツールのドロップダウンメニューが開きます。
  5. 5
    ドロップダウンメニューにある今すぐ更新をクリックする オンラインで利用可能なアップデートがチェックされて、パソコンに最新版のソフトウェア更新プログラムがインストールされます。
    • ここで、「今すぐ更新」が表示されない場合は、最初に更新を有効にするをクリックします。すると、ドロップダウンメニューに「今すぐ更新」ボタンが表示されるはずです。
    広告

方法 2
方法 2 の 3:
WindowsでOutlook 2010を使用している場合

  1. 1
    パソコンでMicrosoft Outlookを開く Outlookは、封筒に「O」が覆いかぶさっているアイコンのアプリです。通常「スタート」メニューの中にあります。
  2. 2
    ファイルタブをクリックする Outlookアプリのウィンドウの左上角にあるボタンです。
  3. 3
    「ファイル」メニューにあるヘルプをクリックする 左端に並んでいるメニューから「ヘルプ」を探し、クリックまたはマウスポインタをかざしてオプションを表示させます。
  4. 4
    「ヘルプ」メニューにある更新プログラムのチェックをクリックする 利用可能なアップデートがチェックされて、パソコンに最新版のソフトウェア更新プログラムがダウンロードされます。
    • いくつかのバージョンでは、このオプションは更新プログラムのインストールと表記されている場合があります。
    • Outlook 2010をアップデートする前に、パソコン自体が最新版にアップデートされていることを確認しましょう。Windowsシステムが最新版にアップデートされていない場合は、Outlookをアップデートしようとした際に、Microsoftのウェブサイトに誘導させられます。
    広告

方法 3
方法 3 の 3:
MacでOutlookを使用している場合

  1. 1
    パソコンでMicrosoft Outlookを開く Outlookは、封筒に「O」が覆いかぶさっているアイコンのアプリです。通常「アプリケーション」フォルダの中にあります。
  2. 2
    ヘルプタブをクリックする 画面上部のメニューバーにあるウィンドウの次に位置しているタブです。クリックすると、ドロップダウンメニューが開きます。
  3. 3
    更新プログラムのチェックをクリックする 新しいポップアップウィンドウが開き、Microsoft AutoUpdate(自動更新)ウィザードが表示されます。
  4. 4
    AutoUpdateウィンドウで手動チェックを選択する このオプションを選ぶと、自動でアップデートのチェックが行われることなく、手動でチェックできます。
    • ここで自動チェックを選択し、毎日毎週または毎月を選択しても構いません。この設定により、以降Outlookは新しいアップデートを自動的にチェックします。
  5. 5
    更新プログラムのチェックボタンをクリックする AutoUpdateウィンドウの右下角にあるボタンです。クリックすると、利用可能なアップデートがあるかどうかの確認が行われます。
    • Outlookが利用可能なアップデートを見つけた場合は、インストールするかまたはスキップするかの確認画面が表示されます。
    • 利用可能なアップデートがない場合は、ポップアップ通知が表示されます。OKをクリックして、通知を閉じます。
    広告

注意事項

  • Outlookを確認してアップデートするためには、利用可能なインターネット接続が必要です。
広告

関連記事

Nintendo SwitchをDiscordに配信するNintendo SwitchをDiscordに配信する
USBメモリーに音楽を入れるUSBメモリーに音楽を入れる
HPでスクリーンショットを撮るHPでスクリーンショットを撮る
Instagramアカウントのロックを解除するInstagramアカウントのロックを解除する
iPhoneでApple IDの主電話番号を変更するiPhoneでApple IDの主電話番号を変更する
Windows PCでコマンドプロンプトからexeを実行するWindows PCでコマンドプロンプトからexeを実行する
Spotifyの再生時間を確認するSpotifyの再生時間を確認する
マウスの代わりにキーボードでクリックするマウスの代わりにキーボードでクリックする
Webページの画面をコピーするWebページの画面をコピーする
液晶モニターを修理する液晶モニターを修理する
2台のパソコンを接続する2台のパソコンを接続する
ゼロになったノートパソコンのバッテリーを復活させるゼロになったノートパソコンのバッテリーを復活させる
ノートパソコンのカメラで写真を撮るノートパソコンのカメラで写真を撮る
パソコン上で開いているすべてのウィンドウを一覧するパソコン上で開いているすべてのウィンドウを一覧する
広告

このwikiHow記事について

wikiHow編集チーム
共著者 ::
wikiHowスタッフライター
この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

wikiHowのコンテンツ管理チームは、編集チームが編集した記事を細心の注意を払って精査し、すべての記事がwikiHowの高品質基準を満たしているかどうかを確認しています。 この記事は12,779回アクセスされました。
カテゴリ: コンピューター
このページは 12,779 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告