この記事では、Windows 10の自動更新が行われないようにする方法を紹介します。残念ながら、自動更新を完全に無効にする方法はありませんが、「サービス」というプログラムを使用するか、Wi-Fiネットワーク接続を従量制課金接続として設定して、自動更新を無期限に延期することはできます。また、必要に応じてコンピュータ上のアプリやドライバーの自動更新を無効にすることも可能です。

方法 1 の 4:
自動更新サービスを無効にする

  1. 1
    この方法の限界を理解する 自動更新サービスを無効にすると、Windows 10の累積的な更新プログラムの自動ダウンロードが一時的に停止しますが、一定の時間が経過するとサービスは再び有効になります。
  2. 2
    「スタート」メニュー
    Windowsstart.pngというタイトルの画像
    を開く 
    画面左下にあるWindowsのロゴマークをクリックします。
  3. 3
    サービスと入力する 「サービス」というプログラムが検索されます。
  4. 4
    サービスをクリックする 「スタート」メニュー上部の歯車の形をしたアイコンのすぐ右にあり、クリックすると「サービス」ウィンドウが表示されます。
  5. 5
    「Windows Update」まで下にスクロールする ウィンドウの下部にあります。
  6. 6
    「Windows Update」をダブルクリックする 「Windows Updateのプロパティ」ウィンドウが表示されます。
  7. 7
    「スタートアップの種類」ドロップダウンボックスをクリックする ウィンドウの中央にあり、クリックするとドロップダウンメニューが表示されます。
    • これが表示されていない場合は、まず「Windows Updateのプロパティ」ウィンドウの上部にある全般をクリックして、正しいタブが表示されていることを確認しましょう。
  8. 8
    無効をクリックする ドロップダウンメニュー内にあります。これで当分の間、Windows Updateサービスが自動的に起動することはありません。
  9. 9
    停止をクリックする ウィンドウの下部にあり、クリックするとWindows Updateサービスの実行が停止されます。
  10. 10
    適用をクリックし、OKをクリックする どちらもウィンドウの下部にあり、クリックすると設定が適用され、「Windows Updateのプロパティ」ウィンドウが閉じます。これで、Windows Updateサービスが無効になるはずです。
  11. 11
    自動更新サービスを定期的にチェックする コンピュータを再起動したときや、2日以上シャットダウンしなかったときは「サービス」を起動し、「Windows Update」が無効のままになっていることを確認しましょう。Windows Updateサービスが有効に戻ることはめったにないはずですが、時々有効に戻ってしまうことがあります。
    • 「Windows Update」という見出しの右側に「無効」と表示されている場合は、Windows Updateが無効のままになっています。
    • 「Windows Update」という見出しの右側に「無効」以外が表示されている場合は、もう一度Windows Updateを無効にしましょう。
    広告

方法 2 の 4:
従量制課金接続を使用する

  1. 1
    この方法はイーサネットネットワーク接続では用いることができない この方法で自動更新を無効にできるのは、Wi-Fiネットワーク接続の場合のみです。
  2. 2
    「スタート」メニュー
    Windowsstart.pngというタイトルの画像
    を開く 
    画面左下にあるWindowsのロゴマークをクリックすると、スタートメニューがポップアップ表示されます。
  3. 3
    「設定」
    Windowssettings.pngというタイトルの画像
    を開く 
    「スタート」メニューの左下にある歯車の形をしたアイコンをクリックすると、「設定」ウィンドウが表示されます。
  4. 4
    「ネットワークとインターネット」
    Windowsnetwork.pngというタイトルの画像
    をクリックする 
    「設定」ウィンドウにあります。
  5. 5
    Wi-Fiタブをクリックする ウィンドウの左上にあります。
  6. 6
    現在接続しているネットワーク名をクリックする 画面上部にあり、クリックするとWi-Fiネットワーク接続の設定画面が表示されます。
  7. 7
    「従量制課金接続として設定する」まで下にスクロールする 画面下部にあります。
  8. 8
    「オフ」スイッチ
    Windows10switchoff.pngというタイトルの画像
    をクリックする 
    これで、スイッチが「オン」になり、現在接続しているネットワーク経由で更新プログラムをダウンロードできなくなります。[1]
    • このスイッチが青色で「オン」と表示されている場合は、すでにWi-Fiネットワーク接続が従量制課金接続として設定されています。
    広告

方法 3 の 4:
ローカルグループポリシーエディターを使用する

  1. 1
    使用しているWindowsのバージョンが正しいことを確認する Windows 10 Proまたはその他同等エディションで、Anniversary Update以前のバージョンが必要になります。ただし、Windows 10 Homeを使用している場合、この方法を用いることはできません。
    • また、Windows 10 EducationおよびWindows 10 Enterpriseにもローカルグループポリシーエディターがインストールされています。
    • Windowsのバージョンを確認するには、スタートメニューの検索ボックスにシステム情報と入力して「スタート」メニューの上部にあるシステム情報をクリックし、「OS名」という見出しの右側にある「Microsoft Windows 10 Pro」のところを確認します。
    • Windows 10 Anniversary Updateでは、ローカルグループポリシーエディターから自動更新を無効にするオプションが削除されました。
  2. 2
    「スタート」メニュー
    Windowsstart.pngというタイトルの画像
    を開く 
    画面左下にあるWindowsのロゴマークをクリックします。
  3. 3
    ファイル名を指定して実行と入力する 「ファイル名を指定して実行」というプログラムが検索されます。
  4. 4
    ファイル名を指定して実行をクリックする 「スタート」ウィンドウの上部にある封筒が高速で動いているようなアイコンのことで、クリックすると「ファイル名を指定して実行」というプログラムが画面左下に表示されます。
  5. 5
    「ローカルグループポリシーエディター」を起動する 「ファイル名を指定して実行」ウィンドウにgpedit.mscと入力し、OKをクリックすると、「ローカルグループポリシーエディター」ウィンドウが表示されます。
  6. 6
    「Windows Update」フォルダにアクセスする 「ローカルグループポリシーエディター」ウィンドウの左側にあるサイドバーで、以下の操作を行います。
  7. 7
    自動更新を構成するをクリックする 「ローカルグループポリシーエディター」のメインウィンドウに表示されている項目で、クリックするとその項目が選択されます。
  8. 8
    「自動更新を構成するのプロパティ」ウィンドウを表示する 選択した自動更新を構成するという項目を右クリックし、ドロップダウンメニューから編集を選択します。[2]
  9. 9
    「有効」ラジオボタンをオンにする ウィンドウの左上にあります。
  10. 10
    「自動更新の構成」ドロップダウンボックスをクリックする ウィンドウの左側にあります。
  11. 11
    2-ダウンロードとインストールを通知をクリックする ドロップダウンメニュー内にあり、クリックすると更新プログラムのインストール時に確認ダイアログボックスが表示され、その際に更新プログラムを拒否できるようになります。
  12. 12
    適用をクリックし、OKをクリックする 変更内容が保存されます。
  13. 13
    変更内容を適用する 以下の操作を行います。
    • スタートメニューを開きます。
    • 設定を開きます。
    • 更新とセキュリティをクリックします。
    • Windows Updateをクリックします。
    • 更新プログラムのチェックをクリックします。
    • 利用可能な更新プログラムが検出されるまで待ちます(これらの更新プログラムがインストールされるわけではありません)。
  14. 14
    コンピュータを再起動する 「スタート」ボタンをクリックして電源をクリックし、ポップアップメニューから再起動を選択しましょう。コンピュータの再起動が完了すると、更新プログラムの設定が保存されます。
    • 利用可能な更新プログラムが検出されたときに、更新プログラムを手動で許可することも可能です。
    広告

方法 4 の 4:
Microsoft Storeの自動更新を無効にする

  1. 1
    「スタート」メニュー
    Windowsstart.pngというタイトルの画像
    を開く 
    画面左下にあるWindowsのロゴマークをクリックすると、スタートメニューがポップアップ表示されます。
  2. 2
    「Microsoft Store」
    Microsoft Store app icon v3.pngというタイトルの画像
    をクリックする 
    通常、「Microsoft Store」はスタートメニューの右側にあるはずです。
    • スタートメニューに「Microsoft Store」アイコンが表示されていない場合は、「スタート」メニューの検索ボックスにstoreと入力し、「スタート」メニューの上部にMicrosoft Storeが表示されたら、それをクリックしましょう。
  3. 3
    をクリックする ウィンドウの右上にあり、クリックするとドロップダウンメニューが表示されます。
    • Windows 10のバージョンが古い場合は、「Microsoft Store」ウィンドウの左上にあるプロフィール写真をクリックしましょう。
  4. 4
    設定をクリックする ドロップダウンメニュー内にあります。
  5. 5
    「アプリを自動的に更新」スイッチ(青)
    Windows10switchon.pngというタイトルの画像
    をクリックする 
    スイッチが「オフ」になります。
    • このスイッチが「オフ」になっている場合は、すでにWindowsアプリの自動更新が無効になっています。
    広告

ポイント

  • 通常、自動更新でWindowsのパフォーマンスとセキュリティは向上しますが、古いコンピュータでは更新によって動作が遅くなることもあります。
広告

注意事項

  • Windows Updateを無効にすると、システムがマルウェアに対して脆弱になってしまうので、Windowsの自動更新は無効にしないほうが望ましいでしょう。
広告

関連記事

DLLファイルを開くDLLファイルを開く
BIOSを初期化するBIOSを初期化する
macOSをWindowsパソコンにインストールするmacOSをWindowsパソコンにインストールする
Windows10で管理者(Administrator)としてログインするWindows10で管理者(Administrator)としてログインする
Windowsのライセンス認証の通知を停止するWindowsのライセンス認証の通知を停止する
コマンドプロンプトでプログラムを実行するコマンドプロンプトでプログラムを実行する
Internet Explorerを完全にアンインストールするInternet Explorerを完全にアンインストールする
Windows 10でActive DirectoryをインストールするWindows 10でActive Directoryをインストールする
DNSサーバーが応答しない問題を解決するDNSサーバーが応答しない問題を解決する
コマンドプロンプトで前のディレクトリに戻るコマンドプロンプトで前のディレクトリに戻る
Windows 8のプロダクトキーを確認するWindows 8のプロダクトキーを確認する
Intel® Core i5のターボブーストを有効にするIntel® Core i5のターボブーストを有効にする
コマンドプロンプトでディレクトリを変更するコマンドプロンプトでディレクトリを変更する
Microsoft Storeでダウンロードできない不具合に対処するMicrosoft Storeでダウンロードできない不具合に対処する
広告

このwikiHow記事について

この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

wikiHowのコンテンツ管理チームは、編集チームが編集した記事を細心の注意を払って精査し、すべての記事がwikiHowの高品質基準を満たしているかどうかを確認しています。
カテゴリ: PC/Windowsシステム
このページは 276 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告