この記事では、WindowsまたはMacのパソコンで、Microsoft Wordドキュメントにチェックマーク(✓)を入力する方法を紹介します。Microsoft Wordには記号メニューが備わっており、たいていはここにチェックマークのアイコンも含まれていますが、Wordでチェックマークが見つからない場合は、パソコンの記号メニューを使用することも可能です。

方法 1 の 4:
WindowsパソコンでWordを使う

  1. 1
    Microsoft Wordドキュメントを開く チェックマークを挿入したいWordドキュメントをダブルクリックします。
    • 新規のドキュメントを作成する場合は、Wordアプリのアイコンをダブルクリックし、メインページの空白のドキュメントをクリックします。
  2. 2
    チェックマークを挿入する位置を選択する チェックマークを挿入する場所までスクロールし、挿入位置をクリックします。クリックすると、点滅するカーソルが表示されます。
  3. 3
    挿入タブをクリックする このタブは、Wordの画面上部の青いツールバーにあります。
  4. 4
    記号をクリックする この項目は、挿入ツールバーの右端にあるオメガ記号(Ω)です。クリックすると、ドロップダウンメニューが表示されます。
  5. 5
    「チェックマーク」アイコンをクリックする 通常、チェックマークアイコンは記号ドロップダウンメニューにあります。クリックすると、Wordドキュメントのカーソルの位置にチェックマークが挿入されます。
  6. 6
    ドロップダウンメニューにない場合は、チェックマークを探す 記号ドロップダウンメニューにチェックマークがない場合は、以下を実行します。
    • その他の記号をクリックする
    • 「フォント」テキストフィールドをクリックする
    • wingdings 2を入力し、 Enterを押す
    • チェックマークが見つかるまでスクロールダウンし、チェックマークをクリックする
    • 挿入をクリックする
    広告

方法 2 の 4:
MacでWordを使う

  1. 1
    Microsoft Wordドキュメントを開く チェックマークを挿入したいWordドキュメントをダブルクリックします。
    • 新規のドキュメントを作成する場合は、「アプリケーション」フォルダでWordアプリのアイコンを選択し、ファイルをクリックしたら、新規ドキュメントオプションをクリックします。
  2. 2
    チェックマークを挿入する位置を選択する チェックマークを挿入する場所までスクロールし、挿入位置をクリックします。クリックすると、点滅するカーソルが表示されます。
  3. 3
    メニュー項目の挿入をクリックする Macの画面上部にあるメニュー項目です。クリックすると、ドロップダウンメニューが表示されます。
    • このメニュー項目の挿入は、Word画面の上部にある挿入オプションとは別のものです。
  4. 4
    特殊記号をクリックする このオプションはドロップダウンメニューにあります。クリックすると「記号」ウィンドウが表示されます。[1]
  5. 5
    記号タブをクリックする  記号ウィンドウの上部にあります。
  6. 6
    「チェックマーク」アイコンをクリックする 表示されている記号をスクロールし、チェックマークを見つけたら、クリックします。
    • チェックマークアイコンが見つからない場合は、「フォント」ドロップダウンメニューをクリックします。スクロールダウンしてWingdings 2を選択し、チェックマークを探します。
  7. 7
    挿入をクリックする このボタンはウィンドウ下部にあります。クリックすると、Wordドキュメントのカーソルがある位置にチェックマークが挿入されます。
    広告

方法 3 の 4:
Windowsの文字コード表を使用する

  1. 1
    スタート
    Windowsstart.pngというタイトルの画像
    を開く 
    画面左下にあるWindowsのロゴをクリックします。スタートメニューが開きます。
  2. 2
    文字コード表と入力する 入力すると、パソコンの文字コード表プログラムを検索します。
  3. 3
    文字コード表をクリックする  スタートメニューの上部に表示されます。クリックすると、文字コード表ウィンドウが開きます。
  4. 4
    「フォント」ドロップダウンボックスをクリックする 「文字コード表」ウィンドウの上部にあります。
  5. 5
    スクロールダウンし、Wingdings 2をクリックする これは「フォント」ドロップダウンメニューにありますが、見つけるには、おそらく下の方までスクロールする必要があります。
  6. 6
    チェックマークアイコンを選択する 記号の3列目にあるチェックマークをクリックし、「文字コード表」ウィンドウの下部にある選択をクリックします。
  7. 7
    コピーをクリックする 「文字コード表」ウィンドウの下部にあります。クリックすると、チェックマークアイコンがコピーされます。
  8. 8
    Microsoft Wordドキュメントを開く チェックマークを挿入したいWordドキュメントをダブルクリックします。
    • 新規のドキュメントを作成する場合は、Wordアプリのアイコンをダブルクリックし、メインページの空白のドキュメントをクリックします。
  9. 9
    チェックマークを挿入する位置を選択する チェックマークを挿入する場所までスクロールし、挿入位置をクリックします。クリックすると、点滅するカーソルが表示されます。
  10. 10
    記号をペーストする Ctrl+Vを押して、記号をペーストします。Microsoft Wordドキュメントにチェックマークが表示されるはずです。
    広告

方法 4 の 4:
Macの記号メニューを使用する

  1. 1
    Microsoft Wordドキュメントを開く チェックマークを挿入したいWordドキュメントをダブルクリックします。
    • 新規のドキュメントを作成する場合は、「アプリケーション」フォルダでWordアプリのアイコンを選択し、ファイルをクリックしたら、新規ドキュメントオプションをクリックします。
  2. 2
    チェックマークを挿入する位置を選択する チェックマークを挿入する場所までスクロールし、挿入位置をクリックします。クリックすると、点滅するカーソルが表示されます。
  3. 3
    編集をクリックする このメニューは画面上部にあります。クリックすると、ドロップダウンメニューが表示されます。
  4. 4
    絵文字と記号をクリックする このオプションは編集ドロップダウンメニューの下の方にあります。クリックすると、「文字ビューア」ウィンドウが開きます。
  5. 5
    箇条書き/星タブをクリックする このタブは「文字ビューア」ウィンドウの左側にあります。[2]
    • 先にウィンドウの右側にある箱型の「拡張」アイコンをクリックする必要があるかもしれません。
  6. 6
    チェックマーク記号を探す ウィンドウの中央に様々な種類のチェックマーク記号が表示されます。
  7. 7
    チェックマーク記号をダブルクリックする ダブルクリックすると、Wordドキュメントのカーソルの位置にチェックマーク記号が挿入されます。
    広告

ポイント

  • Macでは、ショートカットキーの Option+Vを使用して、チェックマークを挿入することもできます。
  • チェックマークを1つ挿入したら、Ctrl+C (Windows)または Command+C(Mac)を押してチェックマークをコピーし、 Ctrl+V (Windows)または Command+V(Mac)を押せば、どこでも好きな場所にペーストできます。
広告

注意事項

  • Word以外の一部のプログラムでは、チェックマークが認識されない、または正しく表示されない場合があります。
広告

関連記事

メモ帳をExcelに変換するメモ帳をExcelに変換する
Wordで文字を曲げるWordで文字を曲げる
WordでXバー(平均値の記号)を入力するWordでXバー(平均値の記号)を入力する
Word文書をPowerPointに変換するWord文書をPowerPointに変換する
PowerPointのファイルサイズを縮小するPowerPointのファイルサイズを縮小する
2ページ目以降のヘッダーを削除する2ページ目以降のヘッダーを削除する
Microsoft Officeを別のパソコンに移行するMicrosoft Officeを別のパソコンに移行する
ExcelでシートをリンクさせるExcelでシートをリンクさせる
2つのExcelファイルを比較する2つのExcelファイルを比較する
Microsoft Outlookで不在時の自動応答を設定するMicrosoft Outlookで不在時の自動応答を設定する
PowerPointをWordに変換するPowerPointをWordに変換する
タブ区切りのテキストをExcelにコピー&ペーストするタブ区切りのテキストをExcelにコピー&ペーストする
英語のPowerPointで画像を引用する英語のPowerPointで画像を引用する
Excelで引き算をするExcelで引き算をする
広告

このwikiHow記事について

JL
共著者 ::
IT専門家
この記事の共著者 : Jack Lloyd. テクノロジーマニアのジャック・ロイドは、wikiHowのテクノロジーライター兼編集者です。2年以上にわたりIT関連記事の執筆と編集を行っています。英語教師としても活躍しています。
カテゴリ: オフィス
このページは 411 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告