PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

この記事では、XMLファイルのコードを確認する方法を紹介します。XMLファイルのコードは、パソコンに搭載されているテキストエディタ、ブラウザ、またはオンラインのXMLビューアで表示することができます。 [カテゴリ:マルチメディア]]

方法 1 の 3:
テキストエディタを使う

  1. 1
    任意のXMLファイルを選びましょう。パソコンの「プログラムから開く」オプションを使用して、テキストエディタでXMLファイルを開くことができます。テキストエディタでは、XMLコードは単色で表示されます。
  2. 2
    XMLファイルを右クリックしましょう。ドロップダウンメニューが表示されます。
    • Macでは、XMLファイルをクリックし、画面左上の「ファイル」をクリックします。
  3. 3

    プログラムから開くを選択しましょう。これはドロップダウンメニューの真ん中あたりにあります。クリックするとポップアップメニューが表示されます。

    • Macでは、「ファイル」のドロップダウンメニューにある、「このアプリケーションから開く」を選択します。
    • Windowsで「プログラムから開く」が見当たらない場合は、XMLファイルを一回クリックし、選択した状態にしてから右クリックしましょう。
  4. 4
    パソコンのテキストエディタを選択しましょう。Windowsでは「メモ帳」をクリック、Macでは「テキストエディット」をクリックします。クリックすると、XMLファイルのコードがテキストエディタで開きます。
  5. 5
    XMLファイルのコードを確認しましょう。テキスエディタで表示すると、XMLファイルの実際のフォーマット(設定がある場合)は適用されませんが、XMLファイルを構成しているコードが確認できます。
    広告

方法 2 の 3:
ブラウザを使う

  1. 1
    お好みのブラウザを開きましょう。XMLファイルのコードを表示できる主要なウェブブラウザは、次の通りです。マイクロソフトのEdgeでは表示できません。
    • Google Chrome
    • Firefox
    • Safari
  2. 2
    新しいタブを開きましょう。「新しいタブ」ボタンをクリックして、新しいタブを開きます。通常このボタンは、ウィンドウ上部にある一番右端のタブの右隣にあります。
    • 多くのブラウザでは、Windowsの場合はCtrl+T、Macの場合は Command+Tを押すと新しいタブが開きます。
  3. 3
    XMLファイルをブラウザにドラッグしましょう。XMLファイルの保存場所を開いてファイルをクリックし、ブラウザウィンドウ内へドラッグアンドドロップします。
  4. 4
    表示されたコードを確認しましょう。ブラウザにXMLファイルをドラッグアンドドロップすると、コードがツリービューで表示されます。
    • XMLコードのメインタグの左側にある+ or -(Cromeの場合は三角印)をクリックして、コードを閉じたり開いたりすることができます。
    広告

方法 3 の 3:
XMLビューアを使う

  1. 1
    XMLビューアのウェブサイトを開きましょう。パソコンのウェブブラウザで http://www.xmlviewer.org/ を開きます。このビューアを使ってXMLファイルをアップロードし、コードを確認することができます。また、別のフォーマットを適用してコードを見ることも可能です。
  2. 2

    Browseをクリックしましょう。このボタンはウィンドウ上部にあります。クリックすると、Windowsではエクスプローラーが、MacではFinderウィンドウが開きます。

  3. 3
    任意のXMLファイルを選択しましょう。XMLファイルの保存場所へ行き、ファイルを一回クリックして選択します。
  4. 4

    開くをクリックしましょう。 このボタンはウィンドウの右下にあります。XMLファイルがビューアにアップロードされ、ウィンドウの左側にコードが表示されます。

  5. 5

    Formatをクリックしましょう。 このボタンはウィンドウの真ん中あたりにあります。クリックすると、ウィンドウの右側にある「Result」欄に、XMLファイルのコードが色つきのフォーマットで表示されます。

    • 黒以外の同じ色の部分は、同じ種類のコードだということを示しています。例えば、タグは全て緑色で表示されています。
  6. 6
    ツリービューを使用しましょう。ウィンドウの真ん中あたりにある、緑色の「Tree」ボタンをクリックすると、「Result」欄のコードの書式が整えられ、読みやすくなります。
    • 「Tree View Result」欄の各メインタグをクリックして、コードを開いたり閉じたりすることができます。
    広告

ポイント

  • Windows搭載のパソコンでは、Notepad++を使用してXMLファイルのコードを色つきのフォーマットで確認することもできます。
広告

注意事項

  • ほとんどの場合、XMLファイルには特定の書式が設定されていません。そのため、コードを表示しても、整った状態ではなく乱雑なコーディング言語が現れるだけのこともあります。
広告

関連記事

USBメモリーに音楽を入れるUSBメモリーに音楽を入れる
ノートパソコンのカメラで写真を撮るノートパソコンのカメラで写真を撮る
HPでスクリーンショットを撮るHPでスクリーンショットを撮る
特定のウェブサイトにアクセスできない問題を解決する特定のウェブサイトにアクセスできない問題を解決する
ファンクションキーを解除するファンクションキーを解除する
Windows PCでコマンドプロンプトからexeを実行するWindows PCでコマンドプロンプトからexeを実行する
Chromeでタブを切り替えるChromeでタブを切り替える
パソコンにヘッドセットを接続するパソコンにヘッドセットを接続する
CapsLockを解除するCapsLockを解除する
ゼロになったノートパソコンのバッテリーを復活させるゼロになったノートパソコンのバッテリーを復活させる
マウスの代わりにキーボードでクリックするマウスの代わりにキーボードでクリックする
大容量の動画ファイルをメールで送る大容量の動画ファイルをメールで送る
ワイヤレスで印刷できるようにノートパソコンを設定する
パソコンのRAMを確認するパソコンのRAMを確認する
広告

このwikiHow記事について

JL
共著者 ::
IT専門家
この記事の共著者 : Jack Lloyd. テクノロジーマニアのジャック・ロイドは、wikiHowのテクノロジーライター兼編集者です。2年以上にわたりIT関連記事の執筆と編集を行っています。英語教師としても活躍しています。 この記事は3,046回アクセスされました。
カテゴリ: コンピューター
このページは 3,046 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告