Yahoo.comアカウントを復元する方法

共同執筆者 Nicole Levine, MFA

このWikiHowでは、バックアップ用のメールアドレスや復元用の電話番号を使って、Yahoo.comアカウントへのアクセスを復元する方法を説明します。Yahoo.comアカウントに復元用メールまたは電話番号が登録されていない場合は、アカウントを復元することはできません。

ステップ

  1. 1
    Webブラウザで https://login.yahoo.com/forgot にアクセスしましょう。このWebサイトでは、バックアップのEメールアドレスまたは電話番号に確認コードを送信すると、Yahoo.comアカウントを復元することができます。[1]
    • アカウントを復元するには、復元用のメールアドレスまたは電話番号にアクセスできる必要があります。アカウントにアクセスする方法がない場合は、少し費用はかかりますが、Yahoo.comのサポートチームの担当者と話すことができます。[2] これを行うには、https://help.yahoo.com/kb/account にアクセスし、ページの右上隅にあるSpeak with a live agent(オペレーターと話す)をクリックします。
    • 12ヶ月以上アカウントにサインインしていない場合は、Yahoo.comのサーバーからアカウントが完全に削除されている可能性があります。
  2. 2
    Yahooのメールアドレスを入力し、Continue(続ける)をクリックしましょう。Yahooのメールアドレスを忘れた場合は、復元用の電話番号またはメールアドレスを入力します。
  3. 3
    バックアップ用のアドレスまたは電話番号を確認しましょう。メールアドレスや電話番号の一部が表示されます。アドレスまたは電話番号にアクセスできる場合は、Yes, Send me a verification code(はい、確認コードを送信してください)をクリックします。そうでない場合はI don't have access(アクセス権がありません)をクリックして別のオプションを表示します。
    • バックアップオプションにアクセスできない場合は、Uh-oh… Looks like we can't recovery your account online.(どうやらアカウントを復元することができないようです)というメッセージが表示されます。別のメールアドレスまたは電話番号で再試行する場合は、Start Over(もう一度試す) をクリックしましょう。
    • 電話番号を確認する場合は、2桁の数字を入力して、自分の電話番号であることを確認するよう求められることがあります。その場合は、青い下線が付いているセクションに正しい数字を入力し、Submit(送信)をクリックします。
  4. 4
    Yahoo.comからの認証コードをメッセージから見つけましょう。復元用のメールメッセージを選択した場合は、そのアドレスの受信トレイを開き、Yahoo.comからのメッセージを開きます。電話番号を入力すると、コードを含むテキストメッセージが表示されます。
    • メールの受信トレイにYahoo.comからのメッセージがない場合は、スパムまたはジャンクフォルダにある可能性があります。
  5. 5
    認証コードを入力し、Continue(続ける)をクリックします。この時点で、アカウントは回復します。古いパスワードにアクセスできないので、新しいパスワードを作成する機会が与えられます。
  6. 6
    Create a new password(新しいパスワードを作成)をクリックしましょう。
  7. 7
    両方の行に新しいパスワードを入力しましょう。2回とも同じパスワードを入力しましょう。
  8. 8
    Continue(続ける)をクリックしましょう。これで新しいパスワードでアカウントにログインできました。
    • サインインし直すと、復元オプションを編集するオプションが表示されます。画面の指示に従って復元用アカウントを追加したり、アクセスできなくなった復元用アカウントを削除したりできます。
    広告

ポイント

  • 非アクティブにしたアカウントは、非アクティブにしてから90日間サインインできます。
  • アカウントに削除のマークがつくと、非アクティブ化プロセスをキャンセルできなくなります。

広告

このwikiHow記事について

テクノロジーライター・編集者
この記事はNicole Levine, MFAが共著しています。 ニコール・レヴィンはwikiHowに勤務するテクノロジーライター兼編集者です。技術文章の作成に関し20年以上の経験があり、現在まで大手のウェブホスティング会社やソフトウェア開発会社のチームリーダーを務めてきました。ポートランド州立大学にてクリエイティブライティングの修士号を取得しており、様々な教育施設にて作文、小説創作、Zine(個人制作の冊子)の作り方について講義を行っています。
カテゴリ: インターネット
このページは 99 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告