YouTubeで儲けたという話を聞いて、きっと皆さんも一度は「へー、やってみようかな」と思ったことがあるでしょう。何十万円ものお金を稼ぐことは非現実的かもしれませんが、幅広いチャンネル登録者層を持っていれば、お金を稼ぐことは夢ではありません。下記の手順に従えば、今後あなたの動画を使ってYouTubeの広告から収入を得ることができます。

ステップ

  1. 1
    YouTubeのマイチャンネルを作る そのチャンネルがYouTube上であなたの存在を公開するものになります。YouTubeのアカウントにはそれぞれチャンネルが一つずつついています。このアカウントはGoogleのアカウントと連携し、Gmailやグーグルドライブのような他のグーグルの製品へのアクセスを可能にします。
    • 新規アカウントを作るか、既存アカウントがあればそれを使います。皆がチャンネルを見つけられるようにキーワードを追加しましょう。チャンネルの詳細設定でキーワードを探すこともできます。キーワードは必ず内容と一致するようにしましょう。
    • ユーザーネームはチャンネル作りに大きく影響します。短ければ覚えやすく、オリジナルなものであればより多くの人に覚えてもらえるでしょう。もし既存のアカウントを使うのなら、ユーザーネームはGoogle+アカウントからいつでも変更できます。ユーザーネームは最大3回までしか変更できませんが、その後90日経てば再度変更することができます。
  2. 2
    コンテンツを追加する 質が高く、長すぎない内容のものをアップロードしましょう(これはどのような内容のものをアップロードするかにもよりますが)。また、間を開けずに一定の間隔でアップロードした方が良いでしょう。
    • 初めは素晴らしいとは言えないような内容であっても頑張って続けましょう。経験を重ねることでうまくいくようになります。常に前回よりも良い動画を作る努力をしていれば、自然と上達するはずです。
    • 性能の良いカメラやソフトウェア、さらには優れたテクニックを用いて内容を改善しましょう。また、録画の撮り方も見直してみましょう。三脚を使ったり友達に手伝ってもらったり、または照明を上手に使ってみましょう。こうすればより良いものをつくる事ができ、結果的により良質の視聴者を得られます。
    • 一定の間隔でアップロードすることで視聴者を引き付けることができます。できるだけ規則的にコンテンツを加え続けていくと、より多くの人がチャンネル登録してくれます。
    • 内容を表すようなキーワードと人目を引くキャッチコピーを忘れないように。人々がYouTubeの検索をかける時に彼らの心をとらえてあなたの動画へと誘導することでしょう。
  3. 3
    視聴者の獲得 客層を確立することは収益を伸ばすカギとなります。お金を落としてもらうためには、まずは広告を見てもらわないとなりません。とにかく最善を尽くしてコンテンツを作ること、そうすれば自然とチャンネル登録者は増えるでしょう。
    • コンテンツをアップロードし続けて求心力を高めましょう。TwitterやFacebookに動画を投稿したりして、色々な人たちとシェアしましょう。また、他のサイトでも配信しましょう。パートナーになるためにはチャンネル登録者が一定数以上必要です。
    • 視聴者のコメントに応えたりそれに関連する動画を随時作ることで視聴者との交流を図りましょう。コミュニティメンバーとの絆が強くなれば、また新たなメンバーが入ってくるきっかけとなります。
  4. 4
    動画収入を得る 動画でお金を稼ぐためには動画を収益化しなければなりません。つまり、YouTubeがあなたの動画に広告を入れることを許可するということです。そのためには、あなたの動画が著作権を侵害していないかどうかを確認する必要があります。
    • www.youtube.com に行き、「マイチャンネル」をクリック
    • トップバーの「コンテンツマネージャ」をクリック
    • 「チャンネル」をクリックし、収益化機能を有効にする
    専門家情報
    Timothy Linetsky

    Timothy Linetsky

    音楽プロデューサー、音楽教師
    DJ、プロデューサー、そして音楽教師を務めるティモシー・リネットスキーは、15年上にわたり音楽制作を続けています。ティモシーはエレクトロミュージックの制作に焦点をおいた教育ビデオを作成し、YouTubeを通じて配信しています。ティモシーのYouTubeチャンネルの登録者数は9万人を超えています。
    Timothy Linetsky
    Timothy Linetsky
    音楽プロデューサー、音楽教師

    専門家の経験談: 「私はYouTubeチャンネルでビジネスとしてプライベートレッスン動画を提供し、それが主な収入になっていました。また、今働いている音楽教師の職を探すのにもYouTubeチャンネルを使いました。YouTubeでの私の存在感や教え方を学校側にわかってもらえたのです。他にも広告収入やスポンサー機能なども役に立っています」

  5. 5
    資格要件をクリアする 収益化を始めるには、過去12か月間の総再生時間が4000時間とチャンネル登録者数が1000人以上の資格要件を満たす必要があります。
    • 収益受け取りタブをクリックして「広告の収益化」チェックボックスをオンにすることで動画がアップロードされる度に収益を得ることができます。
    • アップロードした後に動画を収益化するためには、ビデオマネージャーを開いて収益化したい動画の隣にある「$」サインをクリックします。そして「広告の収益化」チェックボックスをオンにします。
  6. 6
    Google AdSenseを設定する Google AdSenseはAdSenseサイトにて無料で設定することができます。一番下にある登録ボタンをクリックしてアカウントの作成を始めます。アカウントを作ることができるのは18歳以上の人です。18歳以下の場合は、大人の人に手伝ってもらう必要があります。
    • AdSenseが登録者の身元と支払い受取人の確認をするために、ペイパルもしくは銀行の口座、有効な郵送先住所などの情報が必要となります。広告がクリックされると収益が加算され、再生は1回ごとに見積もり収益額として少額が累積されます。そのため視聴者を増やすことが重要となります。
  7. 7
    アナリティックス(分析情報)を確認する 動画をアップロードして収益化したのちに再生されれば、動画のパフォーマンスをアナリティクスで確認できます。チャンネルメニューからアナリティクスを選択しクリックしましょう。これで推定収益額、広告のパフォーマンス、再生回数、ユーザー層等々を確認することができます。
    • コンテンツがどのくらい視聴者に反響があるかを調べるのにこれらのツールを使いましょう。思ったような客層がつかめていない時にはコンテンツやマーケティングを変えることも考えましょう。
  8. 8
    動画を他サイトにも売り込む YouTubeだけに頼っていてはだめです!ブログやホームページを始めたり、他の動画サイトやソーシャル・メディア・サイトに投稿してみるのも良いでしょう。再生回数が増えればしめたもの。リンクをシェアしたり動画をインターネット上に埋め込むことで注目を集め、収入につながるチャンスが増えるのです。
  9. 9
    YouTubeパートナーになる YouTubeパートナーとは、多数の視聴者を持ち動画から収益を得ているメンバーを指します。パートナーはより多くのクリエーターツールにアクセスすることができ、視聴者の数によっては賞をもらうことも可能です。また、パートナーはコミュニティからのサポートもより多く受けることができ、最適化のヒントももらえます。
    • YouTubeパートナープログラムへはYouTubeパートナーページからいつでも申し込むことができます。最も有効なパートナープログラムにアクセスするためには過去90日間の総再生時間15,000時間が必要です。
    広告

ポイント

  • コンテンツを定期的にアップロードする。
  • 内容、質ともに良い動画を作る。
  • 動画編集に努力と時間を惜しまないこと。
  • 関心を集めるためにキーワードを利用する。
  • 動画をアップロードする時にタグを忘れないようにする。
  • ソーシャル・ネットワーキング・サイトのアカウント(Facebook, Twitterなど)を作って広告を載せてみる。
  • インターネットで流行っているものを参考に動画を作る。

広告

注意事項

  • 悪意のある嫌がらせのコメントをされることがあります。くじけないようにしましょう。
  • 動画に著作権で保護された内容(本人が作曲していない音楽や映画から引用したものなど)が含まれている場合はパートナープログラムに参加できる可能性は低くなります。
  • 著作物を含む内容の動画は削除され発禁処分の対象となります。
  • YouTubeとのパートナーシップでは期待するほどの収益は得られません。大成功を収めない限りは一生仕事なしで困らないなどとは思わないように。

広告

関連記事

How to

Googleに問い合わせをする

How to

画像検索で簡単に人物を特定する

How to

ページリダイレクトをブロックする

How to

トレントのダウンロード速度を上げる

How to

画像のURLを取得する

How to

2台のルーターを接続する

How to

Firefoxでウェブサイトをブロックする

How to

ダウンロード速度を上げる

How to

Googleドキュメントを保存する

How to

Outlookで投票ボタンを使う

How to

携帯電話を使ってノートパソコンをインターネットに接続する

How to

閲覧履歴を確認する

How to

Internet Explorerの閲覧履歴を確認する

How to

YouTube動画の年齢制限を回避する
広告

このwikiHow記事について

Timothy Linetsky
共著者
音楽プロデューサー、音楽教師
この記事の共著者 Timothy Linetsky. DJ、プロデューサー、そして音楽教師を務めるティモシー・リネットスキーは、15年上にわたり音楽制作を続けています。ティモシーはエレクトロミュージックの制作に焦点をおいた教育ビデオを作成し、YouTubeを通じて配信しています。ティモシーのYouTubeチャンネルの登録者数は9万人を超えています。 この記事は11,037回アクセスされました。
このページは 11,037 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告