YouTubeに動画をアップロードする方法

この記事には:パソコンからスマートフォンからDVDをアップロードする

自分の動画を友達や家族、または全く知らない人と共有できるようになりたくありませんか?YouTubeへの動画アップロードは、携帯端末からでもパソコンからでもすぐにできます。このガイドに従い、ほんの数分で自分の動画をオンラインで視聴できるようにして、たくさんの人に見てもらいましょう。

1
パソコンから

  1. 1
    カメラからパソコンに動画をコピーします。YouTubeに動画をアップロードする前に、お好みの編集を行い、適切なフォーマットに変換するようにしましょう。無料で動画を変換できるさまざまな種類のソフトウェアやウェブサイトがあります。YouTubeが対応しているのは以下のフォーマットです。
    • .AVI (Audio Video Interleaved)
    • .3GPP(3rd Generation Partnership Project)
    • .MOV(QuickTime Movie)
    • .MP4(Motion Picture Experts Group Part 14)
    • .MPEG または .MPG(Motion Picture Experts Group)
    • .FLV(Adobe Flash)
    • .M4V(h.264)
    • .WMV(Windows Media Video)
    • .WEBM(HTML5)
  2. 2
    お使いのアカウントにログインしましょう。YouTubeのアカウントにはデフォルトのチャンネルが用意されています。動画をアップロードしたいチャンネルに紐づいたアカウントにログインしましょう。
  3. 3
    サイトの上部にある「アップロード」ボタンをクリックしましょう。「アップロード」ボタンは、検索バーの右側に配置されています。
  4. 4
    動画ファイルを選びましょう。「アップロードするファイルを選択」ボタンをクリックしてファイルブラウザを開きます。そして、アップロードしたいファイルを見つけましょう。ウェブブラウザ上の四角い枠の中に動画をドラッグアンドドロップすることもできます。
  5. 5
    「開く」ボタンをクリックしましょう。アカウントが未確認の場合、15分未満の長さの動画しかアップロードできません。SMSを使用したアカウントの確認を行うことで、15分以上の長さの動画をアップロードできるようになります。アカウントの確認は、アップロードページにある「上限を引き上げましょう」というリンクから行えます。
    • 既存の動画ではなく、お使いのウェブカメラから直接アップロードすることもできます。録画内容を確認してからアップロードするようにしましょう。
    • ファイルを開いたら、自動的にアップロードが始まります。そして、動画に関する情報を入力するページが表示されます。
  6. 6
    動画に関する情報を入力します。動画のタイトル、説明、そしてタグを必ず入力しましょう。
    • 動画に説明を追加することで、視聴者が動画に関する詳細な情報を得ることができます。説明は動画の下に表示されます。動画を目立たせるために、独自の説明文を考え、タイトルをコピペしただけの説明文にしないようにしましょう。
    • タグを使用すると、動画に関連した一般的な単語から連想して、どのような動画なのかユーザーが想像できるようになります。(例えば、「踊る象」であれば、「象」「踊る」「おもしろい」などのタグを付けます)。 類似するタグが付いた動画は、サイドバーの「関連動画」に表示される場合があります。
    • アノテーションを使用すると、付け忘れた注釈や間を動画に追加できます。例えば、視聴者が説明を読まなくても、チャンネルに関する追加情報を確認できるようになります。
  7. 7
    プライバシー設定を選択しましょう。「公開」動画は、検索結果に表示され、誰でも視聴できます。「限定公開」動画は、動画のURLを知っている人だけが視聴可能です。「非公開」動画は、チャンネル上には表示されず、 動画の所有者が許可した人だけが視聴できます。許可を与えられたユーザーは、動画を視聴するためにGoogleアカウントを保有しておく必要があります。
  8. 8
    動画を共有したい場合は、共有設定をしましょう。動画は、Google+やFacebook、Twitterで共有したり、動画のリンクを友達に送ることも可能です。共有したい各サービスの隣にあるチェックボックスにチェックを入れましょう。
  9. 9
    動画で収益を上げる設定をしましょう。「収益受け取り」タブをクリックして、 「動画の収益化」チェックボックスにチェックを入れ、自分の動画に広告を表示させましょう。
  10. 10
    詳細設定を行いましょう。 「詳細設定」タブをクリックして、オプションを見てみましょう。コメントの無効化や、動画の評価の非表示設定、ライセンスの変更、チャンネル登録者への通知の選択など、さまざまな設定ができます。
  11. 11
    動画のサムネイル画像を選択して、動画に映っているものを要約した画像をユーザーに示しましょう。 YouTubeは、動画の中で被写体が数秒間停止している箇所を見つけてフレームを抜き出します。その抜き出されたフレームの画像をサムネイル画像として使用できます。サムネイル画像の選択は必須ですが、YouTubeが動画の再生開始付近の最初のフレームを選択してくれます。別のフレーム画像をクリックしてサムネイル画像を変更しましょう。
  12. 12
    「保存」をクリックしましょう。動画のアップロードが完了したら、タイトル、説明文などが保存されます。プログレスバーが100%になったら、YouTubeへの動画の投稿は完了です。
    • 動画がアップロードされたら、動画を自分のウェブサイトに埋め込んだり、オンラインで共有できます。

2
スマートフォンから

  1. 1
    動画を開きましょう。お使いの端末の動画プレーヤーを使って、アップロードしたい動画を開きます。すでにスマートフォンの中にある動画をアップロードすることも、撮影した動画を撮影直後にアップロードすることも可能です。
  2. 2
    共有ボタンを押しましょう。共有ボタンの位置は、お使いの端末によって異なります。
    • iOS 7の場合、共有ボタンは、動画プレーヤーの左下にあります。箱の上から矢印が飛び出しているようなアイコンです。
    • Android端末の場合、共有ボタンは、動画プレーヤー上に表示されているか、メニューボタンを押して表示させます。
  3. 3
    共有メニューからYouTubeを選択します。共有ボタンを押すと、さまざまな共有オプションが表示されます。YouTubeをタップして、ファイルをYouTubeに直接アップロードしましょう。共有オプションをスクロールしてYouTubuを見つける必要があるかもしれません。
    • 必要に応じて、ログインしましょう。ログイン設定によっては、YouTubeのアカウント名とパスワードの入力が必要になるかもしれません。
  4. 4
    タイトルを付けましょう。スマートフォンのカメラで動画を撮影した場合、動画のタイトルはおそらく日付と数字になっています。内容が想像しやすい、注目度抜群のタイトルを入力しましょう。
  5. 5
    動画の説明をしましょう。動画を視聴している間に読むことができる説明を追加します。動画上で起きている内容を解説しましょう。正確な説明を提供して、YouTube上で適切な検索結果に表示されるようにしましょう。
  6. 6
    動画のタグを付けましょう。タグを追加して、動画がユーザーの検索結果に表示されやすくします。タグは動画の特徴を表す単語か短いフレーズで、ユーザーがYouTube上で動画を探しやすくします。あいまいなタグは、動画の視聴に悪影響を与える可能性があるので、嘘のない、独創的なタグを付け、たくさんの検索結果に表示されるようにしましょう。
  7. 7
    プライバシー設定をします。「公開」「非公開」「限定公開」の中から選ぶことができます。「公開」動画は、検索結果に表示され、誰でも視聴できます。「非公開」動画は、動画の所有者か、 動画の所有者が許可したチャンネルだけが視聴できます。「限定公開」動画は、動画のURLを知っている人だけが視聴可能です。
  8. 8
    「アップロード」または「公開」ボタンをクリックしましょう。プライバシー設定と説明の入力が終わったら、「アップロード」または「公開」ボタンをクリックして、チャンネルに動画をアップロードしましょう。動画のサイズによっては、アップロードに時間がかかるかもしれません。
    • モバイルネットワークを使用して動画をアップロードした場合、データ通信量をかなり使用してしまう可能性があります。Wi-Fiを使ってアップロードを行い、データ通信費を抑えるようにしましょう。

3
DVDをアップロードする

  1. 1
    お使いのパソコンに、DVDリッピングソフトをダウンロード、そしてインストールしましょう。まず、DVDをリッピングして、動画ファイルをYouTubeの規格に合わせます。良いDVDリッピングソフトを使ってリッピングをしましょう。リッピングには、HandBrakeやVidCoderが使用できます。
  2. 2
    DVDを挿入してコピーします。アップロードしたいDVDをお使いのパソコンのDVDドライブに挿入して、パソコンにファイルをコピーしましょう。
    • DVDドライブを右クリックして、「開く」を選択し、 DVDの中のファイルを開きます。
    • 「VIDEO_TS」ファイルを見つけて選択します。Ctrlキーを押しながら選択したいファイルをクリックすると、複数のファイルを同時に選択できます。
    • DVDから全てのファイルをコピーし、パソコンに貼り付けます。なお、ファイルをコピーせずに、DVDドライブから直接ファイルを選択することもできます。
  3. 3
    DVDリッピングソフトを実行して、ファイルをリッピングします。パソコン上で、プログラム一覧からDVDリッピングソフトを起動しましょう。
    • 「変換元」ボタンをクリックして、フォルダを開き、DVDをブラウズします。
    • DVDの中の「VIDEO_TS」フォルダを選択します。複数のファイルを追加したい場合、またはハードディスクからファイルを選択したい場合は、「ファイル」タブをクリックして、HandBrakeの「複数ファイルをキューに追加」を選択しましょう。
    • リッピングしたい全ての動画ファイルをキューに追加しましょう。
  4. 4
    リッピングオプションを設定します。リッピングしたDVDファイルの出力フォーマットを選択しなくてはなりません。ここでは、YouTubeがサポートしている動画フォーマットを覚えておく必要があります。アップロード可能なファイルは、AVI、FLV、MPEG4、MPEGPS、3GPP、WMV、WebM、そしてMOVです。
    • HandBrakeでは、エンコーディング部分を変更する必要がないので、操作が簡単です。デフォルト設定が、YouTube向けの動画に適しています。
  5. 5
    DVDファイルのリッピングを開始しましょう。下にある「エンコード」ボタンを押して、リッピング処理を始めましょう。リッピングにかかる時間は、パソコンの構成やファイルのサイズによって異なります。
  6. 6
    YouTubeにログインしましょう。www.youtube.comを開き、Gmailアドレスとパスワードを使ってお使いのアカウントにログインします。ログインボタンは、YouTubeの右上にあります。
  7. 7
    アップロード可能な動画の再生時間の上限を引き上げましょう。YouTubeにアップロードできる動画の長さの上限は、15分です。しかし、アカウントの確認を行うことで、DVDファイルをアップロードするために上限を引き上げることができます。
    • 次のページ https://www.youtube.com/verify を開いて、上限を引き上げましょう。「国」という項目のドロップダウンメニューからお住まいの国を選びます。そして、「SMS で受け取る」というラジオボタンを選択します。指定された入力欄に電話番号を入力して、「送信」ボタンをクリックしましょう。
  8. 8
    携帯電話の受信箱にGoogleから確認コードが届いていないかチェックしましょう。指定された入力欄に確認コードを慎重に入力して、「確認」ボタンを押します。すぐに確認成功のメッセージが表示されるでしょう。
  9. 9
    YouTubeのページに戻ります。ログアウトしていた場合は、再度ログインして、DVDのアップロードを始めましょう。
  10. 10
    ページの右上にある「アップロード」ボタンをクリックします。または、次のアップロードページ https://www.youtube.com/upload に直接行っても構いません。
  11. 11
    「アップロードするファイルを選択」ボタンをクリックします。ページの真ん中にある上向きの矢印マークのすぐ下にあるボタンです。パソコン内のファイルをブラウズして、アップロードするファイルをクリックしましょう。「開く」タブでクリックします。
    • ダブルクリックでファイルを直接選択することも可能です。さらに、「アップロードするファイルを選択」ボタンの下に表示されるドロップダウンメニューから、動画のプライバシー設定を指定することもできます。
  12. 12
    動画の設定を編集しましょう。アップロードページに、DVDの動画ファイルのアップロードの進捗状況が表示されます。ページ上部にある「基本情報」と「詳細設定」のタブをクリックすると、それぞれの設定を編集できます。
    • 「基本情報」タブをクリックして、指定された入力欄にタイトルを入力しましょう。また、動画の説明やタグも指定された場所に追加します。
    • 「詳細設定」タブをクリックして、コメント、所有するライセンスと権利、字幕の認定、配信オプション、年齢制限、カテゴリ、動画の撮影場所、動画の言語、録画日、3D動画の設定をドロップダウンメニューから選択します。
  13. 13
    「公開」ボタンをクリックします。「公開」ボタンをクリックすると、動画のアップロード処理が完了したあとで、動画が公開されます。動画が非公開設定になっている場合は、「完了」ボタンをクリックしましょう。
    • 動画を共有したい場合は、「共有」ボタンをクリックして、自分が選んだ人と動画を共有できます。この設定は、動画の管理画面で、後から変更することも可能です。

ポイント

  • 動画の説明は、ただ動画のタイトルを繰り返すだけにしないようにしましょう。
  • 再生回数を伸ばせそうな、人気の高い楽しいタグやチャレンジに参加しましょう。ドローイング(描画)の早送り動画も再生回数を稼げます。
  • チャンネル登録してもらえるように、キャプションを追加するのを忘れないにしましょう。
  • 再生回数を増やしたければ、シンプルなタイトルにして、的確なタグを複数付けましょう。ユーザー名をタグに使ってもいいでしょう。
  • 自分の動画が規約に違反していないか不安な場合は、YouTubeの利用規約を読んで、許可されている投稿とされていない投稿について理解しましょう。
  • タイトルやタグ、その他のヒントを得るために、再生回数が多い動画を見ましょう。
  • スパム行為をしてはいけません。 短い期間に大量の動画をアップロードしたり、あまり意味のないコメントを多数投稿した場合、スパム行為とみなされます。コミュニティーのメンバーに迷惑をかけると共に、アカウントが停止されてしまう可能性があります。
  • 動画に適した的確なハッシュタグを使用しましょう。
  • Javaベースのツールは、レジューム機能(途中で中断されたアップロードを再開できる機能)を有効にすることができるので、DVDファイルのアップロードにおすすめです。この機能を使用したい場合は、https://developers.google.com/youtube/2.0/developers_guide_java にアクセスし、使い方を見てみましょう。
  • YouTubeから送信される「アップロード通知」メールを転送することで、アップロードしたDVD動画のリンクを友達や家族と個人的に共有できます。
  • 動画のタイトルが少し長い場合は、タグによくある単語を入れましょう。
  • 動画を完璧に表現した、目を引くようなサムネイルをアップロードすることを忘れないようにしましょう。
  • Windowsムービーメーカーから動画をアップロードする場合、ファイルを「動画ファイル」として保存するようにしましょう。「動画ファイル」であればYouTubeにアップロード可能です。ムービーメーカーには、「YouTube」オプションもあります!
  • YouTube動画向けに手動でエンコードを設定する場合は、 音声コーデックは「AAC-LC」、映像コーデックは「H.264」を選択しましょう。詳しい情報は、https://support.google.com/youtube/answer/1722171 で確認しましょう。
  • 動画の編集が完了したら、外部メモリにダウンロードしましょう。

注意事項

  • 家族のDVD動画は公開しないようにして、自分や家族のプライバシーを保護し、オンラインセキュリティを保証しましょう。
  • アカウントが削除されてしまうので、ヌードの動画を投稿しないようにしましょう。
  • 著作権所有者の許可を得ずに、商用DVDや著作権保護されたDVD動画をアップロードしないようにしましょう。問題になったり、場合によっては訴えられる可能性があります。
  • 不快な内容を投稿しないようにしましょう。そういった投稿をした場合、低評価を受け、通報される可能性が高くなります。
  • 再生回数が301回に達すると、カウンターが一時的に停止して、ボットによる再生が行われていないかチェックが入ります。
  • 常に、YouTubeのコミュニティガイドラインや利用規約に従うようにして、アカウントが削除されることを防ぎましょう。
  • DVDの動画は、必ずYouTubeでサポートされているフォーマットにリッピングするようにしましょう。
  • 自分が納得のできるものを投稿するようにしましょう。 納得できなかったものでも、投稿してしまったら動画はすぐに視聴されてしまいます。(後から削除できないことはありませんが、念のため、最初から投稿しない方がいいでしょう。)
  • 著作権所有者の許可を得ずに、著作権保護された素材が含まれた動画をYouTubeにアップロードしないようにしましょう。YouTubeの規約に反しており、著作権を侵害した素材が使われた動画は、警告として削除されます(著作権侵害の違反警告)。著作権保護されたコンテンツを所有者の許可なしにYouTubeにアップロードし続けた場合、アカウントが削除されるでしょう。罰金を科せられたり、拘留されることもあり得ます。特に、映画スタジオ、自主映画作家(全く無名の映画作家ですら著作権については情け容赦ありません)、歌手、俳優などに属する著作権の侵害は避けましょう。また、YouTuberの中にも著作権を強く主張していることで有名な人がいます。米国では、フェアユース(公正な利用)に該当する場合、著作物のアップロードができる可能性があります(日本でフェアユースは認められていません)。
  • 1日に大量の動画をアップロードしないようにしましょう。大量にアップロードした場合、再生回数カウンタが停止したり、わずかな再生回数しか得られない場合があります。動画のアップロードはいつでもできますが、毎日はやめましょう。

記事の情報

カテゴリ: パソコン・電子機器

他言語版:

English: Upload a Video to YouTube, Português: Enviar um Vídeo Para o YouTube, Deutsch: Ein Video auf YouTube hochladen, Français: téléverser une video sur YouTube, Italiano: Caricare Video su YouTube, Русский: закачать видео на YouTube, Nederlands: Een video uploaden op YouTube, Español: subir un vídeo a Youtube, Bahasa Indonesia: Mengunggah Video ke YouTube, العربية: تحميل فيديو إلى موقع يوتيوب, Tiếng Việt: Tải Video lên YouTube, हिन्दी: यूट्यूब पर विडियो उपलोड करें, Čeština: Jak uploadovat video na YouTube, ไทย: อัปโหลดวิดีโอลง Youtube, 한국어: 유튜브에 동영상 올리는 법, 中文: 将视频上传到YouTube, Türkçe: YouTube'a Nasıl Video Yüklenir

このページは 823 回アクセスされました。
この記事は役に立ちましたか?