PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

YouTubeの「ブロックする単語」リストに単語を登録し、特定の単語をブロックしましょう。そうすることで、自分の動画のコメント欄で、それらの単語を含むコメントをブロックすることができます。悪意のあるコメントやスパムをブロックすることもできる便利な機能です。ブロックされたコメントについては、後で確認し、承認するか削除するかを選ぶことができます。

方法 1 の 2:
「ブロックする単語」リストに単語を登録する

  1. 1
    ウェブブラウザで https://www.youtube.com にアクセスする この時点でYouTubeアカウントに自動でログインしているはずです。
    • 自動でログインしていない場合は、画面右上の「ログイン」をクリックし、YouTube(=Google)アカウントに紐づいているメールアドレスとパスワードでログインします。
  2. 2
    アカウントのアイコンをクリックする 画面右上の自分のアカウントのアイコンをクリックすると、アカウントメニューが表示されます。
    • YouTubeアカウントでプロフィール画像を設定していない場合、アイコンにはプロフィール画像の代わりにアカウント名のイニシャルが表示されています。
  3. 3
    YouTube Studioをクリックする メニューの上の方に表示されているはずです。クリックするとYouTube Studioのページに移動します。
  4. 4
    設定をクリックする YouTube Studioの画面左側に表示されるサイドバー内を確認しましょう。歯車のようなアイコンが目印です。クリックすると設定メニューが表示されます。
  5. 5
    コミュニティをクリックする 設定メニューの最後から2番目に表示されているはずです。これでコミュニティの設定画面が現れます。
  6. 6
    「ブロックする単語」欄が出てくるまで下にスクロールする コミュニティ設定画面の一番下の記入欄になります。
  7. 7
    ブロックしたい単語やフレーズを入力する ブロックしたい単語を「ブロックする単語」欄に入力しましょう。単語やフレーズは好きなだけ入力できます。各単語はカンマ(,)で区切ります。
    • 「ブロックする単語」欄の下にある「リンクをブロックする」というボックスにチェックを入れると、リンク付きのコメントが保留され、確認後に承認してから公開することができます。
  8. 8
    保存をクリックする 新たに追加したブロックする単語を含む、すべての設定の変更が保存されます。「ブロックする単語」リストに登録した単語やフレーズを含むコメントは、確認のために保留されます。
    広告

方法 2 の 2:
ブロックされたコメントを確認する

  1. 1
    ウェブブラウザで https://www.youtube.com にアクセスする この時点でYouTubeアカウントに自動でログインしているはずです。
    • 自動でログインしていない場合は、画面右上の「ログイン」をクリックし、YouTube(=Google)アカウントに紐づいているメールアドレスとパスワードでログインします。
  2. 2
    アカウントのアイコンをクリックする 画面右上の自分のアカウントのアイコンをクリックすると、アカウントメニューが表示されます。
    • YouTubeアカウントでプロフィール画像を設定していない場合、アイコンにはプロフィール画像の代わりにアカウント名のイニシャルが表示されています。
  3. 3
    YouTube Studioをクリックする メニューの上の方に表示されているはずです。クリックするとYouTube Studioのページに移動します。
  4. 4
    コメントをクリックする YouTube Studioの画面左側のサイドバー内にあります。
  5. 5
    確認のために保留中またはスパムの可能性ありをクリックする 確認のために公開が保留になっているコメントが表示されます。「確認のため保留中」タブに表示されるコメントには、「ブロックする単語」リストの設定によりブロックされたコメントが含まれます。また「スパムの可能性あり」タブに表示されるコメントは、YouTubeの自動スパムフィルターによってブロックされたコメントです。
  6. 6
    各コメントへの対応を決める 保留中のコメントへの対応には、4つの選択肢があります。各コメントのメニューから選べる選択肢は以下の通りです。[1]
    • チェックマークのアイコンをクリックしてコメントを承認し、コメント欄に投稿する。
    • ゴミ箱のアイコンをクリックしてコメントを削除する。
    • フラグアイコンをクリックして、ユーザーをYouTubeに報告する。
    • 丸の中に線が入ったアイコンをクリックして、ユーザーをブロックする。
    広告

関連記事

Googleに問い合わせをするGoogleに問い合わせをする
画像検索で簡単に人物を特定する画像検索で簡単に人物を特定する
Googleドキュメントを保存するGoogleドキュメントを保存する
Discordで動画を送るDiscordで動画を送る
2台のルーターを接続する2台のルーターを接続する
トレントのダウンロード速度を上げるトレントのダウンロード速度を上げる
ページリダイレクトをブロックするページリダイレクトをブロックする
画像のURLを取得する画像のURLを取得する
YouTube動画の年齢制限を回避するYouTube動画の年齢制限を回避する
Outlookで投票ボタンを使うOutlookで投票ボタンを使う
YouTubeでチャンネル登録者を削除するYouTubeでチャンネル登録者を削除する
携帯電話を使ってノートパソコンをインターネットに接続する携帯電話を使ってノートパソコンをインターネットに接続する
Youtube チャンネルの動画を全てダウンロードするYoutube チャンネルの動画を全てダウンロードする
Yahoo.comアカウントを復元するYahoo.comアカウントを復元する
広告

このwikiHow記事について

Travis Boylls
共著者 ::
IT専門家
この記事の共著者 : Travis Boylls. テクノロジーに関する記事の執筆、ソフトウェアー関連のカスタマーサポート、そしてグラフィックデザインの実務経験を持つトラヴィス・ボイルスは、wikiHowにてテクノロジー記事の制作と編集者の業務を担当しています。パイクスピーク・コミュニティー・カレッジにてグラフィックデザインを学び、Windows、macOS、Android、iOS、Linuxのシステムに精通しています。
カテゴリ: インターネット
このページは 405 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告