PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

この記事では、曲の簡単な歌詞動画(スライドショー)を作る方法と、完成した動画をYouTubeにアップロードする方法を紹介します。曲を選んだら、「Windowsムービーメーカー」(Windows)または「iMovie」(Mac)を使って動画を作り、その動画をYouTubeのサイトからアップロードしましょう。

※曲や歌詞は著作権者に無断で使用してはなりません。YouTubeでは、著作権によって収益化されることによりアップロードが可能となる場合などがありますが、その使用ポリシーは著作権者によって異なるので必ず確認しましょう。

パート 1
パート 1 の 4:
動画作成の準備をする

  1. 1
    曲を決める YouTubeの歌詞動画に使う曲を選びます。一般的には、人気があって注目を集められるものの、すでに歌詞動画を作っている人が何人もいるほどではない曲を選ぶと良いでしょう。
    • 最近リリースされた曲は、アーティスト側が公式ページ以外では入手できないように要請していることが多いので、使わないようにしましょう。
  2. 2
    まだ曲をダウンロードしていない場合は、曲をダウンロードする 曲を購入してコンピュータにダウンロードします。
    • Macを使っている場合は、iTunesライブラリに入れるために、一度曲を再生してみましょう。
    • YouTubeは、購入していない曲に著作権侵害としてフラグを立てることが多いので注意しましょう。
  3. 3
    曲の歌詞を検索する 曲の正確な歌詞を検索する最も簡単な方法は、「歌ネット」というサイト(https://www.uta-net.com/)にアクセスし、画面右上の検索ボックスに曲名を入力して、検索結果を確認することです。
    • また、曲名と「歌詞」というキーワード(上を向いて歩こう 歌詞など)を検索エンジンに入力するだけでも検索可能です。
    • 一般的には、正確で文法的に正しい歌詞のほうが、不正確で誤字脱字のある歌詞よりもYouTubeでの評価は高くなります。
    広告

パート 2
パート 2 の 4:
「Windowsムービーメーカー」で動画を作る

  1. 1
    「Windowsムービーメーカー」を起動する フィルムストリップのようなアイコンのアプリです。
  2. 2
    タイトルをクリックする 画面上部のツールバーの「追加」という項目にあります。
  3. 3
    動画タイトルを入力する プレビューウィンドウの中央にあるテキストボックスをクリックしたら、Ctrl+Aを押してダミーテキストを選択し、歌詞動画のタイトル(アーティスト名や曲名など)を入力して、画面の余白をクリックします。
    • また、メインウィンドウでスライドを選択して、画面上部のアニメーションをクリックし、「切り替え効果」という項目からオプションを選択して、タイトルにトランジション(切り替え効果)を設定することも可能です。
  4. 4
    ホームタブをクリックする 「Windowsムービーメーカー」ウィンドウの左上にあります。
  5. 5
    プレースホルダーをタイトルクリップの右側に移動させる メインウィンドウにある黒い垂直バーをクリックしたまま右端までドラッグして移動させます。
  6. 6
    音楽の追加をクリックする 画面の左上にある青い音符の下のボタンのことで、クリックするとドロップダウンメニューが表示されます。
  7. 7
    現在の位置に音楽を追加...をクリックする ドロップダウンメニューにあります。クリックすると新しいウィンドウが表示されます。
  8. 8
    曲を選択して、開くをクリックする 挿入する曲に移動してそれを選択し、ウィンドウの右下にある開くボタンをクリックすると、曲が「Windowsムービーメーカー」にアップロードされます。
  9. 9
    タイトルをもう一度クリックする メインウィンドウの動画のタイムラインに別のタイトルスライドが追加されます。
  10. 10
    2枚目のタイトルスライドをタイムラインの右端にドラッグする 動画タイトルを入力したスライドではなく、先ほど追加したタイトルスライドをドラッグしましょう。
  11. 11
    歌詞の最初の一節を入力する 2枚目のタイトルスライドをクリックして選択し、「マイムービー」というダミーテキストを任意の歌詞に置き換えて、画面の余白をクリックします。
    • 歌詞のテキストボックスの大きさは、テキストボックスの角と側面にある丸いハンドルをクリックしてドラッグすることで調整可能です。
  12. 12
    歌詞スライドの表示時間を調整する 「Windowsムービーメーカー」のメインウィンドウで歌詞を入力したスライドをダブルクリックして、画面上部の「再生時間」テキストボックスをクリックし、スライドを表示する時間を秒単位で入力します。
    • 例えば、歌詞が曲の最初の10秒を占める場合は、「再生時間」テキストボックスに10.0と入力します。
    • 画面左側のプレビューウィンドウの下にある「再生」ボタンをクリックすると、動画をプレビューすることができます。これで曲のペースに合わせて歌詞を並べることが可能です。
  13. 13
    歌詞ごとにタイトルスライドを追加する 曲の歌詞をすべて入力するまで、以下の操作を繰り返します。
    • ホームをクリックします。
    • タイトルをクリックします。
    • 歌詞を入力します。
    • スライドの表示時間を調整します。
  14. 14
    ホームタブに戻り、ムービーの保存をクリックする ドロップダウンメニューが表示されます。
  15. 15
    このプロジェクトの推奨設定をクリックする ドロップダウンメニューにあるので、クリックすると保存ウィンドウが表示されます。
  16. 16
    ファイル名を入力して、保存をクリックする 動画のファイル名を入力しましょう。このファイル名はあくまで個人で使うためのもので、動画タイトルはアップロード後にYouTubeで変更することができます。また、先に進む前にウィンドウの左側で保存先(例:デスクトップ)を指定することも可能です。
    • 書き出し処理には数分かかることがあります。
  17. 17
    ダイアログボックスが表示されたら、閉じるをクリックする あらためて動画を作成することができました。これで、その動画をYouTubeにアップロードすることができます。
    広告

パート 3
パート 3 の 4:
「iMovie」で動画を作る

  1. 1
    「iMovie」を起動する ビデオカメラの付いた紫色の星のようなアイコンのアプリです。
  2. 2
    プラス記号+をクリックする ウィンドウの左上にある「新規作成」という文字の上にあります。
  3. 3
    メニューのムービーをクリックする
  4. 4
    動画の背景を選択する 右上の「検索」テキストボックスを使って特定の背景を検索することも可能です。
  5. 5
    作成をクリックする ウィンドウの右下にあるので、クリックするとポップアップウィンドウが表示されます。
  6. 6
    ファイル名を入力する ポップアップウィンドウの上部にあるテキストボックスに入力します。保存先を変更する場合は、「場所」メニューから別のフォルダを選択しましょう。
  7. 7
    保存をクリックする ポップアップウィンドウの右下にあるので、クリックすると動画プロジェクトが保存されます。
  8. 8
    オーディオタブをクリックする ウィンドウ上部の2番目のタブのことです。
  9. 9
    曲を検索する 「iTunes」という項目の上部にあるテキストボックスに曲名を入力すると、その曲が画面左側中央に表示されます。
  10. 10
    動画のタイムラインに曲を移動させる 曲名をクリックしてウィンドウ下部のタイムラインにドラッグ&ドロップします。
  11. 11
    タイトルスライドを作成する ウィンドウ上部のタイトルをクリックして、メインウィンドウからタイムラインにタイトルをクリック&ドラッグし、タイトルスライドのダミーテキストを任意のタイトルに置き換えます(例:「坂本九 - 上を向いて歩こう」)。
  12. 12
    別のタイトルスライドを追加する タイトルスライドをクリックしてタイムラインにドラッグしましょう。これが最初の歌詞スライドになります。
  13. 13
    歌詞の最初の一節を入力する 2枚目のタイトルスライドを選択し、そのダミーテキストを曲の最初の一節の歌詞に置き換えます。
  14. 14
    曲に合わせてスライドの表示時間を長くする タイムライン上の歌詞タイトルスライドの右側にある垂直バーをクリックして、最後の歌詞と一致するまで右側にドラッグします。
    • 例えば、スライドの歌詞が曲の最初の10秒を占める場合は、そのスライドの表示時間を10秒長くする必要があります。
  15. 15
    残りの歌詞を他のタイトルスライドに追加する 曲の歌詞をすべて入力するまで、上記の手順を繰り返します。
  16. 16
    共有アイコンをクリックする ウィンドウの右上にある上向き矢印の付いた正方形のことで、クリックするとアイコンメニューが展開されます。
  17. 17
    ファイルアイコンをクリックする フィルムストリップのようなアイコンのことで、クリックするとポップアップウィンドウが表示されます。
  18. 18
    ファイルを保存する ポップアップウィンドウで次へ...をクリックして、コンピュータ上の保存先を指定し、保存をクリックすると、動画をファイルとしてコンピュータに保存することができます。動画の保存が完了したら、その動画をYouTubeにアップロードしましょう。
    広告

パート 4
パート 4 の 4:
動画をアップロードする

  1. 1
    YouTubeを開く ブラウザでhttps://www.youtube.com/にアクセスしましょう。ログインしている場合は、YouTubeのホームページが開きます。
    • ログインしていない場合は、右上のログインをクリックし、Googleのメールアドレスとパスワードを入力しましょう。
  2. 2
    「アップロード」アイコンをクリックする ページの右上にある上向き矢印のことで、クリックするとアップロードページが開きます。
  3. 3
    アップロードするファイルを選択をクリックする ページ中央にあり、クリックするとウィンドウが表示されます。
  4. 4
    動画を選択する 歌詞動画をクリックして選択します。
    • 動画を保存した場所以外のフォルダが開いた場合は、まずウィンドウ内で動画を保存した場所に移動しましょう。
  5. 5
    開くをクリックする ウィンドウの右下にあり、クリックすると動画がYouTubeにアップロードされます。
  6. 6
    動画タイトルを入力する ページ上部の「My Moive(マイムービー)」テキストボックスで、「My Moive」というテキストを歌詞動画に付ける名前に置き換えます。
  7. 7
    必要に応じて説明とタグを入力する 歌詞動画の説明は「説明」テキストボックスに(アーティストのクレジット表記に最適)、タグは「タグ」テキストボックスに入力することができます。
  8. 8
    動画の処理が完了するのを待つ ページ上部のプログレスバーが消えたら先に進みましょう。
    • 動画の処理が完了するまでに数分から数時間かかることがあるので、この間はコンピュータを電源に接続しておきましょう。
  9. 9
    公開をクリックする ページの右上にある青いボタンのことで、クリックすると動画がチャンネルに公開されます。これで、YouTubeから好きなように動画を閲覧したり共有したりできるようになりました。
    広告

ポイント

  • 動画タイトルはシンプルにしましょう(例:[アーティスト名]-[曲名]歌詞)。
  • 1スライドあたりの歌詞の文字数を多くし過ぎてはいけません。通常、1スライドあたりの歌詞の行数は2~4行ですが、曲が速すぎたり複雑すぎたりして複数行にできない部分が出てくることがあります。
広告

注意事項

  • 原曲のアーティストのクレジットは必ず表記して、著作権を侵害しないようにしましょう。
  • 曲は著作権者に無断で使用してはなりません。違法にダウンロードした曲を繰り返し使用すると、ほとんどの地域で著作権侵害になるだけではなく、アカウントが停止される可能性もあります。
広告

関連記事

DATファイルを開くDATファイルを開く
Pinterestの動画をダウンロードするPinterestの動画をダウンロードする
DWGファイルを開くDWGファイルを開く
7zファイルを開く7zファイルを開く
大きいサイズのファイルを圧縮する大きいサイズのファイルを圧縮する
dllファイルを編集するdllファイルを編集する
画像をコピペする画像をコピペする
JPEG画像の画質を上げるJPEG画像の画質を上げる
画像をPDFに変換する画像をPDFに変換する
Facebook Messengerの動画をカメラロールに保存するFacebook Messengerの動画をカメラロールに保存する
Gmailで別のフォルダにメールを移動するGmailで別のフォルダにメールを移動する
JPGファイルをPNGファイルに変換するJPGファイルをPNGファイルに変換する
Zipファイルの作成Zipファイルの作成
GmailにGIF動画を挿入するGmailにGIF動画を挿入する
広告

このwikiHow記事について

wikiHow編集チーム
共著者 ::
wikiHowスタッフライター
この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

wikiHowのコンテンツ管理チームは、編集チームが編集した記事を細心の注意を払って精査し、すべての記事がwikiHowの高品質基準を満たしているかどうかを確認しています。 この記事は2,313回アクセスされました。
このページは 2,313 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告