YouTubeアカウントを作成すれば、お気に入りの動画を探して共有したり、それにコメントや評価をつけることや、自分の動画をアップロードして、多くのユーザーに見てもらうことができます。また、動画を保存して、後で見たり共有することもできます。この記事では、YouTubeアカウントの作成方法を紹介します。

ステップ

  1. 1
    YouTubeのウェブサイトに行き、アカウントの作成を開始する アカウントを作成する前に、以下のことを頭に入れておきましょう。
    • YouTubeアカウントを作成すると、Gmailアカウント([YouTubeユーザー名]@gmail.com)も作成されます。
    • YouTubeアカウントを作成すると、Google+アカウントも作成されます。Google+は、Facebookのようなソーシャルネットワークサービス(SNS)です。設定を変更するには、YouTubeやGmailにログイン中に、ブラウザ上部にあるGoogle+タブから行います。Google+アカウントが不要な場合は、削除することができます。Google+アカウントを削除しても、YouTubeのアカウントは削除されません。
    • YouTubeで行うことは、他のGoogleサービスとは連動しません。例えば、YouTubeで動画を見ても、そのことはGoogle+に表示されません。
  2. 2
    ホームページ画面右上にある「ログイン」をクリックする
  3. 3
    ログイン情報入力欄の下にある「アカウントを作成」をクリックする
    • 既にGmailアカウントを持っている場合は、YouTubeアカウントもできています。Gmailのユーザー名とパスワードを入力すれば、YouTubeにログインできます。
  4. 4
    必要情報を入力する メールアドレス、ユーザー名、生年月日、性別を入力して、「同意する」をクリックします。 
  5. 5
    本人確認のため電話番号を入力する(要求された場合) Googleは、偽アカウントやボットアカウント対策のため、認証情報を要求する場合があります。
  6. 6
    認証コードを入力する(必要に応じて)
  7. 7
    趣向を凝したプロフィールを作る プロフィール作成画面から、諸々の項目に加えて、プロフィール画像と背景画像を設定することできます。自分らしいプロフィールを作成しましょう。
  8. 8
    YouTubeを楽しむ アカウントを作成すると、以下のことができるようになります。
    • 動画を作成して、YouTubeコミュニティにアップロードする。
    • お気に入りのユーザーのチャンネルを登録して、フォローする。
    • 好きなの曲、動画、オンラインドラマなどを管理する。
    • 他人の動画にコメントして、コミュニティのメンバーと交流する。
    広告

ポイント

  • 他のユーザーに自分の動画を見てもらったり、チャンネルを登録してもらうまでには、時間がかかります。動画を初めてアップロードしたからといって、すぐに閲覧者数が増えるわけではありません。
  • YouTubeには、不適切な行為をするユーザーもいるため、気をつけて利用しましょう。子供の場合は、必ず両親の許可を得てからアカウントを作成しましょう。頼りにならないと思えても、やはり両親に相談するのが一番です。
  • 自分のアカウントがうまく行かないことの憂さ晴らしとして、心無いコメントをしてくるユーザーもいます。しかし、がっかりする必要はありません。ひとつでも素敵なコメントをもらえれば、嫌な気持ちは消え去ります。
  • 動画に個人情報を載せないようにしましょう。
  • パブリックアカウントに不安を覚える場合は、いつでもプライベートアカウントに変更することができます。
  • YouTubeに広告を掲載してお金を稼ぐ場合には、Google Adsenseアカウントを作成する必要があります。Adsenseアカウントを作成するには、18歳以上でなければなりません。18歳未満であれば、両親のアカウントを利用する手段があるかもしれません。

広告

注意事項

  • 心無いコメント、嫌がらせや脅迫をされた場合は、すぐに信頼できる大人に相談します。それにコメントしたり、仕返しをしても、火に油を注ぐだけであるため、無視しましょう。
  • YouTubeアカウントを作成する前に、コミュニティガイドラインと利用規約をしっかりと読むことが重要です。
  • YouTubeには、不適切な行為や嫌がらせをするユーザーがたくさんいます。自分の年齢に応じて、両親に相談してからアカウントを作成しましょう。
  • YouTubeのアカウントを作成するには、実際は13歳以上でなければなりません。13歳未満である場合は、両親に相談して許可が下りれば、両親のアカウントを使わせてもらいましょう。
広告

必要なもの

  • パソコン
  • Googleアカウント
  • 動画
  • インターネット接続

関連記事

How to

Googleに問い合わせをする

How to

画像検索で簡単に人物を特定する

How to

トレントのダウンロード速度を上げる

How to

画像のURLを取得する

How to

Outlookで投票ボタンを使う

How to

Internet Explorerの閲覧履歴を確認する

How to

ダウンロード速度を上げる

How to

2台のルーターを接続する

How to

Googleドキュメントを保存する

How to

ページリダイレクトをブロックする

How to

ウェブサイトから無料で動画をダウンロードする

How to

YouTubeでチャンネル登録者を削除する

How to

Firefoxでウェブサイトをブロックする

How to

携帯電話を使ってノートパソコンをインターネットに接続する
広告

このwikiHow記事について

JL
共著者 :
Jack Lloyd
IT専門家
この記事の共著者 Jack Lloyd. テクノロジーマニアのジャック・ロイドは、wikiHowのテクノロジーライター兼編集者です。2年以上にわたりIT関連記事の執筆と編集を行っています。英語教師としても活躍しています。 この記事は1,176回アクセスされました。
このページは 1,176 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告