hCG値を上げる方法

共同執筆者 John Thoppil, MD

ヒト絨毛性ゴナドトロピン(hCG)とは、妊娠中に産出されるホルモンであり、母体の妊娠準備や妊娠維持に重要な役割を担います。[1]hCG検査値が低い場合、妊娠週数の間違いの可能性もありますが、子宮外妊娠、流産などの異常妊娠が疑われます。ただし、1回の検査だけで心配しないようにしましょう。[2]妊娠中に低hCG値が生じたら、産婦人科医の診察を受け原因を特定しましょう。hCG値を自己療法で上昇させることは安全性や効果が実証されていません。また、hCGは不妊症の治療法として投与されます。

方法 1 の 2:
妊娠中のhCG低値に対処する

  1. 1
    検査値について産婦人科医と相談する 低hCG値は妊娠初期を示すこともあります。数値が徐々に低下していくと懸念すべき徴候ですが、医師に正確な診断をしてもらいましょう。[3]ストレスや恐怖を感じる前に、まずは主治医と話しましょう。問診で性器出血や腹部のけいれんなどの異常妊娠の徴候を呈したか聞かれます。[4]多くの場合、再検査が実施されます。
    • 妊娠週数の間違いの可能性があるか産婦人科医に聞いてみましょう。
    • 切迫流産の場合、症状が改善するまでベッドで安静にするよう指示されます。流産予防に有効的な治療薬を処方してもらえるか聞いてみましょう。[5]
  2. 2
    hCG値の再検査を行う hCG値はあくまでも目安であり、1回の検査値で心配することはありません。数日後に再検査を行い、数値の傾向を見ましょう。
  3. 3
    正確性の高い検査を実施する 尿検査でhCG値が低い、または、減少している結果が出た場合、血液検査でより正確な数値を測定しましょう。妊娠週数にもよりますが、超音波検査をして胎児を観察することもできます。妊娠5〜6週頃になれば、超音波検査の方がhCG値に比べ正確性が増します。[6]
  4. 4
    hCG値の上昇効果をうたう商品は使用しない hCGは自己療法で安全に増加および減少できるホルモンではありません。健康な妊娠を維持するにはホルモンの微妙なバランスが重要であり、医師の指導が必要です。hCG値の上昇効果を表示した製品の使用は避けましょう。これらの商品は厚生労働省やアメリカ食品医薬品局(FDA)の承認を受けておらず、胎児へ悪影響を及ぼす恐れがあります。[7]
    広告

方法 2 の 2:
hCGを投与して妊娠率を上昇させる

  1. 1
    産婦人科医と不妊治療法の相談をする hCG療法は、ほかの自然療法やクロミフェン(セロフェン)療法で妊娠に至らない場合に多く適応されます。hCG療法のほかにもhMG(ヒト閉経後ゴナドトロピン)やフォリトロピン療法による不妊治療があります。主治医とhCG療法について相談するとき、必ず以下の事項を伝えましょう。[8]
    • 薬物、食物、染料、防腐剤、動物に対するアレルギーの有無
    • 服用中の薬の有無
    • 喫煙や飲酒の習慣
    • ほかの疾患を有する場合。特に、不正出血、喘息、発作、心疾患、腎疾患、片頭痛、卵巣嚢胞、子宮筋腫がある場合は申告が重要です。
  2. 2
    hCG注射療法を受ける hCGの投与量は、ほかのホルモンの数値、服用している薬剤などの因子に応じて個人差があります。一般的な投与量は、3000~5000単位です。医師はホルモン値に応じてhCG投与日を定めます。hCGは腕の筋肉注射です。[9]
    • hCG療法は、催奇形性のリスクがあるため、妊娠中のhCG低値の治療薬としては使用されません。[10]
  3. 3
    定期的に医師の診察を受ける 不妊治療を開始したら、医師から基礎体温を記録するよう指示があるでしょう。また、定期的に受診して、血液検査や超音波検査を行い、治療効果を観察する必要があります。[11]
    広告

ポイント

  • プロメタジンや利尿薬を服用している場合は、hCG検査の前に医師に伝えましょう。hCG値の偽低下を引き起こす可能性があります。[12]

広告

注意事項

  • 非妊娠時のhCG高値は、腫瘍の可能性があります。妊娠していないのにhCG高値を認めたら、主治医に必ず相談しましょう。[13]
  • hCGを配合したダイエット商品の使用はやめましょう。安全性および効果が確証されていません。[14]
広告

関連記事

How to

聴診器を使う

How to

胸部X線画像を診断する
広告

このwikiHow記事について

学会認定産婦人科医
この記事はJohn Thoppil, MDが共著しています。 ソーピル医師はテキサス州オースティン市にある婦人科医院、「River Place OB/GYN」の産婦人科医です。ソーピル医師が主治医を務める同院は4年連続でAustin Monthly(オースティン市の月刊情報サイト)より「最高位の産婦人科医院」に選ばれています。ソーピル医師はテキサスA&M大学にて学士号を、ベイラー医科大学にて医学博士号を取得しています。
カテゴリ: 妊娠期 | 人間医学
このページは 2 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告