iCloudミュージックライブラリをオフにする方法

共同執筆者 wikiHow編集チーム

この記事では、iPhone、iPad、またはコンピュータでiCloudミュージックライブラリを無効にする方法を説明します。iCloudミュージックライブラリは、Apple Musicに登録している場合のみ利用することができます。iCloudミュージックライブラリをオフにすると、ダウンロードしたApple Musicの曲は現在使っているデバイス(例:iPhone)から削除されます。

方法 1 の 2:
iPhone

  1. 1
    iPhoneの設定を開きましょう。設定アプリのアイコンをタップします。灰色の箱に歯車のセットがついているようなものです。
  2. 2
    下にスクロールし ミュージックをタップしましょう。このオプションは「設定」ページの中央付近にあります。
  3. 3
    緑の「iCloudミュージックライブラリ」スイッチをタップしましょう。画面の上の方にあります。スイッチの色が灰色 に変わります。
    • 「iCloudミュージックライブラリ」オプションが表示されない場合は、Apple Musicに登録していないため、iCloudミュージックライブラリをオフ(またはオン)にすることはできません。
  4. 4
    プロンプトが表示されたらOKをタップしましょう。これにより決定が承認され、iCloudミュージックライブラリがオフになります。Apple MusicがiPhoneから削除されますが、iCloudミュージックライブラリをオンに戻すことで、いつでも再ダウンロードすることができます。
    広告

方法 2 の 2:
デスクトップ

  1. 1
    iTunesを開きましょう。iTunesアプリのアイコンをクリックまたはダブルクリックします。白い背景にマルチカラーの、音符に似たようなマークが付いているアイコンです。
    • アップデートをインストールするかどうか確認するメッセージが表示された場合は、先に進む前にアップデートをインストールしましょう。
  2. 2
    編集をクリックしましょう。iTunesウィンドウの上部にあるメニュー項目です。ドロップダウンメニューが表示されます。
    • Macの場合、画面左上のiTunesをクリックします。
  3. 3
    環境設定をクリックしましょう。これはドロップダウンメニューの下部にあります。環境設定ウィンドウがポップアップします。
  4. 4
    一般タブをクリックしましょう。環境設定ウィンドウの上部にあります。
  5. 5
    「iCloudミュージックライブラリ」ボックスのチェックを外しましょう。ウィンドウの上部に表示されます。[1]
    • ボックスのチェックをオフにすると、使用中のコンピュータでiCloudミュージックライブラリが無効になります。
    • このボックスが表示されない場合は、使用中のアカウントではiCloudミュージックライブラリを使用できません。
  6. 6
    OKをクリックしましょう。これは環境設定ウィンドウの下部にあります。これにより、変更が保存され、保存されているApple Musicの曲がライブラリから削除されます。
    広告

このwikiHow記事について

共著:
wikiHowスタッフ編集者
この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。
このページは 426 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告