iMessageを使う方法

「iMessage」とは、iOS端末間でインターネットを経由してメッセージを送受信できるサービスのことです。「iMessage」を使えば、Wi-Fi(無線LAN)または3G/4G回線に接続しているときに、iPhoneやMac、iPad、iPod Touchでメッセージを送受信することができます。「iMessage」のメッセージは、相手が同じアプリを入れていれば、iOS端末間で自動的に送受信することが可能です。

パート 1 の 5:
基本を理解する

  1. 1
    「メッセージ」アプリから「iMessage」を送信する 「iMessage」のメッセージは、「SMS(ショートメッセージサービス)」と同様に「メッセージ」アプリを介して送信されます。「iMessage」や「SMS」では、同じ相手とのやり取りが1つのチャットにまとめられます。[1]
  2. 2
    契約中の通信キャリアのSMSプランを利用せずに、他のAppleユーザーにメッセージを送信する 「iMessage」を使えば、他のAppleユーザーにメッセージを送信することができます。「iMessage」には文字数制限がありません。このメッセージは、適切であれば自動的に送信されます。別の相手にメッセージを送信するときも切り替える必要はありません。
    • 「iMessage」では、相手に送信したメッセージが青色で表示されます。一方、SMSメッセージは緑色で表示されます。
  3. 3
    Apple端末で「iMessage」を有効にする 「iMessage」は、インターネットに接続していれば、どのApple端末からでも利用することができます。ただし、Android端末やWindowsパソコンでは利用することができません。[2]
  4. 4
    「iMessage」からワイヤレスネットワークまたはモバイルデータネットワークに接続する 「iMessage」にはインターネット接続が必要です。つまり、「iMessage」を利用するには、Wi-Fi(無線LAN)または3G/4G回線に接続する必要があります。なお、ワイヤレスネットワークに接続していないと、iPhoneでは「iMessage」がSMSモードに切り替わり、iPodやiPadでは「iMessage」が利用できなくなります。
    • 「iMessage」は、契約中のメッセージプランとしてはカウントされません。Wi-Fiに接続しない限り、「iMessage」はモバイルデータとしてカウントされます。
    広告

パート 2 の 5:
「iMessage」を有効にする

  1. 1
    Apple IDを作成する 「iMessage」には無料のApple IDが必要です。このApple IDを使用して、各端末にログインしましょう。「iMessage」はすべての端末で同期されます。
    • Apple IDは、appleid.apple.com/accountから無料で作成することが可能です。アカウントを確認するには、有効なメールアドレスを入力する必要があります。
  2. 2
    Apple IDを使ってiOS端末にログインする Apple IDを取得したら、それを使用してiPhone、iPad、またはiPod Touchにログインしましょう。Apple IDを使用すれば、複数の端末にログインすることができます。
    • 「設定」アプリを開いて、「メッセージ」を選択します。
    • 「iMessage」をオンにして、「iMessageにApple IDを使用」をタップします(iPhoneのみ)。
    • Apple IDとパスワードを入力しましょう。「iMessage」の起動には時間がかかる場合があります。
  3. 3
    Mac OS Xのパソコンで「iMessage」を有効にする 「iMessage」の送受信は、Mountain Lion以降を搭載したMac OS Xのパソコンに対応しています。
    • 「メッセージ」アプリを開きましょう。このアプリは、「Dock」または「アプリケーション」フォルダにあります。
    • 「メッセージ」メニューをクリックして、「設定」を選択します。
    • Apple IDが選択されていることを確認します。Apple IDでログインしていない場合は、+ボタンをクリックしてログインしましょう。
    • 「このアカウントを有効にする」オプションをオンにします。これで「iMessage」の送受信が可能になりました。
    広告

パート 3 の 5:
メッセージを送受信する

  1. 1
    アクセス可能なアドレスを設定する 「iMessage」は、iPhoneであれば電話番号とメールアドレスのどちらにでも送信することができます。アカウントに複数のメールアドレスが関連付けられている場合は、任意のアドレスを選択することが可能です。
    • 「設定」アプリを開いて、「メッセージ」を選択します。
    • 「送受信」をタップしたら、メールアドレスをタップして、メールアドレスのオンオフを切り替えます。また、他に連絡を取りたい場合は、別のメールアドレスを追加することも可能です。ただし、端末に関連付けられるApple IDのメールアドレスは一度に一つまでとなります。
    • メッセージの送信元のメールアドレスまたは電話番号を選択します。
  2. 2
    「メッセージ」アプリを開く 「iMessage」のメッセージは、「SMS」と同様に「メッセージ」アプリを介して送信されます。
  3. 3
    「作成」ボタンをタップして、新規メッセージを作成する 連絡先に記載されている相手であれば誰にでも新規メッセージを作成することが可能です。「iMessage」を利用している場合は、「iMessage」のチャットのみとなります。
  4. 4
    「送信」ボタンをチェックする そのメッセージが標準の「SMS」として送信されるのか「iMessage」として送信されるのかは、「送信」ボタンの色を見ればわかります。ボタンが青色の場合、そのメッセージは「iMessage」として送信されることになります。一方、ボタンが緑色の場合、そのメッセージは「SMS」として送信されることになります。
    • iPadおよびiPodの場合は、「iMessage」を利用している相手にしかメッセージを送信することができません。
  5. 5
    写真やビデオを添付する メッセージには、メールと同じようにメディアを添付することができます。「iMessage」では、契約中のキャリアのSMSプランを使うことなく、こうしたメッセージを送信することが可能です。
    • チャットの左下にある「カメラ」ボタンをタップします。
    • 端末上の写真やビデオをすべて表示するには、「フォトライブラリ」オプションをタップします。
    • 写真またはビデオをタップして、メッセージに添付します。
    • メッセージを送信しましょう。モバイルデータネットワーク経由でメッセージを送信する場合は、お使いのデータ通信プランにカウントされます。
    広告

パート 4 の 5:
「iMessage」をもっと使う

  1. 1
    「iMessage」から音声メッセージを送信する 「iMessage」では、連絡先に音声メッセージを送信することもできます。ただし、これにはiOS 8以降が必要です。
    • 「メッセージ」からチャットを開きます。
    • 右下のマイクボタンを長押しします。
    • ボタンを長押ししながら、録音したいメッセージを読み上げます。
    • 上にスワイプして、音声メッセージを送信します。
  2. 2
    地図の位置情報を送信する 「iMessage」では、連絡先に「マップ」アプリから位置情報を共有することもできます。
    • 「マップ」アプリを開いて、共有したい位置を検索します。
    • 右上の「共有」ボタンをタップします。
    • オプションの一覧から「メッセージ」を選択したら、「送信」をタップして、位置情報を送信しましょう。チャットに表示されている地図を相手がタップすると、「マップ」アプリが起動します。
  3. 3
    端末のロック画面に表示される「iMessage」のプレビューをオフにする デフォルトでは、メッセージのプレビューが端末のロック画面に表示されます。プライバシーを重視したい場合は、この機能を無効にしましょう。 [3]
    • 「設定」アプリを開いて、「通知」を選択します。
    • 「メッセージ」オプションをタップしたら、「プレビューを表示」までスクロールして、これをオフにします。
  4. 4
    「iMessage」内のメッセージが自動的に削除されるように設定する 古いメッセージ、とくに写真やビデオが添付されているメッセージは、端末の容量を圧迫してしまうことがあります。デフォルトでは、メッセージ履歴がすべて保存されるようになっています。iOS 8以降の端末を使用している場合は、古いメッセージが自動的に削除されるように設定を変更しましょう。
    • 「設定」アプリを開いて、「メッセージ」を選択します。
    • 「メッセージを残す」オプションをタップして、「30日間」または「1年間」を選択しましょう。すると、設定した期間より古いメッセージは、削除するかどうかを尋ねられるようになります。
  5. 5
    通知を受け取りたくない場合は、グループチャットから退室する 通知を受け取りたくない場合は、グループチャットから退出することができます。ただし、これは、グループチャットのメンバー全員がiOS 8以降の端末で「iMessage」を使用している場合にしかできません。
    • 残したいチャットを開きます。
    • 右上の「詳細」オプションをタップします。
    • 画面を下にスクロールして、「このチャットを離れる」をタップしましょう。このオプションがグレー表示になっている場合、iOS 8以降の端末で「iMessage」を利用していないメンバーが少なくとも一人はいるということになります。
  6. 6
    「開封証明」のオン・オフを切り替えて、メッセージの既読通知を表示または非表示にする 「iMessage」でやり取りする相手は、直近のメッセージをこちらが既読したかどうか確認することができます。メッセージの未読/既読を共有したくない場合は、この機能を無効にしましょう。
    • 「設定」アプリを開いて、「メッセージ」を選択します。
    • 必要に応じて「開封証明を送信」のオンオフを切り替えます。
    広告

パート 5 の 5:
トラブルシューティングを行う

  1. 1
    接続を確認する 「iMessage」にはインターネット接続が必要です。ページを読み込めない場合は、「iMessage」ではなくネットワーク接続に問題があります。その場合は、ワイヤレスネットワークへの接続を一度切断してから再接続してみましょう。また、端末を再起動するという手もあります。
    • 「iMessage」サービスの状態は、apple.com/support/systemstatus/で確認することができます。
  2. 2
    通常のメッセージを送信できない場合は、「iMessage」の設定を確認する 「iMessage」の設定によっては、サービスに問題が生じる場合があります。
    • 「設定」アプリを開いて、「メッセージ」を選択します。
    • 「SMSで送信」が有効になっていることを確認しましょう。これを有効にしておくと、「iMessage」が利用できない場合にメッセージがSMSメッセージとして送信されるようになります。
    • 「メッセージ転送(SMS/MMS転送)」オプションをタップして、すべての転送を無効にしましょう。この転送を有効にしておけば、すべてのiCloud端末でSMSを送受信することができますが、この転送は問題が発生するといわれています。
  3. 3
    日付と時刻の設定を確認する 日付や時刻が間違っていると、「iMessage」を起動できなかったり、「iMessage」のサーバーに接続できなかったりすることがあります。
    • 「設定」アプリを開いて、「一般」をタップします。
    • 「日付と時刻」を選択して、位置情報が正しく設定されていることを確認します。
  4. 4
    メッセージを送受信できない場合は、端末を再起動する 場合によっては、強制的に再起動して「iMessage」の問題が解決することもあります。まずは、端末の「スリープ/スリープ解除」ボタンを長押ししましょう。次に、スライダーをスワイプして、端末の電源を切ります。最後に、「スリープ/スリープ解除」ボタンを再度長押しして、端末の電源を入れ直しましょう。
  5. 5
    それでも「iMessage」が動作しない場合は、システムの復元を実行する システムを復元しないと、iOS端末の問題が解決されない場合もあります。「iTunes」でバックアップを作成しておいて、システムの復元後にそのバックアップを読み込めば、データを保護することが可能です。
    • iOS端末をパソコンに接続したら、「iTunes」を開いて、一番上のボタンの中からiOS端末を選択します。
    • 今すぐバックアップボタンをクリックしましょう。これにより、iOS端末のバックアップがパソコン上に作成されます。
    • iPhone/iPad/iPodを復元...ボタンをクリックします。
    • 端末が復元、初期化されるのを待ちましょう。復元および初期化が完了したら、上記で作成したバックアップを選択して、端末をセットアップします。
  6. 6
    Apple以外に機種変更する場合は、「iMessage」を無効にする 機種変更をするときに「iMessage」を無効にしておかないと、機種変更前の連絡先から送られてきたメッセージを受信できなくなる場合があります。[4]
    • iPhoneをまだ持っていれば、「設定」アプリを開いてから、「メッセージ」を選択して、「iMessage」をオフに切り替えましょう。「iMessage」サーバーによる変更の処理には時間がかかる場合があります。
    • iPhoneをもう持っていない場合は、selfsolve.apple.com/deregister-imessage/jp/jaにアクセスして、電話番号を入力すると、確認コードが記載されたSMSが端末に届きます。コードを確認したら、そのコードをに2番目のフィールドに入力して、「iMessage」をオフにしましょう。
    広告

関連記事

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む10人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。
カテゴリ: AppleiOS搭載スマホ
このページは 217 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告