iPhoneでアルバムを非表示にする方法

共同執筆者 Jack Lloyd

この記事では、iPhoneの「写真」アプリに保存されている写真を「コレクション」や「メモリー」から非表示にする方法、および「Photo Vault」というアプリをダウンロードして、選択した写真をパスコードで非表示に設定する方法を解説します。

パート 1 の 2:
コレクションやメモリーから写真を非表示にする

  1. 1
    「写真」を開く 白い背景にカラフルな風車のアイコンのことです。
  2. 2
    アルバムをタップする 画面の右下にあります。
    • 「写真」アプリから写真を開く場合は、画面の左上にある「戻る」ボタンを2回タップしましょう。
  3. 3
    アルバムを選択する このアルバムには、非表示にしたい写真が入っていなければなりません。
  4. 4
    選択をタップする 画面の右上にあります。
  5. 5
    非表示にしたい写真を選択する 青い背景に白いチェックマークのアイコンが、選択した写真の右下に表示されます。
  6. 6
    「共有」ボタンをタップする 画面の左下にある上向き矢印の付いた四角形のことです。
  7. 7
    非表示をタップする 「非表示」ボタンは「共有」メニュー最下行の右側にあります。
  8. 8
    プロンプトが表示されたら、X枚の写真を非表示にするをタップする 「X」には選択した写真の枚数が入ります。このボタンをタップすると、選択した写真が「モーメント」や「年別」、「コレクション」の写真の一覧には表示されなくなります。[1]
    • 「アルバム」ページにある非表示というアルバムをタップすると、「非表示」に分類した写真がすべて表示されます。
    広告

パート 2 の 2:
「Photo Vault」を使用する

  1. 1
    「Photo Vault」アプリを開く フォルダに鍵をしているようなアイコンのことです。
  2. 2
    開始をタップする
  3. 3
    パスコードを設定をタップする キーパッドが表示されます。
  4. 4
    4桁のパスコードを2回入力する パスコードを正しく入力したということを確認するためのものです。
    • また、プロンプトが表示されたときに予備のメールアドレスを追加することもできます。
  5. 5
    をタップする
  6. 6
    同意するをタップする
  7. 7
    最初のアルバムをタップする 「iTunes Album」の下にあります。
  8. 8
    +をタップする 画面の右下にあります。
  9. 9
    フォトライブラリーをタップする 画面の中央にあります。
  10. 10
    OKをタップする 「Photo Vault」からカメラロールにアクセスできるようになります。
  11. 11
    アルバムを選択する どのアルバムを選択すればよいかわからない場合は、画面の一番上にあるすべての写真を選択しましょう。
  12. 12
    非表示にしたい写真を選択する 選択した写真のサムネイルには白いチェックマークが付きます。
  13. 13
    完了をタップする 画面の右上にあります。完了をタップすると、選択した写真のインポートを開始されます。
  14. 14
    消去またはキャンセルをタップする 「消去」をタップすると、選択した写真がカメラロールから削除されます。キャンセルをタップすると、「PhotoVault」だけでなくカメラロールにも写真が残ります。
  15. 15
    「Photo Vault」を閉じる アプリをまた開いて、アプリ内の写真にアクセスするには、パスコードの入力が必要になります。
    • ホームボタンをダブルタップすると、「Photo Vault」自体がパスワードで保護されます。
    広告

ポイント

  • 「メッセージ」などのアプリでは、写真を「非表示」にしても共有することができます。

広告

注意事項

  • 「Photo Vault」を削除すると、そのアプリに保存されている写真もすべて削除されてしまいます。
広告

このwikiHow記事について

テクノロジーライター・編集者
この記事はJack Lloydが共著しています。 テクノロジーマニアのジャック・ロイドは、wikiHowのテクノロジーライター兼編集者です。2年以上にわたりIT関連記事の執筆と編集を行っています。英語教師としても活躍しています。
カテゴリ: AppleiOS搭載スマホ
このページは 22 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告