iPhoneにはいろいろなデフォルト着信音が用意されていますが、これは「自分の」好きな曲から選んでいるわけではありません。実は、iTunesで好きな曲から30~40秒の着信音を作る方法があるのです。作った着信音をiPhoneに同期させれば、通常の着信音や連絡先ごとの着信音に設定することができます。

パート 1 の 3:
着信音の作成

  1. 1
    Windowsの場合は、iTunesをダウンロードしてインストールしましょう。iTunesを使ってパソコンにある曲から着信音を作り、iPhoneに転送します。Windowsユーザーの場合はまず、iTunesをダウンロードしてインストールする必要があります(Macにはあらかじめインストールされています)。
    • iTunesはここから無料でインストールできます。
    • 着信音の同期はバージョンが新しいほど実行しやすいため、最新バージョンのiTunesを使いましょう。
    • iTuneの他にも曲から着信音を作るアプリやウェブサイトはありますが、作成した着信音を最終的にiPhoneに同期するにはiTunesが必要です。したがって、iTunesに直接着信音を作る方がはるかに分かりやすい方法と言えます。
  2. 2
    着信音作成用の曲をiTunesに読み込みます。着信音を作るには、曲をiTunesライブラリに追加する必要があります。
    • iTunes画面に曲のファイルをドラッグ&ドロップして、ライブラリに曲を追加します。
    • 「ファイル」→「ファイルをライブラリに追加」でファイルを選択することもできます。
    • ライブラリに曲を追加できない場合は、そのファイルに互換性がないためかもしれません。WAVファイルなどのファイル形式はMP3に変換しましょう。
  3. 3
    曲を聴き、着信音にしたい部分を選びます。着信音の長さは最大40秒です。着信音にぴったりの部分を選びましょう。
  4. 4
    着信音の開始時間と停止時間をメモしましょう。着信音の始めと終わりの時間(分:秒)をメモしておくと、後の作業が楽になります。
  5. 5
    曲のファイルを右クリックして「情報を見る」を選択します。別のウィンドウが開いて、曲の詳細が表示されます。
  6. 6
    「オプション」タブをクリックします。画面下に「開始時間」と「停止時間」の設定欄があります。
  7. 7
    メモしておいた開始時間と停止時間を入力します。左側のボックスにチェックを入れて、入力した時間を有効化します。
  8. 8
    着信音を試聴して調整します。曲の情報画面を閉じ、iTunesで「再生」をクリックして着信音を聞いてみましょう。必要であれば、情報画面の「オプション」タブに戻って0.01秒単位で調整することも可能です。納得のいく着信音ができるまでこれを繰り返します。
    • 着信音は必ず40秒以内に収めましょう。
  9. 9
    着信音を右クリックして「AACバージョンを作成」を選択します。作成した着信音がライブラリに表示されます。元の長さの原曲ファイルと指定した長さに切り取られた着信音用のファイルが表示されるはずです。
    • 「AACバージョンの作成」が表示されない場合は、「編集」または「iTunes」メニューで「設定」を選択します。「インポート設定」をクリックして、「インポート方法」で「AACエンコーダ」を選択しましょう。[1]
  10. 10
    着信音のファイルを右クリックして「Windows エクスプローラーで表示」(Windows)あるいは「Finderで表示」(Mac)を選択します。エクスプローラー画面が開き、着信音のファイルがハイライト表示されます。
  11. 11
    Windowsの場合は、ファイル名拡張子を表示させましょう。拡張子を書き換えることでファイル形式を変更しますが、Windowsではこの拡張子が非表示設定になっている場合が多くあります。拡張子を表示する設定になっていれば、着信音のファイル名の末尾に「.m4a」と表示されます。表示されていない場合は、まず拡張子を表示させなければなりません。
    • Windows 10/8.1/8:エクスプローラーの「表示」メニューをクリックします。「ファイル名拡張子」のチェックボックスをクリックして表示を有効にします。
    • Windows 7以前:「スタート」メニューから「コントロールパネル」を開きます。「フォルダー オプション」または「デスクトップのカスタマイズ」→「フォルダオプション」を開きます。「表示」タブをクリックします。「登録されている拡張子は表示しない」のチェックをはずします。
  12. 12
    着信音のファイルをクリックして「名前の変更」を選択します。これでファイルの拡張子を変更できます。
    • iTunesライブラリ内ではなく、必ずエクスプローラー上のファイルを右クリックします。
  13. 13
    拡張子を「.m4a」から「.m4r」に変更します。これで、iTunesやお使いのiPhoneで着信音として認識されるファイル形式に変更されます。
    • 「拡張子を変更するとファイルが使えなくなる可能性があります」というメッセージが表示されますが、そのまま進めて問題ありません。
  14. 14
    iTunesライブラリを開きます。iTunes 画面に戻って、もとの曲と着信音を確認します。
  15. 15
    着信音のファイルをiTunesから削除します(ハードディスク内のファイルは削除しません)。iTunesで着信音のファイルを右クリックして「削除」を選択します。確認画面で「ファイルを保持」を選びます。ゴミ箱に入れると始めからやり直しになるため注意しましょう。iTunesライブラリ内のファイルのみ削除します。
  16. 16
    iTunes画面に.m4rファイルをドラッグ&ドロップします。これで.m4rファイルが「着信音」ライブラリに追加されます。iPhoneに着信音を同期する準備は完了です。[2]
    広告

パート 2 の 3:
着信音の同期

  1. 1
    iPhoneをパソコンに接続します。以前にiPhoneを接続したことがあれば、iPhoneのアイコンが自動的にiTunesに表示されます。接続したことがない場合、iTunesで初期設定を行う画面が表示されます。この設定は簡単なもので、iTunes上でのiPhoneの名前を設定します。
    • iPhoneの画面にダイアログボックスが表示されたら「信頼」をタップします。
  2. 2
    「着信音」ライブラリを開きます。iTunes 画面上部の「…」ボタンをクリックして、ベルのアイコンが表示されている「着信音」を選択します。「着信音」ライブラリでは、作成した着信音を含む着信音の一覧が表示されます。
  3. 3
    着信音のファイルをドラッグします。画面左側の「デバイス」欄にiPhoneが表示されています。
  4. 4
    着信音を画面左側のサイドバーに表示されているiPhoneの上までドラッグ&ドロップします。すぐに着信音がiPhoneに同期されます。
    • 上記の方法で着信音が同期できない場合、画面上部のボタンからiPhoneを選択します。デバイスを選択すると左側にサイドバーが表示されるので、「着信音」をクリックします。「着信音を同期」にチェックを入れて、同期したい着信音を選びます。「適用」をクリックすると同期が始まります。
    広告

パート 3 の 3:
着信音の変更

  1. 1
    iPhoneの「設定」を開きます。着信音の同期が終われば、通常の着信音や特定の連絡先の着信音に設定できます。
  2. 2
    「サウンド」をタップします。お使いのiPhoneのサウンドオプションを表示します。
  3. 3
    「着信音」をタップします。着信音のリストが表示されます。
  4. 4
    作成した着信音を選択します。追加した着信音はリストの一番上に表示されます。タップすると通常の着信音に設定されます。
    • 作成した着信音が表示されない場合、長さが40秒を超えていた可能性があります。
  5. 5
    作成した着信音を特定の連絡先の着信音に設定します。連絡先ごとに異なる着信音を設定することができます。
    • 「連絡先」を開きます。
    • 着信音を設定する連絡先をタップします。
    • 画面右上の「編集」をタップします。
    • 「着信音」をタップします。
    • 設定したい着信音を選びます。
    広告

関連記事

How to

iPhoneで開発者モードを有効にする

How to

iPhoneで動画をループ(繰り返し)再生させる

How to

iPhoneやiPadでTikTok動画から曲をカットする

How to

iPhoneにGIF画像を保存する

How to

Firefoxでウェブサイトをブロックする

How to

iPhoneでアプリを信頼する

How to

連絡先をExcelからAndroidにインポートする

How to

iCloudからアプリを削除する

How to

iPhone上でメールアカウントからログアウトする

How to

iPhoneまたはiPadでSpotifyの次に再生される曲を削除する

How to

iPhoneのスピーカーを掃除する

How to

iTunesを使わずにiPhoneに音楽を入れる

How to

iPhoneで絵文字をアップデートする

How to

水に濡れたiPhoneを乾かす
広告

このwikiHow記事について

この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

wikiHowのコンテンツ管理チームは、編集チームが編集した記事を細心の注意を払って精査し、すべての記事がwikiHowの高品質基準を満たしているかどうかを確認しています。 この記事は1,792回アクセスされました。
このページは 1,792 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告