この記事では、iPhoneで文書を編集する方法を紹介します。Microsoft Office Word文書は、iPhone版「Word」を使って編集することが可能です。ただし、「Word」を使って文書を編集するには、Office 365アカウントが必要になります。Office 365アカウントを持っていない場合は、「Pages」を使ってWord文書を編集しましょう。また、iPhoneでは「Googleドキュメント」を使ってテキスト文書を編集することもできます。

方法 1 の 3:
iPhone版「Word」で文書を編集する

  1. 1
    「Word」をダウンロードしてインストールする 用紙の上に「W」と書かれた別の用紙が重なった青いアイコンのアプリです。「App Store」から「Word」をダウンロードするには、以下の操作を行います。
    • 「App Store」を開きます。
    • 検索をタップします。
    • 検索ボックスにWordと入力します。
    • 「Microsoft Word」をタップします。
    • 入手をタップします。
  2. 2
    「Word」を起動する ホーム画面の「Word」アイコンをタップするか、「App Store」で「開く」をタップすると起動します。
    • 文書を編集するには、サインインする必要があります。サインインするときは、画面の左上にある「サインイン」をタップして、Office 365アカウントに関連付けられているメールアドレスとパスワードでサインインしましょう。Office 365アカウントを持っていない場合は、「Pages」を使えばWord文書を無料で編集することができます。方法2を参照してください。
  3. 3
    開くをタップする クラウドサービスに保存した文書や、メールの添付ファイルからiPhoneやiPadに保存した文書を開くことができます。
    • クラウドサービスに保存したWord文書を開く場合は、「場所の追加」をタップし、クラウドサービスを選択して、クラウドサービスにサインインしましょう。これで、クラウドサービスから文書を開くことができるようになります。
    • メールの添付ファイルから保存したWord文書を開く場合は、「その他」をタップしてからWord文書を選択しましょう。
  4. 4
    文書内のテキストをタップする キーボードが表示されます。
  5. 5
    キーボードで入力する キーボードを使って文書内のテキストを編集しましょう。キーボードの右上には、「太字」や「斜体」、「下線」のボタンがあります。
  6. 6
    画面上部のタブを使って文書を編集する 画面上部のタブには以下のオプションがあります。
    • ホーム:このタブをタップすると、フォントやテキスト、背景色を変更したり、箇条書きや番号付きリストを追加したり、テキストを左揃え、中央揃え、右揃え、または両端揃えにしたりすることができます。
    • 挿入:このタブをタップすると、テーブルや画像、図形、ハイパーリンク、テキストボックスなどを挿入することができます。
    • 描画:このタブをタップすると、タッチペン(スタイラスペン)や「Apple Pencil」を使って文書に描画することができます。また、画面の上部にはマーカーのオプションがいくつかあります。
    • レイアウト:このタブをタップすると、印刷の向きやサイズを変更したり、余白や段組みを設定したり、区切りを挿入したりすることができます。
    • 校閲:このタブには、スペルチェックや文字カウント、変更履歴とコメントの表示、スマート検索のオプションがあります。
    • 表示:このタブをタップすると、印刷レイアウトからモバイルビューに変更したり、ルーラーのオンとオフを切り替えたりすることができます。
  7. 7
    文書を保存する 文書を保存するには、画面の左上にある紙アイコンをタップして「コピーの保存」をタップするか、画面の左上にある戻る矢印をタップし、すべての変更を取り消して保存します。
    広告

方法 2 の 3:
iPhone版「Pages」で文書を編集する

  1. 1
    「Pages」をダウンロードしてインストールする 「Pages」は、MacおよびiOSデバイス用のAppleのワープロアプリで、鉛筆と紙が描かれたオレンジ色のアイコンです。iPhoneに無料でダウンロードするには、以下の操作を行います。
    • 「App Store」を開きます。
    • 検索をタップします。
    • 検索ボックスにPagesと入力します。
    • 「Pages」アプリをタップします。
    • 「Pages」の右側にある入手をタップします。
  2. 2
    「Pages」を起動する ホーム画面の「Pages」アイコンをタップするか、「App Store」で「開く」をタップすると起動します。
  3. 3
    ブラウズをタップする フォルダをイメージした2番目のタブのことで、タップするとポップアップメニューが左側に表示されます。
  4. 4
    このiPhone内をタップする 「場所」という見出しの下にある2番目のオプションのことです。
  5. 5
    Pagesをタップする 「Pages」のアイコンが付いているフォルダのことです。
  6. 6
    文書を選択して、完了をタップする 「Pages」では、Pages文書やWord文書を開くことができます。ただし、Word文書の場合は、書式設定が正しく反映されないかもしれません。
  7. 7
    文書内のテキストをタップする キーボードが表示されます。
  8. 8
    キーボードで入力する キーボードを使って文書を編集しましょう。
    • キーボードの左上にある線の付いた矢印をタップすると、テキストをインデントしたり、タブを追加したりすることができます。
    • キーボードの左上にあるフォント名をタップすると、フォントを変更することができます。
    • キーボードにある小さい「A」と大きい「A」のアイコンをタップすると、フォントサイズを変更したり、テキストに太字や斜体、下線を適用したりすることができます。
    • キーボードの右上にある線の入ったアイコンをタップすると、テキストを揃えることができます。
    • キーボードの右側にある記号をタップすると、コメントやページ区切り、行区切り、段組み区切り、ブックマーク、脚注、数式を挿入することができます。
    • 画面の上部にある絵筆アイコンをタップすると、フォントやテキストのカラー、サイズ、段落スタイル、間隔を変更したり、箇条書きとリストを追加したりすることができます。
    • 画面の上部にある「+」アイコンをタップすると、メディアや表、グラフ、図形を挿入することができます。
    • 「⋯」をタップすると、文書の共有や書き出し、プリント、検索、書類設定の変更を行うことができます。
  9. 9
    をタップする 画面の左上にあります。
  10. 10
    書き出しをタップする オプションメニューの3番目のオプションのことです。
  11. 11
    フォーマットを選択する 文書は「PDF」、「Word」、「RTF(リッチテキストフォーマット)」、または「EPUB」で書き出し可能です。フォーマットを選択すると、文書を共有するオプションが表示されます。
  12. 12
    共有方法を選択する 文書はメールやメッセージで送信したり、ファイルに保存したりすることができます。
    広告

方法 3 の 3:
iPhone版「Googleドキュメント」で文書を編集する

  1. 1
    「Googleドキュメント」をダウンロードしてインストールする 「Googleドキュメント」は、Googleが提供するワープロアプリで、青い紙のアイコンです。「App Store」から「Googleドキュメント」をダウンロードするには、以下の操作を行います。
    • 「App Store」を開きます。
    • 検索をタップします。
    • 検索ボックスにGoogleドキュメントと入力します。
    • 「Googleドキュメント」アプリをタップします。
    • 「Googleドキュメント」の右側にある入手をタップします。
  2. 2
    「Googleドキュメント」を起動する ホーム画面のアイコンをタップするか、「App Store」で「開く」をタップすると起動します。
  3. 3
    「Googleドキュメント」にログインする 「Googleドキュメント」を初めて起動するときには、Googleアカウントにログインする必要があります。画面の左下にある「ログイン」をタップし、Googleアカウントに関連付けられているメールアドレスとパスワードでサインインしましょう。
  4. 4
    「Googleドキュメント」の文書を開く 最近使用した文書は冒頭の画面に表示されます。また、画面の右上にあるフォルダアイコンをタップして、「Googleドライブ」から文書を開くことも可能です。
    • 「Googleドキュメント」にはWord文書を編集する機能がありませんが、Wordの.docx形式で書き出すことはできます。
  5. 5
    鉛筆アイコン
    Android7edit.pngというタイトルの画像
    をタップする 
    画面の右下にある鉛筆が描かれた青いアイコンのことで、タップするとキーボードが表示されます。
  6. 6
    キーボードで入力する キーボードを使って文書内のテキストを編集して入力しましょう。画面の上部にあるボタンを使うと、テキストに太字や斜体、下線、取り消し線を適用することができます。また、テキストの配置を変更したり、箇条書きや番号付きリスト、インデントを追加したりすることも可能です。
  7. 7
    +をタップする 画面の右上にある「+(プラス)」ボタンをタップすると、リンクやコメント、画像、表、区切り線、改ページ、ページ番号を文書に挿入することができます。
  8. 8
    「A」と書かれていて右に線が入ったアイコンをタップする このアイコンをタップすると、テキストを修正することができます。「テキスト」タブでは、フォントやスタイル、フォントサイズ、テキストの色を変更可能です。また、「段落」タブでは、テキストの配置を変更したり、箇条書きや番号付きリスト、インデントを追加したり、行間隔を変更したりすることができます。
  9. 9
    をタップする このオプションメニューをタップすると、印刷レイアウトやドキュメントの概要の表示、検索と置換、データ探索、文字カウントの確認、ページ設定の変更、ドキュメントの詳細の表示、文書の共有と書き出しを行うことができます。
  10. 10
    文書を共有する 文書を共有するには、以下の操作を行います。
    • 右上の「…」をタップします。
    • 「共有とエクスポート」をタップします。
    • 「ユーザーを追加」をタップします。
    • 「ユーザー」のテキストボックスに宛先のメールアドレスを入力します。
    • ポップアップ画面の右上にある紙飛行機のようなアイコンをタップします。
    • 「リンクの共有」をオンにし、「リンクをコピー」をタップして、メールやテキスト、インスタントメッセージでそのリンクを他の人に送信することもできます。
  11. 11
    文書を保存する 文書を保存するときは、画面の右上にあるチェックマークアイコンをタップしましょう。これで文書が閉じて保存されます。
    • Word文書として保存する場合は、「…」→「共有とエクスポート」→「Word形式で保存(.docx)」の順にタップしましょう。
    広告

関連記事

How to

スマートフォンとHisense(ハイセンス)のテレビを接続する

How to

Apple WatchをiPhoneと同期する

How to

iPhoneにGIF画像を保存する

How to

スマートフォンとパソコン間でデータ転送を行う

How to

iPhoneでアプリを信頼する

How to

Androidの画面解像度を変更する

How to

携帯電話を使ってノートパソコンをインターネットに接続する

How to

非通知着信の番号に電話をかけ直す

How to

WhatsAppで相手にブロックされているかを確認する

How to

iPhoneから別のiPhoneに連絡先を移行する

How to

Facebook Messengerで誰かが自分をブロックしていないか確認する

How to

WhatsAppでグループを作成する

How to

メモリの容量を確認する

How to

iPhoneで合計通話時間を確認する
広告

このwikiHow記事について

Travis Boylls
共著者 :
Travis Boylls
IT専門家
この記事の共著者 Travis Boylls. テクノロジーに関する記事の執筆、ソフトウェアー関連のカスタマーサポート、そしてグラフィックデザインの実務経験を持つトラヴィス・ボイルスは、wikiHowにてテクノロジー記事の制作と編集者の業務を担当しています。パイクスピーク・コミュニティー・カレッジにてグラフィックデザインを学び、Windows、macOS、Android、iOS、Linuxのシステムに精通しています。
カテゴリ: スマートフォン
このページは 61 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告