PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

この記事では、iPhoneの写真をMacに取り込む方法を解説します。iPhoneの写真をMacに取り込む方法には、Macにインストールされている「写真」アプリや「イメージキャプチャ」アプリを使って写真を取り込む、「AirDrop」を使って写真を取り込む、iPhoneの写真を「iCloud」に同期して、そこからMacにダウンロードするという3つの方法があります。「iCloud」を使って写真を取り込む場合は、iPhoneの写真をすべて保存するのに十分な空き容量が「iCloud」に必要なので注意しましょう。

方法 1 の 3:
「写真」アプリを使う

  1. 1
    iPhoneをMacに接続する Lightningケーブルの一端(Lightning端子側)をiPhoneのLightningポートに差し込んでから、もう一端(USB端子側)をMacのUSBポートのいずれかに差し込みます。
  2. 2
    「写真」アプリを開く(Mac) 「Dock」にあるカラフルな花の形をしたアイコンをクリックします。
    • 「写真」アプリは、iPhoneをMacに接続したときに自動的に開く場合があります。その場合は、この手順をスキップしましょう。
    専門家情報
    Chiara Corsaro
    Chiara Corsaro

    専門家によるポイント:通常は、iPhoneをMacに接続したときに、Appleの「写真」アプリが自動的に起動し、スマートフォンからパソコンに写真を取り込むかどうかを尋ねられます。また、「iCloud」を有効にしていれば、スマートフォンに保存されているデータは、すべて自動的に同期されるはずです。

  3. 3
    iPhoneを選択する ウィンドウの左カラムからiPhoneの名前をクリックして選択しましょう。「デバイス」という見出しの下にあります。
    • 左カラムの「デバイス」という項目にiPhoneが表示されていない場合は、まず、ロックが解除されていることを確認しましょう。
  4. 4
    ダウンロードしたい写真を選択する Macに取り込みたい写真やビデオをそれぞれクリックしていきます。[1]
    • Macにダウンロードしていない写真をすべて取り込みたい場合は、この手順をスキップしましょう。
  5. 5
    X個の選択項目を読み込むをクリックする ウィンドウの右上にある灰色のボタンのことです。また、このボタンには選択した写真の枚数も表示されます(例:34個の選択項目を読み込む)。
    • iPhoneに保存されている新しい写真をすべて取り込みたい場合は、すべての新しい写真を読み込むという青いボタンをクリックしましょう。
  6. 6
    写真の取り込みが完了するまで待つ 写真の取り込みが完了すれば、ウィンドウの左側にあるマイアルバムという項目をクリックして、写真を見ることができるようになります。
    広告

方法 2 の 3:
「AirDrop」を使う

  1. 1
    Macの「AirDrop」を有効にする 「Finder」を開いて、ウィンドウの左側からAirDropを選択し、このMacを検出可能な相手というリンクをクリックすると、ドロップダウンメニューが表示されるので、その中から全員を選択します。
    • 「AirDrop」ウィンドウを最初に開いたときに、ウィンドウの中央にBluetoothを入にするというボタンが表示された場合は、そのボタンをクリックして、MacのBluetoothを有効にしましょう。
  2. 2
    「写真」アプリを開く(iPhone) 「写真」アプリのアイコンをタップします。このアイコンとは、白地にカラフルな花のようなものが描かれているアイコンのことです。
  3. 3
    アルバムをタップする 「写真」アプリの右下にあります。
    • 「写真」アプリを開いたときに「アルバム」ページが表示された場合は、この手順をスキップしましょう。
    • 「写真」アプリを開いたときに写真の一覧が表示された場合は、画面の左上にある「戻る」ボタンをタップしてから、次の手順に進みましょう。
  4. 4
    カメラロールをタップする ページの一番最初のオプションとして表示されているはずです。このオプションをタップすると、iPhoneに保存されている写真の一覧が表示されます。
  5. 5
    選択をタップする 画面の右上にあります。
  6. 6
    写真を選択する Macに取り込みたい写真をそれぞれタップしていきましょう。選択した写真の右下には、青と白のチェックマークアイコンが表示されます。
  7. 7
    「共有」
    Iphoneshare.pngというタイトルの画像
    をタップする 
    画面の左下にある矢印の形をしたアイコンのことです。このアイコンをタップすると、「共有」メニューが表示されます。
  8. 8
    「AirDrop」アイコンをタップする 「共有」メニューの上のほうにある同心円のようなアイコンのことです。このアイコンをタップすると、iPhoneのBluetoothとWi-Fiが無効になっている場合は有効になり、Macのコンピューター名が表示されます。
  9. 9
    Macのコンピューター名をタップする 「AirDrop」メニューの中にあります。このコンピューター名をタップすると、Macの「ダウンロード」フォルダーに写真が取り込まれます。このフォルダーを開きたいときは、「Finder」ウィンドウの左側にあるダウンロードをクリックしましょう。
    • iPhoneとMacで同じApple IDにログインしていない場合は、Mac側でプロンプトが表示されたときに写真転送の確認を行う必要があります。
    広告

方法 3 の 3:
「iCloudフォトライブラリ」を使う

  1. 1
    十分な空き容量があることを確認する この方法は、iPhoneに保存されているすべての写真を「iCloud」にアップロードするのに使います。また、アップロードした写真は、インターネットにアクセスしていれば、どのパソコンにもダウンロードすることが可能です。ただし、「iCloudフォトライブラリ」を使うときは、iCloudストレージの容量が、写真に使われているストレージの容量よりも大きくなければなりません。最初は5GBの無料ストレージからになりますが、ストレージをアップグレードしないと写真を保存できない場合があります。
  2. 2
    「設定」
    Iphonesettingsappicon.pngというタイトルの画像
    を開く(iPhone) 
    「設定」アプリのアイコンをタップします。このアイコンとは、歯車の付いた灰色の四角いアイコンのことです。
  3. 3
    Apple IDをタップする 「設定」ページの一番上にあります。
    • まだサインインしていない場合は、iPhoneにサインインをタップし、Apple IDとパスワードを入力して、サインインをタップしましょう。
  4. 4
    iCloudをタップする 画面の中央付近にあります。
  5. 5
    写真をタップする 「ICLOUDを使用しているAPP」という項目の上のほうにあります。
  6. 6
    「iCloudフォトライブラリ」のスイッチ(白)
    Iphoneswitchofficon.pngというタイトルの画像
    をタップする 
    スイッチが緑色になり、iPhoneに保存されている写真のアップロードが開始されます。
    • アップロードにかかる時間は写真の枚数によって異なります。アップロードを開始するときは、iPhoneがフル充電されている(または充電器に接続されている)ことと、Wi-Fiに接続されていることを確認するようにしましょう。
    • iPhoneのストレージ容量を節約したい場合は、プロンプトが表示されたときにiPhoneのストレージを最適化をタップしましょう。
    • 「マイフォトストリーム」のスイッチを「オン」にすれば、今後の写真も「iCloud」にアップロードされるようになります。
  7. 7
    「アップル」メニュー
    Macapple1.pngというタイトルの画像
    を開く(Mac) 
    画面の左上にあるAppleのロゴをクリックすると、ドロップダウンメニューが表示されます。
  8. 8
    システム環境設定...をクリックする ドロップダウンメニューの上のほうにあります。これをクリックすると、「システム環境設定」ウィンドウが表示されます。
  9. 9
    「iCloud」
    Iphoneiclouddriveicon.pngというタイトルの画像
    をクリックする 
    「システム環境設定」ウィンドウの左側にある雲の形をしたアイコンのことです。
  10. 10
    オプション...をクリックする ページの上のほうにある「写真」という見出しの右側にあります。これをクリックすると、新しいウィンドウが表示されます。
  11. 11
    「写真」の同期を有効にする 「iCloudフォトライブラリ」と「マイフォトストリーム」のチェックボックスに両方ともチェックを入れれば、iPhoneの写真をMac側で使えるようになります。
  12. 12
    完了をクリックする ウィンドウの一番下にある青いボタンのことです。このボタンをクリックすると変更が保存されます。これで、iPhoneの写真を「写真」アプリで見ることができるようになるはずですが、写真が使えるようになるまでには時間がかかる場合があります。
    広告

ポイント

  • 取り込みたい写真が数枚だけの場合は、「iMessage」を使って自分に写真を送れば、Macの「メッセージ」アプリで写真を開いて保存することができます。
  • もう一つの方法は、「OneDrive」や「Googleドライブ」などのクラウドストレージサービスを使って写真をアップロードするという方法です。写真をアップロードすれば、必要に応じて写真をダウンロードすることができます。
広告

注意事項

  • 写真はストレージの容量を圧迫します。Macの空き容量が少ない場合は、iCloudストレージに写真を保存する、または「イメージキャプチャ」を使ってその他...メニューから外付けハードディスクに写真を移動するようにしましょう。
広告

関連記事

iPhoneで動画をループ(繰り返し)再生させるiPhoneで動画をループ(繰り返し)再生させる
iPhoneで開発者モードを有効にするiPhoneで開発者モードを有効にする
iPhoneのスピーカーを掃除するiPhoneのスピーカーを掃除する
連絡先をExcelからAndroidにインポートする連絡先をExcelからAndroidにインポートする
iPhoneにGIF画像を保存するiPhoneにGIF画像を保存する
iPhone上でメールアカウントからログアウトするiPhone上でメールアカウントからログアウトする
iPhoneやiPadでTikTok動画から曲をカットするiPhoneやiPadでTikTok動画から曲をカットする
iPhoneでアプリを信頼するiPhoneでアプリを信頼する
iCloudからアプリを削除するiCloudからアプリを削除する
FirefoxでウェブサイトをブロックするFirefoxでウェブサイトをブロックする
iPhoneでSpotifyを解約するiPhoneでSpotifyを解約する
iPhoneまたはiPadでSpotifyの次に再生される曲を削除するiPhoneまたはiPadでSpotifyの次に再生される曲を削除する
iTunesを使わずにiPhoneに音楽を入れるiTunesを使わずにiPhoneに音楽を入れる
iPhoneでApple IDに登録した電話番号を削除するiPhoneでApple IDに登録した電話番号を削除する
広告

この記事は役に立ちましたか?

広告