iPhoneで写真やメモを横向き画面で見たいとき、画面ロック機能を解除することで、簡単に標準設定の「縦向き」から「横向き」表示に変更させることができます!横画面はワイドスクリーンの動画を全画面モードで視聴するとき、長文のメッセージをタイプするときなどに最適です。しかし、「時計」アプリなど一部のアプリやロケーションおよびホーム画面は画面回転機能に対応していませんので注意しましょう。

パート 1 の 2:
自動回転のロックを解除する

  1. 1
    iPhoneのホームボタンをタップする 通常、画面を回転させるには、初期設定の回転ロック機能を解除してiPhoneを横にすれば可能になります。
    • iPhoneの電源ボタンを押してもいいでしょう。ここでは、iPhone の画面を「起動」させることが目的となります。
  2. 2
    画面下部から上にスワイプする コントロールセンターを表示させます。コントロールセンター上では、画面回転のロック機能を有効もしくは無効にすることができます。[1]
  3. 3
    南京錠のアイコンをタップする コントロールセンター画面の右上角に配置されており、タップする前は赤色の背景をしています。
    • アイコンをタップすると、コントロールセンターの画面上部に「画面縦向きのロック:オフ」と表示され、アイコンの赤色が消えます。
  4. 4
    iPhoneのロックを解除する iPhoneにパスコードや指紋認証(Touch ID)を設定している場合は、パスコードを入力、もしくは指でホームボタンを押してロック解除をする必要があります。設定していない場合は、ホームボタンをもう一度タップします。
  5. 5
    好きなアプリを開く ホーム画面は回転できませんが、ほとんどのアプリで画面を回転させることが可能です。
    • 「時計」アプリなどの一部のアプリは横画面に対応していません。同様に、画面の回転が制御されているアプリ(多数のゲームアプリがこれに相当します)では画面を回転させることができません。
  6. 6
    iPhoneを右や左に90度回転させる これに合わせて画面も回転します。開いているアプリが画面回転機能に対応しているならば、アプリが横画面で表示されているはずでしょう!
    • 電話を回転させるとき、画面を正面にして縦向きもしくは横向きに持ちましょう。
    • 横向きにしたままで自動回転ロックを有効にすると、画面は縦向きに戻ります。
    広告

パート 2 の 2:
AssistiveTouch機能を使う

  1. 1
    「設定」アプリをタップして開く AssistiveTouchはアクセシビリティ機能のひとつであり、通常であれば物理的なボタン(例えば、電源ボタンなど)を押さないと操作できない機能が操作可能になります。AssistiveTouch機能を利用すると、画面回転に対応するアプリを使用しながら、特定の向きに画面を回転させることも可能になります。このとき、自動回転ロックを解除してから行う必要がありますので注意しましょう。
    • 設定アプリは灰色のギアのマークをしており、iPhoneの基本から高度なオプションまですべてが設定アプリに置かれています。[2]
  2. 2
    「一般」タブをタップする 「一般」メニューが表示されます。ここでは、iPhoneの画面上の表示、機能、性能の設定を変更することができます。
  3. 3
    「アクセシビリティ」タブをタップする 一覧から「AssistiveTouch」タブを見つけましょう。
  4. 4
    「AssistiveTouch」タブをタップする アクセシビリティメニューの「操作」グループ下にあります。iPhoneの画面サイズによりますが、アクセスするには画面を下にスクロールする必要があるでしょう。
  5. 5
    「AssistiveTouch」横のスイッチをタップする スイッチが緑色に変わり、AssistiveTouch機能が有効になったことを示します。また、画面上に灰色の四角いアイコンが表示されているのが見えるはずです。
  6. 6
    設定を閉じて、好きなアプリを開く 「写真」や「メモ」のアプリは間違いなく画面回転に対応しているため、試すのに適しているでしょう。
  7. 7
    灰色の四角いアイコンをタップする タップすると拡大し、「通知センター」、「デバイス」、「コントロールセンター」などのオプションメニューが表示されます。
    • メニュー画面下部にある「ホーム」のボタンをタップすると、物理的な「ホーム」ボタンをタップした際と同じ操作ができます。
  8. 8
    「デバイス」をタップする さらにオプションのメニューが表示されます。
  9. 9
    「画面を回転」をタップする 自動回転ロックが解除されていれば、このオプションによって、好きな向きに画面を回転させることができます。
  10. 10
    「右向き」もしくは「左向き」をタップして画面を横向きにさせる 使用中のアプリが回転機能に対応していれば、画面が回転するでしょう!
    • 画面のどこかをタップすれば、AssistiveTouchメニューは最小化されます。
    広告

ポイント

  • AssistiveTouchは1つもしくは複数のボタンが故障したときに、特に便利な機能です。

広告

注意事項

  • 自動回転ロックを解除することに伴い、写真がワイドスクリーン形式で撮影されてしまうといったような、意図しない影響を招く可能性があります。
広告

関連記事

How to

スマートフォンとHisense(ハイセンス)のテレビを接続する

How to

Apple WatchをiPhoneと同期する

How to

Androidの画面解像度を変更する

How to

非通知着信の番号に電話をかけ直す

How to

スマートフォンをマイクとして使う

How to

携帯電話を使ってノートパソコンをインターネットに接続する

How to

iPhoneにGIF画像を保存する

How to

iPhoneでアプリを信頼する

How to

iPhoneから別のiPhoneに連絡先を移行する

How to

WhatsAppで相手にブロックされているかを確認する

How to

スマートフォンとパソコン間でデータ転送を行う

How to

iPhoneで合計通話時間を確認する

How to

Facebook Messengerで誰かが自分をブロックしていないか確認する

How to

WhatsAppでグループを作成する
広告

このwikiHow記事について

JL
共著者 ::
IT専門家
この記事の共著者 : Jack Lloyd. テクノロジーマニアのジャック・ロイドは、wikiHowのテクノロジーライター兼編集者です。2年以上にわたりIT関連記事の執筆と編集を行っています。英語教師としても活躍しています。 この記事は1,214回アクセスされました。
カテゴリ: スマートフォン
このページは 1,214 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告