PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

この記事では、モバイルデータ通信を使って、写真や動画、音声データ付きのメッセージを送信する、または複数の宛先にメッセージを一斉送信する方法を解説します。

パート 1 の 3:
MMSを有効にする

  1. 1
    「設定」を開く 歯車(⚙️)がついた灰色のアイコンのことで、通常はホーム画面に配置されています。
  2. 2
    画面を下にスクロールして、メッセージをタップする 「メール」や「メモ」などの他のAppleアプリと同じ項目にまとめられています。
  3. 3
    「SMSで送信」を「オン」にスライドする 画面の下部付近にあります。このスイッチを「オン」にスライドすると、iMessageが使えないときでも、モバイルデータ通信を使ってメッセージを送信できるようになります。
  4. 4
    画面を下にスクロールして、「MMSメッセージ」を「オン」にスライドする 「SMS/MMS」という項目にあります。このスイッチを「オン」にスライドすると、スイッチが緑色に変わります。これで、キャリアのデータ通信プランを使って、写真や動画付きのメッセージを送信できるようになります。
    • MMSはiMessageとは違い、送信元と送信先がiMessageを有効にしていれば、Wi-Fiの電波を使って送信することができます。Wi-Fiが利用可能であれば、モバイルデータが使用されることはありません。
  5. 5
    「グループメッセージ」を「オン」にスライドする 同じ項目の「MMSメッセージ」のすぐ下にあります。このスイッチを「オン」にスライドすると、「グループメッセージ」を送信できるようになります。この「グループメッセージ」とは、複数の宛先にMMSメッセージとして送信するショート(テキスト)メッセージのことです。
    • 「グループメッセージ」の送信先は、互いが互いを確認することが可能です。また、返信メッセージは送信元個人にではなく、グループ全体に送信されます。
    広告

パート 2 の 3:
モバイルデータ通信を有効にする

  1. 1
    「設定」を開く 歯車(⚙️)がついた灰色のアイコンのことで、通常はホーム画面に配置されています。
  2. 2
    モバイルデータ通信をタップする 「設定」メニューの上部付近にあります。
  3. 3
    「モバイルデータ通信」を「オン」にスライドする スイッチが緑色に変わります。
    • MMS付きプランを契約している場合は、モバイルデータ通信を有効にしなくてもMMSメッセージを送信できることがあります。
    広告

パート 3 の 3:
MMSの不具合を解消する

  1. 1
    端末とサービスに互換性があることを確認する MMSを使うには、iPhone 3G以降、iOS 3.1以降、モバイルデータ通信プラン、および国内キャリアのMMS付きプランが必要になります。[1]
    • iOSのバージョンを確認するには、「設定」のメインメニューで一般をタップしてから、情報をタップします。
    • MMSを使うには、MMSに対応したデータ通信プランに加入している必要があります。
  2. 2
    「Wi-Fi」をオフにして、ウェブページを読み込んでみる モバイルデータ通信が正しく行えているかどうかを確認することができます。ウェブページの読み込みに失敗した場合は、キャリアに問い合わせて、モバイルデータ通信の接続不具合を解消してもらわなければなりません。
  3. 3
    「iMessage」をオフにして、MMSメッセージを送信できるかどうかをテストする 「iMessage」を有効にしている場合は、まず最初にiMessageとしてメッセージの送信が行われます。もし、連絡先の相手がiPhoneからAndroidに機種変更をしたばかりで、「iMessage」を無効にしていないと、エラーが発生する可能性があります。これは、MMSメッセージがMMSの電話番号にではなく、iMessageのアカウントに送信を行ってしまうためです。[2]
    • 設定を開きます。
    • メッセージをタップします。
    • iMessageを「オフ」にスライドします。
    • MMSメッセージでやり取りをしてみます。
  4. 4
    ネットワーク設定をリセットする モバイルデータ通信の接続設定の再読み込みが行われると、上記の不具合も解消できる場合があります。
    • 設定を開きます。
    • 一般をタップします。
    • リセットをタップします。
    • ネットワーク設定をリセットをタップします。パスコードを設定している場合は、パスコードの入力を求められます。
  5. 5
    キャリアに問い合わせる MMSはキャリアが提供するサービスの1つであり、端末間でデータの送受信を行うサーバーは、そのキャリアが管理しています。もし、上記の不具合がなかなか解消しない場合は、MMSサービスをリセットしてもらえれば、接続不具合を解消できるかもしれません。
  6. 6
    iPhoneを復元して初期化する それでも上記の不具合が解消できなかった場合は、iPhoneの復元および初期化を行いましょう。iPhoneを復元するときは、事前にバックアップを取っておくと、あとでデータをすべて取り戻すことができます。
    広告

ポイント

  • SMSの送受信には携帯電話の電波しか必要ありませんが、MMSにはiPhoneのモバイルデータ通信(3Gや4Gなど)が必要になります。
  • iMessageで用いられているプロトコルは、メッセージの色を見れば識別することが可能です。メッセージが青色の場合はiMessageが、緑色の場合はSMSまたはMMSが使われています。写真や動画、音声データ付きのMMSメッセージを送受信するにはモバイルデータ通信です。
広告

関連記事

iPhoneで動画をループ(繰り返し)再生させるiPhoneで動画をループ(繰り返し)再生させる
iPhoneで開発者モードを有効にするiPhoneで開発者モードを有効にする
iPhoneのスピーカーを掃除するiPhoneのスピーカーを掃除する
連絡先をExcelからAndroidにインポートする連絡先をExcelからAndroidにインポートする
iPhoneにGIF画像を保存するiPhoneにGIF画像を保存する
iPhone上でメールアカウントからログアウトするiPhone上でメールアカウントからログアウトする
iPhoneやiPadでTikTok動画から曲をカットするiPhoneやiPadでTikTok動画から曲をカットする
iCloudからアプリを削除するiCloudからアプリを削除する
iPhoneでアプリを信頼するiPhoneでアプリを信頼する
FirefoxでウェブサイトをブロックするFirefoxでウェブサイトをブロックする
iPhoneでSpotifyを解約するiPhoneでSpotifyを解約する
iPhoneまたはiPadでSpotifyの次に再生される曲を削除するiPhoneまたはiPadでSpotifyの次に再生される曲を削除する
iTunesを使わずにiPhoneに音楽を入れるiTunesを使わずにiPhoneに音楽を入れる
iPhoneでApple IDに登録した電話番号を削除するiPhoneでApple IDに登録した電話番号を削除する
広告

このwikiHow記事について

この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

wikiHowのコンテンツ管理チームは、編集チームが編集した記事を細心の注意を払って精査し、すべての記事がwikiHowの高品質基準を満たしているかどうかを確認しています。
カテゴリ: AppleiOS搭載スマホ
このページは 534 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告