この記事では、iPhoneまたはiPadで、撮影ボタンを押し続けることをせずにTikTokの動画を撮影する方法を紹介します。

方法 1 の 2:
タイマーを使う

  1. 1
    iPhoneまたはiPadでTikTokを開く 黒い背景に白い音符が描かれたアイコンのアプリです。
  2. 2
    +をタップする 画面の下側中央にあるボタンです。
  3. 3
    撮影する準備としてiPhoneまたはiPadを配置する 三脚があればその上にセットすることも可能です。なければ何かに立てかけて置くだけでも構いません。カメラ画面に撮影したい場所が映し出されていることを確認します。
  4. 4
    タイマーアイコンをタップする 画面右端に縦に並んだアイコン中の下側にあります。
  5. 5
    録画停止位置を選択する ピンクの線をタイムラインに沿ってドラッグし、撮影する動画の長さを指定します。すると、TikTokにより指定した時点で動画撮影が自動的に停止されます。
  6. 6
    カウントダウンを開始をタップする カウントダウン(3,2,1…)が始まります。カウントダウンが終わるとすぐに、TikTokによる撮影が開始されます。このとき、もはや撮影ボタンを押す必要はありません。
    • 撮影を一時停止するためには、画面下部にある停止ボタンをタップします。
    • 一時停止の後でハンズフリーの撮影を再開する際には、再びタイマーアイコンをタップします。
  7. 7
    撮影が完了したらチェックマークをタップする 画面の右下にあるボタンです。
  8. 8
    動画を編集して次へをタップする 画面の上部と下部にある編集オプションを使用して、動画の見た目を調整します。
  9. 9
    タイトルや説明文を追加して投稿をタップする 画面の下部にあるピンク色のボタンです。これで、ハンズフリーで撮影した動画が、TikTokでシェア(共有)されます。
    広告

方法 2 の 2:
「タップで撮影」を使う

  1. 1
    iPhoneまたはiPadでTikTokを開く 黒い背景に白い音符が描かれたアイコンのアプリです。
  2. 2
    +をタップする 画面の下側中央にあるボタンです。
  3. 3
    撮影する準備としてiPhoneまたはiPadを配置する 三脚があればその上にセットすることも可能です。なければ何かに立てかけて置くだけでも構いません。カメラ画面に撮影したい場所が映し出されていることを確認します。
  4. 4
    撮影ボタンをタップして撮影を開始する TikTokにより撮影が開始され、停止するために撮影ボタンをもう一度タップするまで撮影が続けられます。
    • 撮影を一時停止した後に、ハンズフリーで撮影を再開する際には、再びこの撮影ボタンをタップします。
  5. 5
    撮影を完了したらチェックマークをタップする 画面の右下にあるボタンです。
  6. 6
    動画を編集して次へをタップする 画面の上部と下部にある編集オプションを使用して、動画の見た目を調整します。
  7. 7
    タイトルや説明文を追加して投稿をタップする 画面の下部にあるピンク色のボタンです。これで、ハンズフリーで撮影した動画がTikTokでシェア(共有)されます。
    広告

関連記事

How to

iPhoneで開発者モードを有効にする

How to

iPhoneで動画をループ(繰り返し)再生させる

How to

iPhoneやiPadでTikTok動画から曲をカットする

How to

iPhoneにGIF画像を保存する

How to

Firefoxでウェブサイトをブロックする

How to

iCloudからアプリを削除する

How to

iPhoneでアプリを信頼する

How to

連絡先をExcelからAndroidにインポートする

How to

iPhone上でメールアカウントからログアウトする

How to

iPhoneまたはiPadでSpotifyの次に再生される曲を削除する

How to

iPhoneのスピーカーを掃除する

How to

iTunesを使わずにiPhoneに音楽を入れる

How to

iPhoneで絵文字をアップデートする

How to

水に濡れたiPhoneを乾かす
広告

このwikiHow記事について

Nicole Levine, MFA
共著者 ::
IT専門家
この記事の共著者 : Nicole Levine, MFA. ニコール・レヴィンはwikiHowに勤務するテクノロジーライター兼編集者です。技術文章の作成に関し20年以上の経験があり、現在まで大手のウェブホスティング会社やソフトウェア開発会社のチームリーダーを務めてきました。ポートランド州立大学にてクリエイティブライティングの修士号を取得し、様々な教育施設にて作文、小説創作、Zine(個人制作の冊子)の作り方について講義を行っています。
このページは 549 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告