この記事では、iPhoneやiPadの通信速度を上げる方法を解説します。iPhoneやiPadの通信速度を高速化する際に踏める手順にはさまざまなものがあります。

ステップ

  1. 1
    モバイルデータ通信ではなくWi-Fiを利用する 一般的に、Wi-Fi(無線LAN)回線はモバイルデータ通信よりも高速です。Wi-Fiを利用できる場所で利用しましょう。iPhoneやiPadでWi-Fi(無線LAN)回線に接続する方法については、以下の簡単な手順に従います。
    • 設定アプリを起動します。
    • Wi-Fiをタップします。
    • 「Wi-Fi」の右側にあるトグルスイッチをタップします。
    • Wi-Fiネットワークを選択します。
    • Wi-Fiのパスワードを入力します。
  2. 2
    4G回線のモバイルデータ通信を利用する Wi-Fiは一部の地域では利用できません。場合によっては、モバイルデータ通信を利用する必要があります。モバイルデータ通信を利用する必要がある場合は、4G回線が最も通信速度が速く、モバイルデータ通信の現在の標準規格です。4G回線を選択するには、以下の手順に従います。
    • 設定アプリを起動します。
    • モバイル通信をタップします。
    • 通信のオプションをタップします。
    • 4Gをタップします。
  3. 3
    「LTE回線を使用」の右側にあるトグルスイッチ
    Iphoneswitchonicon1.pngというタイトルの画像
    をタップする 
    4G回線が最速のモバイルデータ通信であるのに対し、LTE(Long Term Evolution)回線は携帯電話会社が4G回線本来の通信速度を目指すための標準規格となっています。iPhoneやiPadを4G LTE回線に接続していると、通常の4G回線に接続しているより安定して通信速度は速くなります。[1] 「設定」アプリの「通信のオプション」メニューで、画面上部の「LTE回線を使用」の右側にあるトグルスイッチをタップして、LTE回線を有効にしましょう。
    • データプランで4G LTE回線が利用できない場合は、携帯電話会社に連絡して、プランに追加してもらいましょう。
  4. 4
    「Appのバックグラウンド更新」をオフにする 「Appのバックグラウンド更新」は、オンにすればバックグラウンドで実行中のアプリを数秒ごとに更新し続けることができますが、オフにすればよく使っているアプリの通信速度を高速化することが可能です。「Appのバックグラウンド更新」をオフにするには、以下の手順に従います。
    • 設定アプリを起動します。
    • 一般をタップします。
    • Appのバックグラウンド更新をタップします。
    • 画面上部の Appのバックグラウンド更新をタップします。
    • オフをタップします。
      • また、特定のアプリの「Appのバックグラウンド更新」をオフにするには、「Appのバックグラウンド更新」メニューで、そのアプリの右側にあるトグルスイッチをタップします。
  5. 5
    「自動ダウンロード」をオフにする 「自動ダウンロード」をオンにすると、通信回線の帯域幅を大量に消費して、通信速度が遅くなってしまう可能性があります。「自動ダウンロード」をオフにするには、以下の手順に従います。
    • 設定アプリを起動します。
    • 画面上部のApple IDをタップします。
    • iTunesとApp Storeをタップします。
    • ミュージックAppブックスとオーディオブック、およびアップデートの右側にあるトグルスイッチをタップします。
  6. 6
    iOSを最新バージョンにアップデートする iOSはiPhoneやiPadで動作する基本OSです。このiOSを最新の状態に保つことにより、通信速度を遅くする可能性のあるネットワークやセキュリティの問題を修正することができます。iOSをアップデートするには、以下の手順に従います。[2]
    • 設定アプリを起動します。
    • 一般をタップします。
    • ソフトウェア・アップデートをタップします。
    • ダウンロードしてインストールをタップします。
  7. 7
    通信回線を更新する 通信回線を切断して再接続すると、通信回線が更新され、通信速度が一時的に上がる場合があります。通信回線を更新する最も簡単な方法は、「機内モード」を20秒ほどオンにしてからオフに戻すことです。[3] 通信回線を更新するには、以下の手順に従います。
    • 画面を下から上にスワイプします。
    • 「機内モード」アイコンをタップします。
    • 20秒ほど待ちます。
    • 「機内モード」アイコンをもう一度タップします。
  8. 8
    iPhoneまたはiPadを再起動する iPhoneまたはiPadの使用中に問題が発生した場合は、iPhoneまたはiPadを再起動すると、システム全体が更新され、気づかないうちに発生した可能性のある問題を修正できることがあります。iPhoneまたはiPadを再起動するには、画面の右上にある電源ボタンを長押しして、スライドスイッチが表示されたら、スイッチを右にスワイプしましょう。20秒ほど経過したら、電源ボタンをもう一度押して、iPhoneまたはiPadの電源を入れます。
  9. 9
    ルーターを再起動する Wi-Fi(無線LAN)回線に接続中に問題が発生した場合は、ネットワーク自体に問題がある可能性があります。その場合は、ルーターを再起動すると問題が修正されるかもしれません。ルーターを再起動するには、30秒ほどプラグを抜いてから再度差し込んで、ルーターが再起動するまで1分ほど待ちます。
    広告

関連記事

How to

iPhoneで開発者モードを有効にする

How to

iPhoneで動画をループ(繰り返し)再生させる

How to

iPhoneでアプリを信頼する

How to

Firefoxでウェブサイトをブロックする

How to

iPhoneにGIF画像を保存する

How to

iPhone上でメールアカウントからログアウトする

How to

iPhoneやiPadでTikTok動画から曲をカットする

How to

iPhoneで絵文字をアップデートする

How to

連絡先をExcelからAndroidにインポートする

How to

iCloudからアプリを削除する

How to

iPhoneのスピーカーを掃除する

How to

iTunesを使わずにiPhoneに音楽を入れる

How to

iPhoneまたはiPadでSpotifyの次に再生される曲を削除する

How to

iCloudミュージックライブラリをオフにする
広告

このwikiHow記事について

Travis Boylls
共著者 :
IT専門家
この記事の共著者 Travis Boylls. テクノロジーに関する記事の執筆、ソフトウェアー関連のカスタマーサポート、そしてグラフィックデザインの実務経験を持つトラヴィス・ボイルスは、wikiHowにてテクノロジー記事の制作と編集者の業務を担当しています。パイクスピーク・コミュニティー・カレッジにてグラフィックデザインを学び、Windows、macOS、Android、iOS、Linuxのシステムに精通しています。
カテゴリ: AppleiOS搭載スマホ
このページは 584 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告