このwikiHowでは、iTunesの同期やバックアップ、写真や他のデータの移行のために、iPhoneをパソコンに接続する方法をご紹介します。

方法 1 の 3:
USB経由で接続する

  1. 1
    iPhoneをパソコンに接続しましょう。付属のUSBケーブルを使いましょう。
  2. 2
    iTunesを開きましょう。音符のアイコンのアプリがiTunesです。
    • iPhoneを接続すると、iTunesが自動的に起動する場合もあります。
  3. 3
    iPhoneのアイコンをクリックしましょう。 iPhoneのアイコンはiTunesの左上の角に現れます。
  4. 4
    今すぐバックアップをクリックしましょう。パソコンにiPhoneのバックアップをとりたい場合は、これをクリックしましょう。
  5. 5
    同期したいコンテンツを選択しましょう。ウィンドウの左側の欄にあるコンテンツの種類をクリックし、右側の欄の一番上にある [コンテンツ]を同期にチェックを入れたり外したりすることで、選択できます。
  6. 6
    適用をクリックしましょう。ウィンドウの右下の角にあります。これで選択した同期項目が保存されます。
  7. 7
    同期をクリックします。ウィンドウの右下の角にあります。これで同期が開始されます。
    • iPhoneをパソコンに接続するたびに同期したい場合は、ウィンドウの中の「オプション」項目の、「この iPhone を接続しているときに自動的に同期」にチェックを入れましょう。[1]
    広告

方法 2 の 3:
Wi-Fi経由で接続する

  1. 1
    iPhoneをパソコンに接続しましょう。 付属のUSBケーブルを使いましょう。
  2. 2
    iTunesを開きましょう。 音符のアイコンのアプリがiTunesです。
    • iPhoneを接続すると、iTunesが自動的に起動する場合もあります。
  3. 3
    iPhoneのアイコンをクリックしましょう。 iPhoneのアイコンはiTunesの左上の角に現れます。
  4. 4
    「オプション」までスクロールしましょう。iTunesのウィンドウの右側の欄の、一番最後の項目です。
  5. 5
    「Wi-Fi 経由でこの iPhone と同期」にチェックを入れましょう。右側の欄の、文章の左にチェックを入れる四角があります。
  6. 6
    適用をクリックしましょう。iTunesのウィンドウの右下の角にあります。
    • iPhoneに変更点が同期されるのを終わるのを待ちましょう。
  7. 7
    パソコンからiPhoneを取り外しましょう。
  8. 8
    iPhoneの設定を開きましょう。歯車の絵(⚙️)のついた灰色のアプリで、通常はホーム画面上にあります。
  9. 9
    Wi-Fiをタップしましょう。メニューの上の方にあります。
  10. 10
    接続したいWi-Fiネットワークをタップしましょう。iPhoneとパソコンは同じWi-Fiネットワークに接続する必要があります。
  11. 11
    設定をタップしましょう。画面の左上の端にあります。
  12. 12
    下へスクロールし、一般をタップしましょう。メニューの上の方にある灰色の歯車(⚙️) のアイコンの隣です。
  13. 13
    iTunes Wi-Fi同期をタップします。メニューの下の方にあります。
    • パソコンがいくつか表示された場合は、同期したいデスクトップをタップしましょう。
    • iTunesがパソコンで起動されている事を確認しましょう。
  14. 14
    今すぐ同期をタップしましょう。iPhoneはWi-Fi経由でワイヤレスにパソコンと同期されます。
    広告

方法 3 の 3:
AirDrop経由でMacに接続する

  1. 1
    Macのファインダーをクリックしましょう。ファインダーは青と水色の笑顔のアイコンで、通常はDockにあります。これで、Mac上にファインダーウィンドウが開きます。
    • AirDrop経由で接続するには、MacとiPhoneの両方でBluetoothを有効にしておく必要があります。
  2. 2
    AirDropをクリックしましょう。ファインダーウィンドウの左側にある、「よく使う項目」の下にあります。
    • AirDropは、近い距離(約10メートル以内)の端末間で写真や書類、その他のファイルを送受信する場合に有効な方法です。
  3. 3
    「このMacを検出可能な相手」をクリックしましょう。ファインダーウィンドウの一番下にあります。ドロップダウンリストが開きます。
  4. 4
    全員をクリックしましょう。
  5. 5
    iPhoneのホーム画面を上にスワイプしましょう。コントロールセンターが開きます。
  6. 6
    AirDropをタップしましょう。コントロールセンターの右にあります。続いて、 「すべての人」「連絡先のみ」「受信しない」などの受信のステータスが出てきます。
  7. 7
    すべての人をタップしましょう。これで、iPhoneとMac間でのデータのやりとりが可能になりました。
  8. 8
    共有したいファイルを選択しましょう。どちらかの端末でファイルを選択しましょう。
    • 写真やノート、連絡先、カレンダー、サファリといったAppleのアプリで作成、保存されたファイルやページは、ほとんどAirDrop経由で共有できます。その他のアプリでも、AirDrop共有機能を備えているものが多くあります。
  9. 9
    「共有」のアイコンをタップあるいはクリックしましょう。上向き矢印のついた四角を探しましょう。
  10. 10
    AirDropをタップあるいはクリックしましょう。「共有」のダイアログボックスの一番上の方にあります。
  11. 11
    受信する端末の名前をタップあるいはクリックしましょう。送信する端末上でタップあるいはクリックします。
    • 送信先のMacやiPhoneが見つからない場合は、端末が十分近く(数メートル以内)にあり、AirDropが有効になっている事を確認しましょう。
    • BluetoothやWi-Fiをオンにするよう指示された場合は、そうしましょう。
  12. 12
    受信側の端末で保存をタップあるいはクリックしましょう。これで端末上にファイルのコピーが保存されます。
    • 保存したファイルを見るには、保存して開くをタップあるいはクリックしましょう。
    広告

関連記事

How to

iPhoneで開発者モードを有効にする

How to

iPhoneで動画をループ(繰り返し)再生させる

How to

iPhoneにGIF画像を保存する

How to

iPhoneで絵文字をアップデートする

How to

Firefoxでウェブサイトをブロックする

How to

iPhoneでアプリを信頼する

How to

iPhoneまたはiPadでSpotifyの次に再生される曲を削除する

How to

iPhone上でメールアカウントからログアウトする

How to

iCloudミュージックライブラリをオフにする

How to

iPhoneのスピーカーを掃除する

How to

連絡先をExcelからAndroidにインポートする

How to

iTunesのプレイリストをエクスポートする

How to

iCloudからアプリを削除する

How to

iTunesを使わずにiPhoneに音楽を入れる
広告

このwikiHow記事について

この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

wikiHowのコンテンツ管理チームは、編集チームが編集した記事を細心の注意を払って精査し、すべての記事がwikiHowの高品質基準を満たしているかどうかを確認しています。
カテゴリ: AppleiOS搭載スマホ
このページは 362 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告