この記事では、iPodがどの世代に属しているかを判別する方法を解説します。iPodの世代を調べる最も簡単な方法は、Appleのホームページに掲載されている各世代と自分のiPodを比較することですが、iPodのモデル番号から世代を把握することも可能です。

方法 1 の 5:
Appleのホームページから調べる

  1. 1
    Appleの「iPodのモデルの調べ方」というページを開く ブラウザからhttps://support.apple.com/ja-jp/HT204217にアクセスしましょう。このサイトには、iPodの各モデルが掲載されています。
  2. 2
    モデルを選択する ページの一番上にあるiPodのオプションの中から自分のiPodと一致するものを選択すると、そのiPodの最新世代が掲載されているセクションにジャンプします。
    • 自分のiPodのモデルがわからない場合は、ページを下にスクロールして、そのiPodに近いモデルをさがしましょう。
  3. 3
    自分のiPodのモデルを調べる ページを下にスクロールして、各世代の中から自分のiPodに近いモデルをさがしましょう。
  4. 4
    iPodのモデルと自分のiPodを比較する 各世代の見出しの下には、その世代に搭載されている機能の一覧が表示されます。ページ上に記載されている機能が自分のiPodの機能と一致していれば、それが、そのiPodの世代ということになります。
    • 最新の世代の下に記載されている機能が自分のiPodと一致しない場合は、ページを下にスクロールして、各世代の見出しの下に記載されている機能が自分のiPodの機能と一致するものをさがしましょう。
  5. 5
    自分のiPodをモデル番号で調べる ページの写真ではiPodの世代がわからない場合や、iPodの世代を確認したい場合は、以下の手順に従います。
    • iPodのモデル番号(本体の背面に印字された「Model」という文字の右側にある5文字のコード)を調べます。
    • AppleのホームページでCtrl+F(Windows)または Command+F(Mac)を押して、「検索」ウィンドウを開きます。
    • iPodのモデル番号を入力します。
    • その番号より数字が大きい世代の見出しをさがします。
    広告

方法 2 の 5:
iPod touch

  1. 1
    「iPod touch」を見分ける iPod touchはiPhoneに近いデザインで、iPodのモデルの中で唯一フルサイズのタッチスクリーンを備えています。
  2. 2
    モデル番号を確かめる iPod touchのモデル番号は、本体背面の底部に小さく印字されています。[1]
  3. 3
    モデル番号を世代別に比較する iPod touchのモデル番号で、どの世代に属しているかがわかります。
    • A1574—第6世代(2015以降)
    • A1509またはA1421—第5世代(2012~2014)
    • A1367—第4世代(2010~2012)
    • A1318—第3世代(2009)
    • A1288またはA1319(中国のみ)—第2世代(2008)
    • A1213—第1世代(2007〜2008)
    広告

方法 3 の 5:
iPod nano

  1. 1
    フォームファクタを確かめる iPod nanoは大きく分けて5種類のモデルが発売されています。自分のiPod nanoがどの世代に属しているのかは、以下を見れば一目瞭然です。
    • タッチパネル搭載の長方形モデル—第7世代(2012~2015)
    • タッチパネル搭載の正方形モデル—第6世代(2010)
    • クリックホイール搭載の長方形モデル—第4世代と第5世代(2008~2009)
    • クリックホイール搭載のワイドスクリーンモデル—第3世代(2007)
    • クリックホイール搭載の小型ディスプレイモデル—第1世代と第2世代(2005~2006)
  2. 2
    モデル番号を確かめる iPod nanoのモデル番号は、本体背面の底部付近に印字されています。
  3. 3
    モデル番号を世代別に比較する モデル番号と世代は、以下のように対応しています。
    • A1446—第7世代
    • A1366—第6世代
    • A1320—第5世代
    • A1285—第4世代
    • A1236(また、シリアル番号は「YOP」「YOR」「YXR」「YXT」「YXV」「YXX」のいずれかで終わります)—第3世代
    • A1199—第2世代
    • A1137—第1世代
    広告

方法 4 の 5:
iPod shuffle

  1. 1
    フォームファクタを確かめる iPod shuffleは非常に小さく、どのタイプにもディスプレイは付いていません。iPod shuffleは世代間でデザインにいくつかの違いがあります。
    • 円形コントロールパッド搭載の正方形モデル—第4世代(2010~2015)
    • スライドスイッチのみ(上端)搭載の長方形モデル—第3世代(2009)
    • 円形コントロールパッド搭載の長方形モデル—第2世代(2006~2008)
    • 小型円形コントロールパッド搭載の横長長方形モデル(白のみ)—第1世代(2005)
  2. 2
    モデル番号を確かめる iPod shufflesのモデル番号は、小さい文字で印字されています。[2]
    • A1373—第4世代(モデル番号は、クリップの台座に接する部分に印字されています)。
    • A1271—第3世代(モデル番号は、背面底部のクリップの下に印字されています)。
    • A1204—第2世代(モデル番号は、クリップの先端に隠れた端の部分に印字されています)。
    • A1112—第1世代(モデル番号は、背面の底部に印字されています)。
    広告

方法 5 の 5:
iPod classic

  1. 1
    「iPod classic」を見分ける iPod classicとは、初期のiPodモデルのことで、必ずしも世代別に番号が付けられているわけではありません。iPod classicには、初代iPod(2001)からiPod miniまでが含まれています。
    • タッチパネルがなく、長方形で比較的分厚い場合は、おそらくiPod classicを使っています。
  2. 2
    ディスプレイ表示を確かめる iPodのモデルがわかる一番簡単な方法は以下の通りです。
    • フルカラーディスプレイの場合は、第4世代(2005年)以降のiPodということになります。
    • モノクロディスプレイの場合は、第4世代以前のものということになります。ただし、第4世代にはモノクロモデルだけでなくカラーモデルもあったので注意が必要です。第4世代のモノクロモデルには、画面下に4つの操作ボタンが並んでいます。
  3. 3
    操作インターフェースを試してみる iPod classicでは、操作インターフェースの修正が何度か行われています。iPod classicの世代は、このインターフェースで見分けることが可能です。
    • 第4世代以降のiPodには、すべて「クリックホイール」というインターフェースが搭載されています。このクリックホイールは円形のタッチパッドで、押し込むとクリックすることができます。
    • 第3世代iPodでは、クリックホイールとDockコネクタが底面に搭載されています。また、ディスプレイの下には、4つの操作ボタンも付いています。
    • 第2世代iPodには、タッチホイールが搭載されています。このタッチホイールに沿った円周上には、ボタンが並んでいます。
    • 第1世代iPodには、スクロールホイールが搭載されています。スクロールホイールは、指で物理的にクルクルと動かします。
  4. 4
    色を確かめる 色を確かめれば、新しい世代との違いがわかります。
    • 第6世代iPod(iPod classic #GBモデル)は「シルバー」と「ブラック」の2色展開で、アルマイト処理が施されています。
    • 第5世代iPod(iPod with video)は、光沢仕上げの「ブラック」と「ホワイト」の2色から選ぶことができます。
    • 第4世代iPod(iPod with color display)は、光沢仕上げの「ホワイト」を採用しています。
  5. 5
    モデル番号を確かめる 目視で判断できない場合は、モデル番号を確認すれば世代を調べることができます。
    • A1051— iPod mini。再生ボタンの文字(「MENU」など)の色がiPodのケースの色と一致する場合は「iPod mini」の第2世代、一致しない場合は「iPod mini」の第1世代です。
    • A1238— iPod classic。各モデルの容量は、2009年モデルが160 GB、2008年モデルが120 GB、2007年モデルが80 GBまたは160 GBになります。シリアル番号の下3桁は「Y5N」「YMU」「YMV」「YMX」のいずれかです。
    • A1238—iPod with video(第5世代)。このモデル番号は、iPod classicと同じ番号になります。第5世代のシリアル番号の下3桁は「V9K」「V9P」「V9M」「V9R」「V9L」「V9N」「V9Q」「V9S」「WU9」「WUA」「WUB」「WUC」「X3N」のいずれかです。
      • 「U2 Special Edition」を使っている場合、シリアル番号は「W9G」で終わります。
    • A1099—iPod with color display(第4世代のフルカラーディスプレイモデル)
    • A1059—第4世代のモノクロディスプレイモデル
    • A1040— iPod第3世代
    • A1019— iPod第2世代
    • M8541— iPod第1世代
    広告

関連記事

How to

ワイヤレスマウスを接続する

How to

iPodに音楽を入れる

How to

イヤホンが耳から外れないようにする

How to

一般的な電卓の電源を切る

How to

iPadの写真を削除する

How to

PCをBluetoothに接続する

How to

Philips HueブリッジをWi Fiに接続する

How to

デルのサービスタグを確認する

How to

HPプリンタの印刷位置を調整する

How to

AirDropを無効にする

How to

ワイヤレスイヤホンの装着

How to

Windowsで印刷スプーラサービスを停止する

How to

iTunesアカウントを作成する

How to

USBフラッシュドライブにファイルを保存する
広告

このwikiHow記事について

この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

wikiHowのコンテンツ管理チームは、編集チームが編集した記事を細心の注意を払って精査し、すべての記事がwikiHowの高品質基準を満たしているかどうかを確認しています。
カテゴリ: 電子機器
このページは 688 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告