iTunesのプレイリストをエクスポートする方法

共同執筆者 wikiHow編集チーム

音楽を別のパソコンに移動する際や、曲やプレイリスト情報を別のアプリケーションに移す際には、iTunesプレイリストをエクスポートする方法が便利です。プレイリストのエクスポートおよびインポート機能を使って、iOSデバイスからパソコンのiTunesライブラリにプレイリストを移動することもできます。また、プレイリストは単にライブラリ内の曲を指し示すものであるため、プレイリストファイルには実際の音楽ファイルが「含まれない」ことに注意しましょう。

パート 1 の 2:
プレイリストをエクスポートする

  1. 1
    エクスポートしたいiTunesのプレイリストを選択する プレイリストをエクスポートする際には、曲の一覧とその順番がエクスポートされます。プレイリストをエクスポートして、iPhoneからパソコンに、またはiTunesから他のメディアプレーヤーに移動させることができます。
    • iTunesに登録されている、iPhone、iPod、iPad用のプレイリストを含めた、すべてのプレイリストをエクスポートすることが可能です。iTunesでデバイスを選択し、サイドバーの「自分のデバイス上」セクションにあるプレイリスト名をクリックします。
  2. 2
    Windowsを使用している場合.Altを押下する メニューバーが表示されます。Ctrl+Bを押下すると、メニューバーを常に表示させておくことができます。
  3. 3
    「ファイル」(Windows)または「iTunes」(Mac)メニューをクリックする ドロップダウンメニューが表示されます。
  4. 4
    「ライブラリ」→ 「プレイリストをエクスポート」を選択する プレイリストファイルの保存場所を選択するために、ファイルブラウザが開きます。
  5. 5
    ファイルを保存するための場所を選択する デフォルトでは、Windows用のiTunesはプレイリストを「system32」フォルダに保存する設定になっていますが、保存した後に見つけにくい保存場所です。デスクトップまたは自分のドキュメントフォルダなど、アクセスし易い場所を選択しましょう。
  6. 6
    エクスポートするプレイリストの出力形式を選択する 「ファイルの種類」メニューをクリックすると、選択できる形式が表示されます。選択可能ないくつかの形式があり、プレイリストの使用目的に応じて形式を選択します。
    • iPhoneからパソコンにプレイリストを移動したり、友達と共有するときなど、プレイリストを再度iTunesにインポートする場合は、「XML」を選択します。
    • プレイリストをWinamp(ウィンアンプ)またはMediaMonkey(メディアモンキー)などのプログラムにインポートする場合は、「M3U」を選択します。
    • それぞれの曲に関するすべてのデータをタブ区切りのプレーンテキストファイルに保存したい場合は、「テキストファイル」を選択します。これは、プレイリストをデータベースまたはExcelのようなスプレッドシートのプログラムにインポートする際に便利です。[1]
  7. 7
    プレイリストに名前を付けて保存する デフォルトでは、出力されるプレイリストはiTunesで登録されている通りの名前が付けられます。パソコンに保存する前に、プレイリストの名前を任意に変更することが可能です。
    広告

パート 2 の 2:
プレイリストをインポートする

  1. 1
    「ファイル」(Windows)または「iTunes」(Mac)メニューをクリックする Windowでメニューバーが表示されていない場合は、Altを押下します。
  2. 2
    「ライブラリ」→「プレイリストをインポート」を選択する ファイルブラウザが開きます。
  3. 3
    インポートしたいプレイリストを探す iTunesは、XML形式およびM3U形式のプレイリストをインポートすることが可能です。iTunesにインポートしたいファイルを選択します。
  4. 4
    プレイリストにあるがライブラリにない曲を追加する ライブラリにない曲が含まれているプレイリストをインポートした際には、エラーメッセージが表示されます。この場合、プレイリストを完成させるためには、エラーに該当する曲をライブラリに移動して、プレイリストを再度インポートする必要があります。[2]
    広告

このwikiHow記事について

共著:
wikiHowスタッフ編集者
この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。
カテゴリ: AppleiOS搭載スマホ
このページは 196 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告