「チョコレートを溶かす」の版間の差分

(Saving new step-by-step photos)
(Saving new step-by-step photos)
38行目: 38行目:
 
<!-- 以下はクイックサマリーのコードです。編集や削除をしないでください。 -->
 
<!-- 以下はクイックサマリーのコードです。編集や削除をしないでください。 -->
 
== Quick Summary ==
 
== Quick Summary ==
{{whvid|チョコレートを溶かす Step 0 Version 2.360p.mp4|チョコレートを溶かす Step 0-preview Version 2.jpg}}
+
{{whvid|チョコレートを溶かす Step 0 Version 3.360p.mp4|チョコレートを溶かす Step 0-preview Version 5.jpg}}
 
{{Summary:チョコレートを溶かす}}
 
{{Summary:チョコレートを溶かす}}

2019年8月14日 (水) 20:06時点における最新版

チョコレートは正しい方法を使えば簡単に溶かせますが、焦げやすく、ざらついたり固まりが残ることもあります。また、チョコレートは水が混ざると使い物になりません。弱火にかけて鍋から目を離さず、終始しっかりとかき混ぜることが成功のカギです。これまでに何度か違う方法でチョコレートを溶かしたことがあるのなら、以下の二通りの方法も試してみませんか?

  • 準備時間:5分
  • 調理時間(二重鍋の場合):5分
  • 合計時間:5-10分

1
二重鍋を使って溶かす

  1. 1
    水を加えないようにしましょう。水を加えると、チョコレートは使い物になりません。チョコレートを溶かしている間に万が一少量の水が入ってしまった場合には、植物油を少し加えると、多少のザラザラ感は残りますが、ある程度使えるようになります。
  2. 2
    チョコレートを二重鍋に入れます。二重鍋がない場合には、プラスチック製ではない軽いボウルを湯気の立った鍋にのせて代用することもできます。下の鍋から出る蒸気が上の鍋の中のチョコレートを加熱します。
    • 上の鍋(またはボウル)の底が下の鍋のお湯に直接触れないようにしましょう。底が直接熱湯に触れると、上の鍋の温度が上がりすぎて、チョコレートが溶けるのではなく焦げてしまう恐れがあります
    • チョコレートは小分けにしたもののほうが短時間で溶けます。その前に、チョコレートを透明なプラスチック製のボウルに入れ、コンロ上の片手鍋にのせましょう。
  3. 3
    チョコレートが溶け出すまで、絶えず混ぜます。チョコレートはあっという間に焦げてしまうため、そばを離れたり、手を休めたりしないようにしましょう。
  4. 4
    チョコレートが完全に溶けるまで混ぜ続けます。すぐに溶けてしまう時には火を落としましょう。この段階までに5-10分かけて溶かします。
  5. 5
    溶かしたチョコレートはチョコレートがけやお菓子のコーティング、その他のレシピに使いましょう。繰り返しますが、混ぜる時に使うヘラなどについた水滴がチョコレートに混ざらないようにくれぐれも注意しましょう。

2
電子レンジで溶かす

  1. 1
    チョコレートの量をはかります。かたまりや板状のチョコレートは包丁で細かく刻みましょう。
  2. 2
    使いたい量のチョコレートを電子レンジ対応のボウルに入れます。ボウルを電子レンジに入れます。
  3. 3
    電子レンジの最低出力の設定で30〜40秒加熱します。チョコレートを加熱する前に、電子レンジの設定が一番弱い出力になっていることを確かめましょう。
    • 小さなチョコレートチップを使う場合には、30秒も加熱する必要はありません。焦げないように、10-15秒単位で様子を見ながら加熱します。
  4. 4
    溶けたチョコレートを木ベラで混ぜ、再度、電子レンジの最低出力で10-15秒加熱します。
  5. 5
    チョコレートを取り出してよく混ぜ、様子を見ながら10秒単位で繰り返し電子レンジにかけてチョコレートを完全に溶かします。電子レンジで溶かすコツは以下の通りです。
    • ビターチョコレートはミルクチョコレートより溶かすのが簡単です。焦げが心配ならば、ビターチョコレートを使うとよいでしょう。
    • 電子レンジで初めて溶かす場合には、万が一焦がしてしまった時のために、安いチョコレートを使うとよいでしょう。安いチョコレートなら、焦がしても、気持ちやお財布に負担がかかりません。

ウィキハウ動画: チョコレートを溶かす方法

動画を見る
Did this video help you?
もう一度見る

記事のサマリーX

電子レンジでチョコレートを溶かすには、まず電子レンジ対応のボウルにチョコレートを入れます。電子レンジを低い出力に設定し、30~40秒間温めます。小さいチョコレートチップを使う場合は、10~15秒間ほどにしましょう。木のスプーンでチョコレートを混ぜ、さらに10~15秒間電子レンジにかけます。加熱し過ぎると焦げて使えなくなってしまうので、注意しましょう。もう一度かき混ぜ、チョコレートが完全に溶けるまで、10秒単位で電子レンジにかけ続けましょう。

ポイント

  • 二重鍋で小さい鍋を大きい鍋に入れる時には、小さい鍋の底が大きい鍋のお湯に直接触れないように注意しましょう。チョコレートが焦げてしまいます。
  • 二重鍋がない場合は、片手鍋や鍋(チョコレートを直接鍋に入れて水なしで加熱)を使って極弱火で絶えずかき混ぜながらチョコレートを溶かすこともできます。
  • チョコレートを溶かす際には、チョコレートの量に対して75%までの量に限り、水を加えることができます。ただし、チョコレートの固形分は水にさらされると多少不安定になるため、固まったりダマにならないように注意が必要です。十分な量の水を加えることと加熱中によくかき混ぜることが成功の秘訣です。
  • チョコレートは熱くなるので、鍋つかみを用意しましょう。
  • チョコレートを鍋から取り出す時は、チョコレートを加える生地などに鍋の底についた水滴が落ちないように注意しましょう。必ずなべ底を布巾などで拭きましょう。

注意事項

  • 牛乳を混ぜるとチョコレートがざらつくので、牛乳の使用はさけましょう。
  • ミルクチョコレートは乳成分を含んでいるため、ビターチョコレートや一般的なチョコレートより焦げやすい特徴があります。