「彼氏と上手に戯れ合う」の版間の差分

(ページの作成:「自分に自信があれば、彼氏とも自信を持って戯れ合うことができますし、彼もきっと気に入るでしょう。盛り上がって戯れ合…」)
(ページの作成:「自分に自信があれば、彼氏とも自信を持って戯れ合うことができますし、彼もきっと気に入るでしょう。盛り上がって戯れ合…」)
(相違点なし)

2019年8月15日 (木) 03:18時点における最新版

自分に自信があれば、彼氏とも自信を持って戯れ合うことができますし、彼もきっと気に入るでしょう。盛り上がって戯れ合っているときに、女性からリードしてもらうのが嫌いな男性は実は少ないのです。すぐに 彼氏を夢中にさせる 方法を以下にご紹介します。

1
盛り上がっている時にリードする

  1. 1
    自信が持てて気分が落ちつくお気に入りの場所を見つけます。想像してみましょう。ファーストフード店の駐車場では雰囲気が作れないはずです。テレビの照明の光だけが体を照らすような地下室や、誰かに見られるかもしれないと思うと余計に盛り上がるような駐車場の一角がいいでしょう。車の後ろもいいかもしれません。戯れ合うのに盛り上がりそうな場所ならどこでもいいのです。
    • お互いに心地よいと思うことが重要です。ストレスやプレッシャーを感じずに、他に行く場所もなく、戯れ合うことに集中できる場所がいいでしょう。
  2. 2
    唇を柔らかくします。恋人にいい気分になってもらうために、唇にバームをつけたり、舐めて湿らせて柔らかくします。戯れ合う15分ほど前にこの準備をすると、恋人の気分が上がり、あなたの唇に目が釘付けになるはずです。キスした時に相手につくほど、グロスを厚く塗り過ぎないようにしましょう。
    • 香り付きで厚めのリップグロスを塗る場合は、戯れ合う1、2時間前に塗っておいてもいいでしょう。
  3. 3
    戯れ合います相手にその気があると知らせます。遊び心を忘れずに相手と近づきます。相手を軽く押したり、相手の肩をぎゅっとつかんだり、可愛い冗談を言ったり、髪を触ったりして相手に自分がその気であることを伝えます。まわりくどくキスに移るよりも、あなたにその気があると少しでも相手に知らせた方が盛り上がるはずです。
    • 恋人と戯れ合っているときは、相手を褒めるようにします。彼が素敵だと伝える方がいいでしょう。
  4. 4
    彼を近くに引き寄せましょう。あなたにも主導権があると彼に知らせます。彼から誘いをかける前にあなたがリードすると彼はとても驚くはずです。常に主導権をとるのが苦手な男性の多くはあなたの行動にとても安心するでしょう。彼をつかみ、可愛く微笑んで、彼の体に触れて瞳をそらせない距離まで引き寄せましょう。
    • 引き寄せる時は、コントロールを保ち、相手の目を見続けるようにします。
  5. 5
    彼をからかってみましょう。じらすと効果的です。10%ほどの距離をもたせながら彼を誘ってみましょう。少し動きを止めると、彼はあなたを欲しい気持ちが高まり更に興奮するでしょう。すぐに次の行動に移るよりも、彼があなたを引き寄せて軽く優しいキスから始める方がいいのです。心地よくなってきたら、フレンチ・キスをたくさんした後に少し舌を使いましょう。
    • すぐにディープキスをしない方がいいでしょう。彼の口の中に舌先を少し入れることから始めて、徐々にお互いの口に舌を入れてゆっくりと回す、または相手の舌の上に自分の舌を置きましょう。

2
激しい動きに移る

  1. 1
    彼の体を触ります。本格的なキスが始まったら、同時に彼の体を触ります。肩、胸、腰、首、腕など上半身を触りましょう。2人の関係がより親密な場合は、盛り上がってきたら、彼の股間の辺りを触りその気にさせても問題ありません。
    • 彼の体があなたの手の動きを感じていることが重要です。必死になり過ぎる必要はありません。彼に近づき手で触りながら彼の体を感じることが大切です。
    • 恋人とキスまでしかしていない場合は、無理に彼の体中を触ったり相手にあなたの体を触らせなくてもいいと覚えておきましょう。彼にそれ以上先に進んでもいいと思わせるかもしれません。
  2. 2
    彼の唇を優しく噛み吸ってみましょう。気分が盛り上がり心地よく感じる場合は、彼の唇を優しく噛んで吸ってみます。初めは「とても」優しく噛み、その後少し力を入れて噛むことが重要です。もし彼が唇から血を流すことになれば間違いなく雰囲気は台無しになるでしょう。
    • この動作が好きではない男性もいます。もし、彼が嫌がっても落ち込む必要はありません。しかし、この動きが好きな男性は、「非常に」気に入ることが多いでしょう。
  3. 3
    彼の耳元でささやきます。言葉はそれほど重要ではありません。戯れ合っている最中に彼の耳元でささやくと、彼は耳元や首筋にこそばゆいような快感を感じ、あなたの温かい息が耳元にあたると興奮度が増すはずです。何を言えばいいのかわかっていれば、ささやくだけでセクシーな動作になるでしょう。
    • 短い言葉でいいのです。「あなたが欲しい」「キスがとても上手ね」「とてもセクシーよ」などの言葉で十分でしょう。
    • 2人の間が十分に盛り上がっていたら、「あなたが・・・してくれるのが好きなの」などの言葉もいいでしょう。
  4. 4
    彼の首筋や耳たぶにキスをします。唇にキスをするだけでなく、色々な動作を組み合わせることが重要です。数分間唇にキスをした後は、彼の首筋や耳たぶにキスをしてみましょう。彼の耳や首に優しくキスをして、彼が感じているなら少し噛んでみましょう。彼が感じるくらいの加減がわかれば、彼の首筋や耳たぶを噛むことで更に興奮度が増すはずです。
    • 彼の首筋にキスをして少しだけ舐めて息を吹きかければ彼はぞくぞくするはずです。
  5. 5
    彼の髪の毛で遊んでみましょう。頭部は最も感じやすい部分の一つなので、無視しない方がいいでしょう。彼の髪の毛の間に手を入れて、数本の髪の毛を触り、キスしている間や止まっている間に髪の毛で遊んでみます。髪の毛をいじっている間は彼の瞳をじっとみましょう。髪の間に指をいれながら、毛束を優しくつかんでもいいでしょう。
    • 基本的に、手はひざに置いておくのではなく常に動かす方がいいでしょう。彼の体を十分に触った後は髪を触りまた体に戻る動作を繰り返しましょう。
  6. 6
    彼の上にまたがります。戯れ合っている時にあなたがリードして、彼の体にまたがると彼は「とても」喜ぶはずです。またがる前に、情熱的で盛り上がっていることを確認しましょう。また、ソファに座ったりいすの近くに立つなど落ち着く場所でお互いの体に触れ合いながら彼の上にまたがればムードを壊さなくて済むでしょう。[1]
    • キスをして相手の首に腕を回しながら彼の上にまたがります。
    • 初めて戯れ合う場合には避けた方がいいでしょう。恋人といて落ち着く、お互いに同じ気もちだと確信を持ってから試しましょう。
  7. 7
    彼の指を舐めます。もし一緒にいてお互いに落ち着くなら、瞳を見つめながら彼の指を数秒間舐めてもいいでしょう。この仕草は彼をその気にさせるのに非常に効果があり、あなたが新しい刺激に挑戦することに抵抗がなく楽しむことができると彼に伝わるはずです。[2]
    • やり過ぎないように注意します。戯れ合っている時に1度で十分です。
  8. 8
    同じ動作が続かないように気をつけましょう。何かをしている時は、時々違う動作をするようにします。彼にまたがる、首にキスをする、耳元でささやくなどの動作もずっと続けないようにしましょう。体の位置を変えたり、キスの仕方を変えて違うことをしてみましょう。新鮮な刺激を忘れないようにしながら、唇にキスをしたり、フレンチ・キスをしたり、彼の唇を噛みながらキスをしたり、体の他の部分にキスをしたり、色々な動作を試すようにします。
    • 位置を変えず腕を動かさずにフレンチ・キスだけをし続けるのは避けた方がいいでしょう。
  9. 9
    あなたが楽しんでいると彼に伝えましょう。戯れ合いが終わった後に笑顔を見せてあなたも楽しんだと彼に伝えます。彼の唇に優しくキスをしたり、髪をなでたり、また直接楽しんだと言葉にすることで彼はあなたが自分を好きだとわかり自信を持つことができるでしょう。真面目になり過ぎて戯れ合ったことがなかったように振る舞う必要はありません。実際、相手に伝えた方が情熱的です。
    • 「楽しかった」と魅惑的な笑顔で彼に伝えましょう。

ポイント

  • 常にゆっくりとした動きから始めて徐々に早めるようにします。
  • 戯れ合った後には少しでも会話をして楽しんだことを伝えるようにします。
  • 男性は胸の辺りを撫でられるのが好きな場合が多いですが、彼が好きかどうか確かめてから行うようにしましょう。
  • 戯れ合った後には彼の何かしらの反応をみて、次回以降してもいい動きを決めるようにしましょう。
  • 戯れ合いたいと相手に伝えることを躊躇しない方がいいでしょう。彼がにぶい場合は、直接言葉で伝えましょう!
  • もし触れ合いながら情熱的に戯れ合いたくても経験がない場合は、彼にそぶりを見せて初めに動いてもらうようにしましょう。
  • 彼の手をあなたの腰に持っていき、あなたの腕を首の後ろに回しましょう。
  • 会う前に彼氏にセクシーなメールを送りましょう。彼は期待に胸を膨らませ、あなたに会いたいと強く思うはずです。彼と会う前にあなたがどんなつもりなのかヒントをあげましょう。男性の多くはこのように誘われることが好きでしょう。
  • 緊張して固くならないように落ち着いてキスをしましょう。

注意事項

  • お互いに楽しめる場合のみ戯れ合うようにします。(気分が乗らない場合に無理にさせられるのは嫌な人が多いのです。)
  • 動きが早くなり過ぎないように注意します。
  • リードするつもりだと彼に伝えて雰囲気を台無しにしないようにします。