「目玉焼きを焼く」の版間の差分

(Saving new step-by-step photos)
(Saving new step-by-step photos)
44行目: 44行目:
 
<!-- 以下はクイックサマリーのコードです。編集や削除をしないでください。 -->
 
<!-- 以下はクイックサマリーのコードです。編集や削除をしないでください。 -->
 
== Quick Summary ==
 
== Quick Summary ==
{{whvid|目玉焼きを焼く Step 0 Version 2.360p.mp4|目玉焼きを焼く Step 0-preview Version 2.jpg}}
+
{{whvid|目玉焼きを焼く Step 0 Version 3.360p.mp4|目玉焼きを焼く Step 0-preview Version 5.jpg}}
 
{{Summary:目玉焼きを焼く}}
 
{{Summary:目玉焼きを焼く}}

2019年8月14日 (水) 20:11時点における最新版

料理初心者にとって、目玉焼きをひっくり返すのはあまりにも難しそうで、敬遠してしまうものかもしれません。白身はしっかり火が通って少しカリカリで、黄身はとろとろの目玉焼きを作るのは、少し練習すれば難しいことではありません。完璧な目玉焼きができた時ほど誇らしいことはありません。目玉焼きはどんな料理とも相性がよく、上出来の目玉焼きができたら、ごちそうが楽しめるでしょう。

1
完璧な目玉焼きを焼く

  1. 1
    フライパンをコンロに置き、中火にかける 卵を入れた時に、卵同士の間隔が十分にとれるフライパンを使いましょう。目玉焼きを1個焼く時は直径20cmのフライパン、2~3個焼く時は直径30cmのフライパンが適しています。[1]
  2. 2
    フライパンが温まってきたら油またはバターを入れる 油の量は卵1個につき大さじ1/2杯が目安です。油がフライパン全体に行き渡るよう回しながら、フライパンを温めます。油やバターが焦げないように火力に注意しましょう。
    • 卵の数に対してフライパンが大きすぎると、フライパンに広げた油が少なすぎるため、卵1つ分にしか油が行き渡らず、卵がフライパンにくっついてしまいます。卵の数に対してフライパンが大きすぎる場合には、油を少し多目に使います。
    • ベーコンの油を少量使うと、コクのある目玉焼きになります。
    • オイルスプレーを使うと素早く簡単にフライパン全体に油を引くことができます。[2]
  3. 3
    油またはバターを焦がさないように温める フライパンの温度が高すぎると油や卵がすぐに焦げてしまうため、弱火で温めます。油は表面が波だち、バターの場合は泡が出てきた時が頃合いです。卵をフライパンに入れた時、白身が軽くジュージューと音がするくらいがちょうどよい温度です。
  4. 4
    小さめの皿やボウルに卵を割り入れてからフライパンに投入するか、直接フライパンに割り入れる 黄身が破けないよう注意して殻を割りましょう。卵をボウルに割り入れておくと、殻が混ざった場合でも調理する前に取り除くことができます。卵をフライパンに入れると軽くジュージューと音がします。卵や油が飛び跳ねるような状態だとフライパンは熱しすぎです。
  5. 5
    白身の周りが透明から白くなるまで卵に触れずに加熱する フライパンの底は見えませんが、白身の表面近くまで火が通っています。この時の卵はゼリー状で、広がりやすくなっているため、卵を動かしてはいけません。
    • 大体1~3分火を通します。[3]
  6. 6
    白身の周りが白くなったら、ふたをして弱火で加熱する フライパンにふたをします。ふたをして蒸気がフライパンの中に閉じ込められることによって、卵の表面が加熱され、白身がしっかり固まります。こうすることで、黄身がとろとろの目玉焼きを作ることができます。ふたをせずに加熱し続けると、白身に完全に火が通る前に、下の方から黄身に火が通ってしまいます。
  7. 7
    ふたを開け、指で黄身を軽く触って固さを確認する 白身の部分が透明でゼリーのような生っぽい部分がなくなったら出来上がりです。お皿に移して提供します。固い目玉焼きにする場合はもう少し加熱します。
    • フライパンが温まっていれば、卵を焼き始めてから平均しておよそ5分ほどで黄身がとろとろの目玉焼きが完成します。[4]
  8. 8
    フライ返しで目玉焼きをフライパンから素早く取り出す 黄身が破れないように、素早く卵を取りだします。お皿に盛り付けて提供します。
    • 熱いうちに塩とこしょうで味付けします。[5]

2
ひと手間かけた目玉焼きを作る

  1. 1
    熱い油でカリッとした焦げ目がついた黄身がとろとろの目玉焼きを作る 油1~1/2杯の代わりにオリーブオイル大さじ4杯を入れて温めます。火にかけたフライパンに卵を入れる時に、フライパンの上で油と卵を滑らせるようにフライパンを回します。卵の上にスプーンを使って熱したオリーブオイルをかけながら焼きます。周りが色づいてカリカリになったらお皿に移し、塩と胡椒で味付けして提供します。
    • 熱くなった油の飛び跳ねに注意しましょう。
    • この方法だと、わずか30~60秒程度で出来上がります。[6]
  2. 2
    途中でひっくり返して両面を焼き、半熟の目玉焼きを作る 白身が固まってきたら、ふたをする代わりに卵をひっくり返して焼くと、黄身の表面に早く火が通り、カリカリになります。ひっくり返して焼くときは、必ず油を多めに使い、黄身が破れないように注意しましょう。
  3. 3
    トーストに目玉焼きを添えた簡単な朝食を作る トーストと目玉焼きのセットは、言わずと知れた定番の朝食です。果物や肉類が一緒に添えられることも多いでしょう。このほか朝食セットに添えるおすすめの食材を紹介します。
    • ほうれん草、ルッコラ
    • トマト、アボカド
    • ベーコン、ソーセージ、ハム
    • チーズ
    • チャーハン
  4. 4
    残り物に目玉焼きを追加してボリュームアップする 野菜炒め、豆類、ご飯もの、パスタ類に食欲をそそる匂いの目玉焼きを添えたり、黄身をからめたりして食べます。残り物を手軽にボリュームアップしたい時には、目玉焼きを利用しない手はありません。
  5. 5
    サンドイッチやハンバーガーに目玉焼きを追加してタンパク質を補う 目玉焼きだけでもおいしいサンドイッチができますが、バゲットやロールパンなどにチーズ、アボカド、トマトなどと一緒に目玉焼きをはさむと、豪華なサンドイッチの出来上がりです。ハンバーガーの上に黄身がとろとろの目玉焼きをのせれば、肉の美味しさがいっそう引き立ちます。[7]
  6. 6
    ウエボス・ランチェロス(メキシコの伝統的な朝食)を作る このブリトーを開いたような卵料理の作り方は簡単です。トルティーヤ2~3枚を並べ、その上に調理した黒豆、アボカド、トマト、チーズ、サルサやお好みのタコスの具をのせます。その上に目玉焼きをひとつずつのせていきます。
    • 目玉焼きはハッシュドポテトとの相性がよいので、トルティーヤの代わりに使ってもよいでしょう。サツマイモのハッシュドポテトも味の変化を楽しめます。

ウィキハウ動画: 目玉焼きを焼く方法

動画を見る
Did this video help you?
もう一度見る

記事のサマリーX

完璧な目玉焼きを焼くには、大さじ半分の油かバターを弱火~中火で熱します。油かバターが熱くなり、茶色くならないうちに、注意しながら卵をフライパンに割り入れます。フライパンの底が白身を通して見えなくなるまで、卵を1~3分間調理しましょう。そしてフライパンに蓋をして、火を弱めます。黄身を半熟に仕上げるには、黄身を軽く触った時に生卵がつかない状態になるまで、さらに5分間ほど調理します。固めの卵に仕上げるには、さらに1~2分間調理しましょう。フライ返しで卵を取り出して、おいしく味わいましょう! 両面焼き半熟卵の作り方を知りたい場合は、記事を読み進めましょう!

ポイント

  • 目玉焼きの味付けは、完成直前に行いましょう。
  • 自分の好みの焼き加減になるようコンロの火を調節しましょう。コンロの火の調節を覚えることが、目玉焼きを上手に作るためのコツです。
  • おいしい目玉焼きを作るには、新鮮な卵を使いましょう。
  • 卵の殻が入ってしまったら、スプーンを使って取り出します。

注意事項

  • 平らなフライパンでないとうまく作ることができません。フライパンに油が均等に行き渡らず、卵が窪みに寄ってしまいます。