「紙でボートを作る」の版間の差分

(Saving new step-by-step photos)
(Saving new step-by-step photos)
26行目: 26行目:
 
<!-- 以下はクイックサマリーのコードです。編集や削除をしないでください。 -->
 
<!-- 以下はクイックサマリーのコードです。編集や削除をしないでください。 -->
 
== Quick Summary ==
 
== Quick Summary ==
{{whvid|紙でボートを作る Step 0 Version 2.360p.mp4|紙でボートを作る Step 0-preview Version 2.jpg}}
+
{{whvid|紙でボートを作る Step 0 Version 3.360p.mp4|紙でボートを作る Step 0-preview Version 5.jpg}}
 
{{Summary:紙でボートを作る}}
 
{{Summary:紙でボートを作る}}

2019年8月14日 (水) 20:11時点における最新版

なにか工作してみたい気分ですか? 一枚の用紙があれば、何とたった数分で紙のボートを作ることができます。以下のステップで作り方を見てみましょう。

ステップ

  1. 1
    21.5 cm x 28 cmの紙を用意して、短辺を半分に折ります。 普通のコピー用紙や画用紙、折り紙など種類は問いません。これはいわゆる「ホットドッグ折り」と呼ばれるものです。きれいに折り目を付けましょう。
  2. 2
    折った紙を開いてから90度回転させ、長辺を手前から半分に折ります。この「ハンバーガー折り」をすると、紙の中心に新しい折り目ができます(動画を参照)。これで、X軸とY軸のような二つの線ができたはずです。
  3. 3
    紙が自分に対して開くように、向きを変えます。手前に2.5~5 cmのスペースを残して、上の角を折り返します。上の二つの角を真ん中の折り目に沿わせて折ります。あらかじめ作った折り目を目安にしながら、紙の端をしっかりと押さえて折り目を付けましょう。
  4. 4
    手前の部分を折り返します。手前の部分を三角形の下辺に沿って折り返します。ひっくり返して、裏面も同様にします。これで、紙の帽子のできあがりです。
  5. 5
    長方形の角を中へ折ります。三角形からはみ出している長方形の角を三角形の辺に沿って折りこみます。その上にかぶせるように裏面の角も折ります。
  6. 6
    三角形を正方形にします。三角形を45度回転させて開口部から指を入れ、三角形の下辺を開きます。このように元の三角形の角同士を合わせながら折ると、三角形の下辺がひし形の角のようになり、自然と正方形ができるはずです。形が崩れてこないように、しっかりと折り目を付けましょう。
  7. 7
    手前の部分を折り返します。ひし形の角を上に折り返せるように、開口部を下に向けて置きます。下の角を上の角に合わせましょう。ひっくり返して、裏面も同様に折ります。
  8. 8
    もう一度三角形を正方形にします。先ほどと同様に三角形を45度回転させて、指で三角形を開くと、三角形の角がひし型の角になります。紙が開いてしまわないように、しっかりと折り目を付けましょう。
  9. 9
    左右に並ぶ三角形を外に引っ張ります。ひし形の中心線が中から顔を出すように、上部の角を持ってゆっくりと左右に開きましょう。底辺の山折り部分にしっかり折り目を付けると、ボートの強度が増します。
    • ひし形を左右に開くときは、中の三角形を上に引っ張ります。この部分が「帆」になるため、なるべくまっすぐに立てましょう。
  10. 10
    ボートを水に浮かべます。小さな洗面器に水をためて浮かべてみましょう。沈みはじめた場合は、ボートの側面をしっかりと立てて微調整をしましょう。

ウィキハウ動画: 紙でボートを作る方法

動画を見る
Did this video help you?
もう一度見る

記事のサマリーX

長方形の紙でボートを作りましょう。まず紙を上から下に向けて半分に折ります。次に、横方向にもう一度折って開き、真ん中に折り目をつけます。右上の角を中心に向けて折り下げます。そして、紙をひっくり返して反対側のもうひとつの角を折り下げます。紙の下の端をそれぞれ外向きに折り上げて、紙の帽子の形にします。次に、帽子を開いて水平にしてつぶし、ひし形にします。ひし形の下の端を一番上まで折り上げます。そして、紙をひっくり返して反対側も同じ工程を繰り返します。もう一度紙を引き離してしわを伸ばし、ボートの形に整えましょう。 ボートを水に浮かべる方法を知りたい場合は、記事を読み進めましょう!

ポイント

  • ボートを防水加工しましょう。ワックスペーパーを使うと、ボートの耐久性を高めることができます。用紙の片面をクレヨンで塗ってもいいでしょう。また、紙ではなくアルミホイルで折ることもできます。
  • 折り目はくっきりと付けましょう。定規などを使ってしっかりと折ります。
  • 厚い紙ほど折るのが難しくなります。
  • 池のような広いところにボートを浮かべるときは、ボートの端に紐を付けましょう。ボートが遠くに流されないように、もう一方の端をしっかりとつかんでおきましょう。
  • 紙の端と端をきれいに合わせて折りましょう。

注意事項

  • 紙に穴が開いていないことを確かめましょう。小さな穴から大きく破れてしまうことがあります。
  • 紙を破らないように気を付けましょう。