「非常識な人に対処する」の版間の差分

(ページの作成:「人にイライラすることが時々ありませんか。理不尽な行動をする人や、分別のない行動だと気づいていそうにない人など、筋…」)
(ページの作成:「人にイライラすることが時々ありませんか。理不尽な行動をする人や、分別のない行動だと気づいていそうにない人など、筋…」)
(相違点なし)

2019年8月15日 (木) 04:15時点における最新版

人にイライラすることが時々ありませんか。理不尽な行動をする人や、分別のない行動だと気づいていそうにない人など、筋の通らないことを平気でする人と一緒にいるのはうんざりします。そういった非常識な人にはどのように対処したら良いか悩みますが、考え方を改めることで比較的楽に対処できるようになるでしょう。

パート 1
視点を変える

  1. 1
    基準を下げる 基準を下げるのは難しいことかもしれませんが、とても大切です。非常識な人たちに常に腹を立ててしまうのは、あなた自身が世間に高い期待を寄せているからかもしれません。人はそれぞれに生い立ちが異なり、全ての人が同じ意見を持っているとは限らず、人生における優先順位もそれぞれに異なります。あなたは、社会人としての振る舞い方や考え方に一定の基準を設けて暮らしているかもしれませんが、「平均的な」人はあなたの持つ高い基準を満たすことが出来ません。
    • 世間一般の人たちに聡明さや人を尊重する態度を期待しなければ、人が期待通りに行動しなくても失望することはなく、実際に良い意味で期待外れだった時には逆に嬉しくなるでしょう。
  2. 2
    彼らの視点から状況を見るようにする イライラさせられる人に対処するもう1つの方法として、彼らの視点から物事を見るということが挙げられます。もちろん今のあなたにとって、銃の規制に関する見方は1つしかないのかもしれません。また、ベジタリアンこそが正しい食事法だと考えるかもしれません。しかし、自分の考え方を固辞する前に、反対の立場の意見をきちんと把握することも大切です。別の意見もあり得るのだと考えてみてはどうでしょうか。
    • 別の意見を持つ人の生い立ちなどを考えてみましょう。彼らの物の見方が理解できるかもしれません。合理的で自由な考え方をする人が多い都会で育った人と保守的な地域で育った人とでは、全てにおいて意見が一致するとは限りません。
  3. 3
    遺伝的または環境的に誰もが同じメリットを持っているわけではないことを理解する 遺伝と良い機会に恵まれているかどうかの両方が人間の「聡明さ」に影響を与えます。一部の人が他の人よりも聡明に見える理由の1つは、彼らが勤勉さを尊ぶ環境で育ち、その結果学校で良い成績を収めたからかもしれません。また、家族の世話や高校に通いながらのアルバイト、他にも様々な責任を果たさなければならず、途中で断念せざるを得なかったとしても、多くのことをゼロから始めた経験があるからかもしれません。一方で、聡明には見えない人々は、幼少期物事を理解するのに時間を要したり、教育や良い成績を取ることなどに全く興味がなかったのかもしれません。非常識な人に苛立ったら、素晴らし機会に恵まれたことがなかったのだと、彼らの境遇を想像してみましょう。また、仮に機会があったとしても、あなたと同じように有効に使えたでしょうか。そうではないはずです。機会を掴んでいたら、非常識な人としては成長していないでしょう。
    • 知力は家族、富、愛情によって決定されるものではありません。しかし、技術や知識をどのように向上させるかは、経験や良い機会に巡り合えるかどうかに左右されます。
    • 人それぞれに色々な生い立ちや経験があることを理解しましょう。「どうして私のように振る舞えないのかしら」と考えることが少なくなり、イライラも収まるでしょう。
  4. 4
    木登りの能力で魚を評価しない アインシュタインはかつて「誰もが天才だ。しかし魚を木登りの能力で判断すれば、魚は愚かなものだと一生考えるようになるだろう」と言いました。つまり、あなたが愚かだと判断する人は、ある分野ではあなたの期待通りに振る舞えないかもしれませんが、実際には全く非常識でも愚かでもないということです。数学のクラスで隣に座る人は足し算が苦手かもしれませんが、詩を書かせれば素晴らしい能力を発揮するかもしれません。また、客からのカフェラテのオーダーをきちんと把握出来ない人でも、素晴らしい音楽を披露できるかもしれません。賢さや愚かさを1つの物差しで測ることは止めましょう。そうすれば、人はあなたが考えるより遥かに素晴らしい能力を持っていることに気づくでしょう。[1]
    • こんな風に考えみてはどうでしょう。1つの分野だけで人間の賢さを判断するなら、あなたのことをあまり賢い人ではないと思う人もいるでしょう。それは正しい判断ですか。そんなはずはありませんね。
  5. 5
    人の意見を変えることは出来ないと悟る これは意見の合わない人、特に心の狭い人たちと関わる前に抑えておきたいポイントの1つです。あなたは、良識や明らかな事実が、いずれはその正しさを証明するだろうと考えるかもしれません。また、色々な角度から論理を説明すれば、相手は別れ際に「あ、そうか。そんな風に考えたことなかったな」と思って去って行くだろうと思うかもしれません。しかし、毎回そのような結果になるとは限りません。そう期待していると、自分の思い通りにならず苛立つことが増えるでしょう。
    • 正当な意見や分別のある考え方であっても、それで相手を簡単に説得することは出来ないと理解できれば、自分の意見を押し付けようとは思わなくなるでしょう。相手に自分の視点を無理強いしなれば、腹を立てることも次第になくなるでしょう。
    • 心の狭い人をあなたの意見に同意させることが目標ではありません。そのような人たちと交流する時には、落ち着いて平常心でいることが大切です。
  6. 6
    知識を蓄えて準備する 知識は力です。知識の乏しい人と話す時には特に大きな力になります。非常識な人たちと誠実に議論を交わすには、事実を把握しておくことが重要です。できるだけたくさんの書物を読み、インターネットで有益な音声ファイル(ポッドキャスト)を検索しダウンロードして聴き、ニュースを見て、論じるトピックについて十分に知識を得て理解を深めておきましょう。より多くの事実、統計、理論の裏付けを知っていれば、知識のない人を黙らせるのは簡単でしょう。
    • 見識のない人に向かって、自分が正しいことを証明することが目標ではありません。それは、あまり意味のないことです。あなたが熱心に調査したことが分かれば、相手は、あなたと関わりたいとは思わなくなります。

パート 2
その場を賢く凌ぐ

  1. 1
    物議を醸している問題は論じない 非常識な人と話す時には、彼らを落胆させたり怒らせたりしてはいけません。また彼らは、あなたが間違っていることを証明しようとして、あなたへの反対運動を起こす可能性もあります。そうさせないようにしましょう。見識がなさそうな相手だと判断したら、自分にとっては大切な問題であっても、彼らと論じる必要などありません。定期的に関わらなければならないのであれば、「最近はどんな調子?」などと軽い会話をする程度に留めましょう。論議の余地のある問題について彼らと話すのは避けましょう。
    • 筋の通っていない意見は是が非でも「倒したい」という思いにかられるかもしれませんが、その感情は抑えましょう。血圧を高めてまで、また自分の時間を使ってまで議論する価値などありません。
  2. 2
    親切心で相手を消沈させる 途方にくれる程理不尽な相手には、親切に接しようという気持ちが起こらないかもしれません。しかし、そういう相手にこそできるだけ親切に振る舞うべきです。親切で優しい態度を示せば、相手はおそらく混乱をきたし、攻撃的な態度が弱まることでしょう。あなたと同じように親切な態度で接する以外に術がない状態に陥れば、相手は聞き分けのない態度を止めるでしょう。失礼な態度をとったり見下したり意地悪をすれば、相手はおそらく理不尽な態度を強化させます。歯をくいしばり我慢して親切に振る舞いましょう。それが心痛ではあっても、あなたへの迷惑行為は徐々に収まることでしょう。
    • 親切でかつ丁寧に接する方が、意地悪をしたり不快感を与えたりするよりも遥かに容易いことです。意地悪は精神的苦痛をもたらし、ストレスにもなります。人にできるだけ親切に接すると、精神的にも楽になれるでしょう。
  3. 3
    無意味な議論を避ける 物議をかもす問題について議論しないのと同様に無意味な話も避けましょう。無教養の人が物議をかもす話題を持ち出し、非常識な意見を述べているのを聴くと、その間違いを証明しようと議論に加わりたくなるでしょうが、その衝動を抑えましょう。相手の意見を否定せずに、「誰でも自分の意見を自由に持つことができるよ」「面白い視点だね」などと反応し、話題を変えるかその場を去りましょう。
    • 見識のない人と論議を交わしても、その一瞬は自分の気持ちが治るかもしれませんが、結局のところ全く意味がありません。
  4. 4
    感情を抑える 愚かな人は他人を落胆させたり怒らせたりするのが得意です。しかし、彼らの思いのままにさせてはいけません。全く意味のないことです。会話で有利に立ちたくなっても、冷静になりましょう。聡明な人とは感情を抑えることができる人です。感情的になれば見識のない人だと判断されるでしょう。そのような印象を与えないようにしましょう。
    • 忍耐強くなりましょう。見識に欠ける人が物事をきちんと理解するには時間がかかるかもしれませんが、すぐに腹を立てたり短気を起こしたりしてはいけません。相手が間違いに気づきそれを正せるように機会を与えましょう。
    • 相手の言うことに憤慨したら、それを気にしても無意味だと思えるまで、心の中で何回も「相手は愚か。相手は愚か。相手は愚かな人だ」と唱えましょう。
    • 相手に怒りを感じたら、気持ちを落ち着けるように努めましょう。50から逆に数えてみたり呼吸に集中したり、あるいはその場を離れて周辺を歩いてみるのも良いでしょう。相手ともう一度向き合う必要があればその前に、色々なことを試みて気持ちを落ち着かせましょう。
    • 見識に欠ける人に優越感を与えてはいけません。彼らがあなたに対して大きな影響力があると思えば、自分はとても賢い人だと考えるようになります。
  5. 5
    意見の根拠を示してもらう 見識のない人に苛立ちを覚えたら、彼らの意見を裏付ける証拠を求めることで彼らを大人しくさせることができるでしょう。何の根拠もないまま、くだらない意見を述べている可能性があります。裏付けを要求することで相手を静かにさせ、会話をこれ以上進めないようにすることが出来るでしょう。彼らに大人しくなって欲しい時の丁寧な頼み方や言い方を紹介しましょう。
    • 「本当?どこでそれを読んだの」
    • 「あなたのその意見は、先週のニューヨークタイムズの記事を元にしているのかな。実際その記事は、それとは逆のことを言っていると思うんだけれど」
    • 「面白い意見だね。どれくらいの割合の人が実際にそうなのか知っている?」
    • 「カリフォルニアについてそんなに断定的な物の言い方をするなんて興味深いな。どのくらい住んでいたの?そんなに説得力のある見解を持っているんだから、かなり長く住んでいたんだね」
  6. 6
    優れた意見を持っていない人は重要視しない 人を無視することはかなり失礼で未熟な行為ですが、それが最善策である場合があります。1人無教養な人がいるために、その場を離れたいと思ってもそれが出来ない会合があります。そんな時には、その人をいない者として進めるか、その人の意見にコメントをしないようにしましょう。明らかにくだらない意見なら、他の人がそれを指摘するか、ほとんどの人は取り合わないでしょう。
    • 愚かなコメントで挑まれたら、取るに足らないものとして微笑み、軽く受け流しましょう。真剣に相手にするのは避けましょう。
    • 見識に欠ける人を無視することは決して正攻法ではないでしょうが、話しかけられずに済むかもしれません。
  7. 7
    その場を去る その場を去ることができれば理想的です。自分の上司が見識に欠ける場合、単に無視してその場を去ってしまえば、仕事を失う危険があるでしょう。しかし、スーパーマーケットで非常識な人に怒鳴られたら、また無教養な人に迷惑をかけられたら、すぐにその場を去りましょう。憤慨のあまり怒りが込み上げたとしても、その場を去れば気持ちも自然に落ち着きます。
    • 相手に少しでも聞き分けがあれば「すみません。用事があるのでここで失礼します」と言って去りましょう。もちろん、去る理由を言う必要がない場合もあるでしょう。

パート 3
彼らにイライラしないようにする

  1. 1
    個人攻撃として捉えない 意図的に傷つけられれば、それが見識に欠ける人からの攻撃でも、また、全く意味のないことでも、個人攻撃だと捉えずに冷静に対処するのはほぼ不可能です。しかし、そういった状況にでも冷静に対処したいのであれば、彼らの罠にはまってはいけません。彼らが何を言おうと気にしないように努めましょう。あなたへの個人攻撃だと受け取れば簡単に傷つきます。傷ついたあなたを見せれば、本来はそうではないのに、相手を優位に立たせます。「彼らは教養に欠けるところがある、だから彼らの意見は重要ではない」と自分に言い聞かせましょう。
    • 知性が高いとは到底言えない人の意見に自尊心を左右されてはいけません。彼らの言動に振り回されて自尊心を傷つけることのないように注意しましょう。
  2. 2
    彼らに良い面があれば、それを認める 彼らの良い面を見るように努め、疑わしきは罰せずのルールに則って寛大に接すれば、彼らに振り回されずに済むかもしれません。上司がコミュニケーション能力に欠けると思っていても、上司が会社のために尽くした功績を考えてみましょう。慌てん坊の再従姉妹があなたの秘密を人に漏らしてしまうことがあっても、嫌なことがあった時にはいつも慰めてくれることを思い出しましょう。
    • 「見識がない人」でも短所だらけではありません。長所もあります。見識のない人達と接しなければいけない時、特にクラスメートや職場の同僚など毎日顔を合わせる人達がそうだとしても、彼らの長所を見るように努めれば少しは冷静さを維持できるでしょう。
  3. 3
    見識のない人について不平不満を言わない 同僚や友達のふりをしたライバルなどが信じ難い程の馬鹿げたことを言った時には、近しい友達にすぐにでもそれを伝えたくなるでしょう。グループチャットなどを使って、彼らの言動がいかに愚かなことかを具体的に説明して拡散したい衝動に駆られるかもしれません。しかし、そのようなことをして何か良いことがあるでしょうか。聞いた人達はきっと、あなたの意見に賛同し味方についてくれるでしょうが、その後でより一層イライラが募り、怒りがこみ上がるだけです。
    • 最悪の場合、噂を立てられた人が本当に要領を得ない人なら、益々頭に乗ってやりたい放題になるでしょう。見識のない人の言葉を鵜呑みにして、クヨクヨと悩むのは時間の無駄ではありませんか。
    • 誰かに傷つけられたら親友に話を聞いてもらいましょう。1人で思い悩み、1日を台無しにしてはいけません。
  4. 4
    できるだけ敬意を示す 見識のない人に対して敬意を示すなど、とても不可能だと思うかもしれませんが、そういう相手にこそできる限りの敬意を表さなければなりません。英国の女王あるいは会社の最高責任者に接するようにしてみましょう。敬意に値する人間として接するのは正攻法です。そう接して貰えば、彼らもマナーを改善しようと考え直すかもしれません。
    • 衝動的になってはいけません。完璧に仕返しをしたい、上手く切り返したいと思うことがあるかもしれません。しかし仕返しをした所で何の解決にもならないということを自分に言い聞かせましょう。
  5. 5
    これまでに出会った良識ある人々(あなた自身もそうです!)全員に感謝する 定期的に非常識な人々に接しなければならない状況にあるとすれば尚更、良識的な人々の冷静さ、分別ある態度、そして知性の高さに感謝の気持ちが大きくなるでしょう。良識のない人々に絶えず悩まされているとしたら、あなたの友だちや家族が高い知性の持ち主であるからでしょう。また知性の高い人に囲まれているために、世間にも高い基準を設けているからでしょう。
    • 良識のない人々に憤慨するのを止めて、あなたのパートナーや親友、母親、近しい人々や同僚全員が良識的であるということが、いかに幸運なことかを考えましょう。前向きに生きる人々が近くにいることで感謝の気持ちが大きくなるはずです。良識のない人々に惑わされてはいけません。

ポイント

  • 常に冷静でいましょう。
  • 要領を得ない人たちの会話に加わってはいけません。沈黙を貫けば、誰が非常識なのかは一目瞭然です。
  • 出来るだけ見識のない人とは関わらないようにしましょう。
  • 教養に欠けるという理由で人を批判してはいけません。どうしても意見をしなければならない時には、忍耐強く丁寧に行いましょう。
  • 私たちにとって大切な人が非常識な振る舞いをしたら、その場を去るのではなく、その振る舞いが迷惑行為であることを当人に知らせましょう。誰でも多かれ少なかれ人々に迷惑をかけることがあります。人には思いやりの心で接しましょう。
  • 知性に欠ける人に対して、彼らの行動が常に状況を悪化させる、などと忠告してはいけません。そうすれば、当人を怒らせたり憤慨させたりするでしょう。また、状況が更に悪化するでしょう。少しでも良識ある人になれるように、彼らに改善するための機会を与えましょう。

注意事項

  • 意地悪をしてはいけません。全く解決になりません。また彼ら自身、自分たちの行動が間違っているとは気づいていないのかもしれません。