macOSをWindowsパソコンにインストールする方法

共同執筆者 wikiHow編集チーム

この記事では、WindowsパソコンでmacOS High Sierraを使う方法を紹介します。WindowsパソコンでmacOS High Sierraを使うには、UniBeastというアプリをダウンロードしなければなりません。また、対応のWindowsパソコンや空のハードドライブ(HDD)だけでなく、Macにアクセスする必要もあります。

パート 1 の 8:
インストールの準備をする

  1. 1
    パソコンの仕様を確認する WindowsパソコンでmacOS High Sierraを使うには、プロセッサがIntel i5またはIntel i7でなければなりません。また、RAMは2ギガバイト(GB)以上が必要です。以下を参考に、上記の仕様を確認しましょう。
  2. 2
    パソコンのBIOSタイプを確認する 「システム情報」メニューの「BIOSモード」という項目の右側に、「UEFI」または「BIOS」という表示があるかどうか確認します。この情報は後で必要になるので覚えておきましょう。
    • 「システム情報」メニューに関する内容は以上になります。
  3. 3
    パソコンのビット数を決める パソコンには、「32ビット」と「64ビット」という2種類のビット数があります。macOSをインストールするには、パソコンが64ビット操作に対応していなければなりません。
  4. 4
    Macの最新モデルにアクセスできかどうか確認する macOS High Sierraがダウンロード可能なMacでなければなりません。
    • macOS High Sierraがお持ちのMacで使用できない場合は、macOS High Sierraに対応したMacが必要になります。
  5. 5
    必要な機器を揃える macOS High SierraをWindowsパソコンにインストールするには、以下のハードウェアが必要です。[1]
    • USBドライブ―16ギガバイト(GB)以上を保持できるフラッシュドライブを選びましょう。
    • 空のハードドライブ―100ギガバイト以上を保持できるUSB外付けハードドライブを選びましょう(macOSのインストール先になるので、できるだけ容量の大きいものを選びましょう)。
    • USB-Cアダプタ―MacのUSBポートが従来型と異なる場合は、USB C to USB 3.0変換アダプタが必要になります。
    広告

パート 2 の 8:
UniBeastをダウンロードする

  1. 1
    MacからUniBeastのダウンロードサイトにアクセスする https://www.tonymacx86.com/ にアクセスします。WindowsパソコンからMacにダウンロードフォルダーを転送しようとすると、間違ったアプリをダウンロードしてしまうことがあるので、Macからダウンロードするようにしましょう。
  2. 2
    Log in/Registerをクリックする ページの右上にある[Log in/Register]をクリックすると、ページの上部にメニューが表示されます。
  3. 3
    メールアドレスを入力する [Email]のフィールドには、よく使うメールアドレスを入力するようにしましょう。ログイン後にメール認証を行う必要があります。
  4. 4
    「No, create an account now」のチェックボックスにチェックを入れる メニューの下部にあります。
  5. 5
    Sign upをクリックする アカウントの作成ページに移動します。
  6. 6
    必要な情報を入力する 以下のフィールドに入力しましょう。
    • Name―アカウントに使用する名前を入力します。
    • Password―ログインに使用するパスワードを入力します。
    • Confirm Password―上記で入力したパスワードを再度入力します。
    • Date of Birth―生年月日を選択します。
    • Location―国名を入力します。
  7. 7
    「I agree to the terms and rules」のチェックボックスにチェックを入れる ページの下部にあります。
  8. 8
    Sign upをクリックする ページの下部にある[Sing up]ボタンをクリックすると、アカウントが作成されて、指定のメールアドレスに認証メールが送信されます。
  9. 9
    メールの受信トレイに移動する アカウントに指定したメールアドレスに移動しましょう。受信トレイを開くには、メールアドレスとパスワードを使用してログインする必要があります。
  10. 10
    認証メールを開く 「tonymacx86.com」から受信したメールをクリックして開きます。
  11. 11
    認証リンクをクリックする メール中央の[Confirm Account]という文字の下にあるリンクをクリックすると、UniBeastのダウンロードサイトに移動します。
  12. 12
    Downloadsタブをダブルクリックする ページ上部のタブ一覧の右側にある[Downloads]をダブルクリックすると、「Downloads」ページが開きます。
    • ドロップダウンメニューが表示された場合は、Downloadsタブをもう一度クリックしましょう。
  13. 13
    画面を下にスクロールして、UniBeastをクリックする バージョンの数字が一番大きいUniBeastをクリックします。
    • 例えば、2018年5月時点の現行リリースは「8.3.2」になります。
  14. 14
    Download Nowをクリックする ページの右上にある[Download Now]をクリックすると、UniBeastがMacにダウンロードされます。
  15. 15
    MultiBeastをダウンロードする MultiBeastは、UniBeastと同じサイトがホストしています。このMultiBeastをダウンロードすると、PCスピーカーやインターネットなどのドライバーのインストールが可能になります。
    • Downloadsタブをもう一度ダブルクリックします。
    • MultiBeast - High Sierra 10.2.0をクリックします。
    • ページの右上にあるDownload Nowをクリックします。
    広告

パート 3 の 8:
macOS High Sierraインストーラーをダウンロードする

  1. 1
    MacのApp Storeを開く 「Dock」の中にある「App Store」アプリのアイコン(白色で「A」という文字が入った青色のアイコン)をクリックします。
  2. 2
    検索バーをクリックする 「App Store」ウィンドウの右上にあります。
  3. 3
    High Sierraを検索する 検索バーに「high sierra」と入力して、 Returnを押します。
  4. 4
    入手をクリックする High Sierraアイコンの右側にある[Download]をクリックすると、インストーラーをMacにダウンロードするプロンプトが表示されます。
  5. 5
    インストーラーウィンドウが開くまで待つ ウィンドウが開いたら、すぐに閉じる必要があります。[2]
  6. 6
    ウィンドウが開いたら Command+Qを押す インストーラーウィンドウが閉じます。
  7. 7
  8. 8
    アプリケーションフォルダーをクリックする 「Finder」ウィンドウの左側にあります。
  9. 9
    インストーラーがあるか確認する 「Install macOS High Sierra」のようなインストーラー名で、山の尾根の画像が表示されます。インストーラーがアプリケーションフォルダーの中にあれば、次に進みましょう。
    • インストーラーが表示されない場合は、High Sierraを再ダウンロードしましょう。
    広告

パート 4 の 8:
USBドライブをフォーマットする

  1. 1
    USBドライブをMacに差し込む 16ギガバイト(GB)以上のフラッシュドライブを使って、macOS High Sierraをパソコンにインストールします。
    • MacのUSBポートが従来型と異なる場合は、USB C to USB 3.0変換アダプタが必要になります。
  2. 2
  3. 3
    Spotlightにディスクユーティリティと入力する 「ディスクユーティリティ」アプリをMacで検索します。
  4. 4
    ディスクユーティリティをクリックする Spotlight検索の検索バーの下にある[ディスクユーティリティ]をクリックすると、「ディスクユーティリティ」が開きます。
  5. 5
    USBドライブを選択する ウィンドウの左上にあるUSBドライブの名前をクリックします。
  6. 6
    消去タブをクリックする ウィンドウの上部付近にある[消去]タブをクリックすると、ポップアップボックスが表示されます。
  7. 7
    [フォーマット]のドロップダウンボックスをクリックする ポップアップボックスの中央にある[フォーマット]をクリックすると、ドロップダウンメニューが表示されます。
  8. 8
    OS X 拡張(ジャーナリング)をクリックする USBドライブのファイルシステムが、Macのファイルシステムに設定されます。
  9. 9
    [方式]のドロップダウンボックスをクリックする [フォーマット]ドロップダウンボックスの下にあります。
  10. 10
    GUIDパーティションマップをクリックする [フォーマット]ドロップダウンメニューの中にあります。
  11. 11
    消去をクリックする USBドライブがMacのファイルシステムに再フォーマットされます。
  12. 12
    プロンプトが表示されたら、完了をクリックする インストールドライブの作成を開始できるようになります。
    広告

パート 5 の 8:
UniBeastインストールツールを作成する

  1. 1
    「UniBeast」フォルダーを開く 「UniBeast」フォルダーをダブルクリックして解凍し、フォルダーを開きます。
  2. 2
    UniBeastを開く 「UniBeast PKG」ファイルをダブルクリックして開きます。
  3. 3
    プロンプトが表示されたら、開くをクリックする UniBeastの設定ウィンドウが開きます。
    • 現在、MacでmacOS Sierra以降を使っている場合は、UniBeastのインストールを確認する必要があります。
  4. 4
    続けるを4回クリックする UniBeastの設定ウィンドウ(最初の4ページ)の右下にあります。
  5. 5
    プロンプトが表示されたら、同意するをクリックする ウィンドウの上部にあります。
  6. 6
    USBドライブを選択し、続けるをクリックする USBドライブの名前をクリックして選択します。
  7. 7
    High Sierraを選択して、続けるをクリックする ページの中央にHigh Sierraという表示が出ます。
  8. 8
    マザーボードの種類を選択する WindowsパソコンのマザーボードがUEFIかBIOSかどうかで選択肢が変わります。
    • UEFIUEFIブートモードをクリックして、続けるをクリックします。
    • BIOSレガシーブートモードをクリックして、続けるをクリックします。
  9. 9
    グラフィックカードオプションを任意に選択して、続けるをクリックする 好きなグラフィックカードを設定するには、挿入[カード名]の横にあるチェックボックスにチェックを入れます。
    • グラフィックカードがmacOS High Sierraをデフォルトでサポートしている場合は、この手順を省略しましょう。
  10. 10
    続けるをクリックする ページの右下にある[続ける]をクリックすると、Macのパスワードを入力するように求められます。
  11. 11
    Macのパスワードを入力する Macのログインパスワードを入力します。
  12. 12
    OKをクリックする UniBeast をUSBドライブにインストールするプロンプトが表示されます。インストールプロセスが完了すれば、macOS High Sierraをパソコンにインストールする準備は万端です。ただし、UniBeastのインストールが完了した時に、Windowsパソコンの起動順位を変更する必要があります。
    広告

パート 6 の 8:
Windowsの起動順位を変更する

  1. 1
    WindowパソコンからUSB機器をすべて取り外す 具体的には、USBドライブが何も接続されていないことを確認します。
  2. 2
    パソコンのBIOSまたはUEFI設定ページに移動する パソコンによって手順は異なりますが、通常はパソコンを再起動して、起動が開始したらすぐにキー(例:Del)を繰り返し押します。
  3. 3
    「Boot Order」セクションを見つける 「Boot Order」セクションは通常、BIOSのメインページにありますが、方向キーを使って[Boot]タブまたは[Advanced]タブに移動する必要があるかもしれません。
    • BIOSによって「Boot Order」セクションは異なります。BIOSの「Boot Order」ページが見つからない場合は、マザーボードのマニュアルを参照するか、パソコンの型番やモデル名をネットで検索して、直接確認しましょう。
  4. 4
    Removable Devicesを選択する 方向キーを使って点滅バーをRemovable Devicesまで下に移動させます。
    • ページによっては、Removable DevicesではなくUSB Devicesというセクション名になっている場合があります。
  5. 5
    選択したブート位置をリストの一番上に移動する 通常は、選択したブート位置が「Boot Order」の一番上になるまで[+]キーを押します。
    • BIOSページの右側または下側にある凡例で、使用するキーを見直すことが可能です。
  6. 6
    設定を保存して、BIOSを終了する 変更を保存して終了するキーをページの右側にある凡例で確認して、そのキーを押します。すると、Windowsパソコンの起動順位が変更するので、インストールUSBドライブを差し込めば、起動ポイントに指定できるようになります。
    • 上記のキーを確定するには、別のキーを押さなければならない場合があります。
    広告

パート 7 の 8:
macOSをパソコンにインストールする

  1. 1
    MultiBeastをUSBドライブに入れる USBドライブのフォルダーを開いて、「MultiBeast」ファイルをフォルダーにドラッグします。MultiBeastはあとで使うことになるので、フラッシュドライブに入れておけば、必要な時に簡単に使えるようになります。
  2. 2
    UniBeast USBドライブをMacから取り出す まず、Finderを開きましょう。すると、「Finder」ウィンドウの左上にUSBドライブが表示されるので、そのドライブ名の右側にある Ejectアイコンをクリックします。その後は、USBドライブを取り外してもかまいません。
    • これを行う前に、UniBeastのインストールが完了しているか確認する必要があります。
  3. 3
    Windowsパソコンをシャットダウンする Windowsパソコンが完全にシャットダウンするまで、電源ボタンを長押しします。Windowsパソコンは通常、ディスプレイがオフになってから1~2秒後に完全にシャットダウンします。
  4. 4
    UniBeast USBドライブと空のハードドライブの両方をパソコンに差し込む UniBeastUSBドライブと空のハードドライブは、2つともパソコンのUSBポートに差し込めるはずです。
  5. 5
    Windowsパソコンを起動する 電源ボタンを押して、パソコンを起動しましょう。ただし、パソコンの起動開始が可能なタイミングで、差し込んだUSBドライブを起動先に指定する必要があります。
  6. 6
    プロンプトが表示されたらUSBドライブを選択して、 Enterを押す macOSのインストールプロセスが開始します。
  7. 7
    言語を選択して、をクリックする 次のページに進みます。
  8. 8
    続けるを2回クリックする ページの右下にあります。
  9. 9
    プロンプトが表示されたら、同意するをクリックする 画面の上部に表示されます。
  10. 10
    ユーティリティのメニュー項目をクリックする 画面の左上にある[ユーティリティ]のメニュー項目をクリックすると、ドロップダウンメニューが表示されます。[3]
  11. 11
    ディスクユーティリティをクリックする ドロップダウンメニューの中にあります。
  12. 12
    空のハードドライブを選択する ページの左側にある空のハードドライブの名前をクリックします。
  13. 13
    消去タブをクリックする ページの上部付近にあります。
  14. 14
    空のハードドライブをフォーマットする 以下のフィールドを変更します。
    • フォーマット―ドロップダウンボックスをクリックしてから、Mac OS X拡張(ジャーナリング)をクリックします。
    • 方式―ドロップダウンボックスをクリックしてから、GUID パーティションマップをクリックします。
  15. 15
    消去をクリックする 空のハードドライブがmacOSのファイルシステムに再フォーマットされます。
  16. 16
    プロンプトが表示されたら完了をクリックして、「ディスクユーティリティ」ウィンドウを閉じる macOS High Sierraをハードドライブにインストールできるようになります。
  17. 17
    空のハードドライブの名前をクリックして、続けるをクリックする ハードドライブがインストール先に指定され、macOS High Sierraのインストールが開始されます。
  18. 18
    macOS High Sierraのインストールが完了するまで待つ この処理には15分ほどかかります。
  19. 19
    画面上の指示に従う 名前やパスワード、言語、所在地などの具体的な情報を入力するプロンプトが表示されます。このセットアップ処理が完了すれば、macOSソフトウェアのセットアップも完了です。
    広告

パート 8 の 8:
MultiBeastでドライバーを有効にする

  1. 1
    フラッシュドライブを開く Finderを開いて、macOS High Sierraをインストールしたフラッシュドライブの名前をクリックすると、フラッシュドライブのウィンドウが開きます。
  2. 2
    MultiBeastファイルをダブルクリックする 「MultiBeast」ウィンドウが開きます。
  3. 3
    Bootloadersタブをクリックする ウィンドウの上部にあります。
  4. 4
    適切なブートローダーを選択する UniBeastツールの作成中、マザーボード向けにUEFIブートモードを選択した場合は、[Clover UEFI Boot Mode]のチェックボックスにチェックを入れます。また、レガシーブートモードを選択した場合は、[Clover Legacy Boot Mode]のチェックボックスにチェックを入れます。
  5. 5
    Driversタブをクリックする ウィンドウの上部にあります。
  6. 6
    Audioをクリックする ウィンドウの左側にあります。
  7. 7
    オーディオドライバーを選択する ウィンドウの中央にある現在使用中のオーディオ機器名をクリックして展開します。それから、同じく現在使用しているオーディオプロバイダー名の横にあるチェックボックスにチェックを入れます。
  8. 8
    Miscをクリックする ウィンドウの左側にあります。
  9. 9
    「FakeSMC」のチェックボックスにチェックを入れる ウィンドウの上部付近にあります。
  10. 10
    Networkをクリックする ウィンドウの左側にあります。
  11. 11
    インターネットドライバを選択する インターネットカード名をクリックして、ドライバー名の横にあるチェックボックスにチェックを入れます。
  12. 12
    Customizeタブをクリックする ウィンドウの上部にあります。
  13. 13
    適切なグラフィックオプションを選択する まず、グラフィックカード名の横にあるチェックボックスにチェックを入れます。それから、グラフィックカードの製造元に関して[Fixup]のチェックボックスにチェックを入れます。
    • 例えば、NVIDIAカードのドライバーをインストールするには、[NVIDIA Web Drivers Boot Flag]と[NVIDIA Graphics Fixup]の両方のチェックボックスにチェックを入れます。
    • 「Inject」オプションは空白のままにしておきます。
  14. 14
    System Definitionsをクリックする ウィンドウの左側にあります。
  15. 15
    自分のパソコンに一番近いMacを選択する 自分のパソコンに一番近い型番名(iMacなど)をクリックしてから、現在使用しているグラフィックカードの設定で動作する型番のチェックボックスにチェックを入れます。
  16. 16
    Buildタブをクリックする ウィンドウの上部にあります。
  17. 17
    ドライブを選択する ウィンドウの右側にある[Select Install Drive]のボックスをクリックすると、ドロップダウンメニューが表示されるので、macOSのドライブ名をクリックします。
  18. 18
    ドライバーをインストールする この処理が完了すると、macOSのパソコンを使用する時に発生する問題を最小限に抑えることができるようになります。
    • 右下のInstallをクリックします。
    • プロンプトが表示されたら、Agreeをクリックします。
    • プロンプトが表示されたら、Macのパスワードを入力します。
    • Install Helperをクリックします。
    広告

ポイント

  • macOSをWindowsパソコンで使用する場合は、Appleの使用許諾契約に準拠して、Macを購入したほうがよいでしょう。
  • macOSをインストールしたWindowsパソコンのことを「ハッキントッシュ」と呼びます。
  • macOSにはWindowsパソコンでWi-Fiやサウンドなどのユーティリティを実行するのに適したドライバーがないので、MultiBeastは必須となります。
  • Macは主に、動画編集などの専門性の高い用途に使用します。なお、『Call of Duty (COD)』のような「3Dゲーム」は、思うように動かないことがあります。

広告

注意事項

  • macOSをWindowsパソコンにインストールするには、パソコンに十分な容量のRAMが搭載されている必要があります。
  • macOSをWindowsパソコンにインストールした場合は、Appleのエンドユーザ使用許諾契約に違反したことになります。
広告

関連記事

How to

DNSサーバーが応答しない問題を解決する

How to

キーボードの「Print Screen」機能を使う

How to

DLLファイルを開く

How to

コマンドプロンプトでプログラムを実行する

How to

Windowsのライセンス認証の通知を停止する

How to

Microsoft Storeでダウンロードできない不具合に対処する

How to

USBメモリを使ってWindows7をインストールする

How to

コマンドプロンプトからタスクマネージャーを起動する

How to

WindowsでユーザーのSIDを確認する

How to

Windows 10でActive Directoryをインストールする

How to

コマンドプロンプトでディレクトリを変更する

How to

Windows 7で言語を変更する

How to

Internet Explorerを完全にアンインストールする

How to

Intel® Core i5のターボブーストを有効にする
広告

この記事は役に立ちましたか?

広告