wikiHow:ウィキハウって?

5 方法:ミッションにかける思いあらゆる人々の役に立つということwikiHowをお勧めする理由参加の理由wikiHowの歴史

We're_here_to_help (2).jpg

wikiHowは、何千人もの手による世界規模の共同プロジェクトです。その目的はただ一つ、世界中のあらゆる人々に贈る「究極のハウツーサイト」を構築することです。


wikiHowの記事はすべて、「誰かの役に立ちたい」という人々の願いから執筆されています。

ミッションにかける思い

あらゆる人々の役に立つということ

  • About 2.jpg
  • 世界最大規模のハウツーサイト ネット業界の視聴率や利用動向分析を行うコムスコア社(comScore, Inc.)の調査では、世界で最も訪問者数の多いウェブサイトとしてwikiHowが上位150位にランクインしています。
  • 受賞歴多数 ウェビー賞(コミュニティ部門)をはじめ、英国のガーディアン社や科学技術芸術国家基金 (NESTA)が主催するオープンイノベーションの共創アワードなど、wikiHowはこれまでに数多くの賞を得てきました。また、『ニューヨーク・ タイムズ』紙やBBC、CNN、PBS、NPR、ABC、CBS、Fox、『フォーブス』誌、『タイムズ・オブ・インディア』紙、CBC、『ガーディアン』紙、『USAトゥデイ』紙、『ニュージーランド・ヘラルド』紙などのメディアでも好意的に取り上げられています。
  • ポップカルチャーでも人気 『ビッグバン★セオリー』や『モダン・ファミリー』、『泥棒は幸せのはじまり』などのテレビ番組や映画でも、wikiHowが頻繁に取り上げられています。また、マイリー・サイラスやジェニファー・ガーナー、クリッシー・テイゲンなどといった著名人もwikiHowの使い方について語っています。
  • wikiHowが変える人生 これまでに少なくとも4人の赤ちゃんが、wikiHowの記事を参考にした緊急分娩で生まれています。「wikiHowで人生が変わった!」という人は、ぜひ体験談をお寄せください

wikiHowをお勧めする理由

  • How_it_works (1).jpg
    wikiHowを一押しする理由。それはwikiHowが、人々の役に立つ優れたハウツーサイトを目指し、私たちが心を込めて作り上げるウェブサイトであるからです。たった一人がそれほどの手間もかけずに執筆した記事を良しとするウェブサイトが多い中で、wikiHow(英語版)の平均的な記事は23人が編集、16人がレビューを行っています

    それだけではありません。wikiHowでは常時、記事の品質改善が図られています。読者から寄せられるフィードバックは常に確認し、正確ではあるものの読みやすさに欠ける記事はリライトを行い、わかりづらいイラストは再度描き直します。wikiHowの記事には通常、年間で実に9回もの編集が施されているのです。読者が絶賛する記事に対しても、常に改善の余地を探しています。決して終わりはありません。

    このように、wikiHowはたった一人のプロジェクトではありません。大勢の努力がぎっしりと詰まったウェブサイトなのです。何千人ものボランティアやオンライン最大規模のイラストチーム、何百人という写真家、100人を超える専門家(有資格者)が常に記事の執筆や編集、改訂を行い、世界で最も参考になる信頼のハウツーサイト構築に努めています。

参加の理由

wikiHowの歴史

  • Team.jpg
    wikiHowは、教育への強い使命感に突き動かされたJack Herrickによって、2005年に創設されました。その思いは今も変わらずwikiHowの理念として受け継がれています。ミッションの長期的実現を期すため、Jackはベンチャーキャピタルからの資金援助や株式公開企業大手による買収を受け入れることはありませんでした。wikiHowは現在も、社会的取り組みに軸足を置く営利目的のハイブリッド企業です。カリフォルニア州パロ・アルトに本部を置くほか、複数の地域に支部を設置しています。

連絡先

jawikihow@gmail.com

記事のツール

この記事は役に立ちましたか?